あなたのゲーム愛を仕事に!ゲーム業界への転職メリットと経験者のリアルな声

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界への転職メリットと経験者のリアルな声

ゲームを愛し、その熱意を活かしたいと考えるならば、ゲーム業界への道はあなたを待っているでしょう。

ゲームに携わる喜びや創造性を発揮する機会、先端技術への挑戦など、ゲーム業界転職の魅力を多角的に紹介。

また、経験者としての筆者の話、転職の決め手、成功した流れ、手に入れたものものをリアルにお伝えします。

さらに、ゲーム業界での職種とその役割、転職サポートを利用する理由、成功に導くスキルアップ方法や資格取得の秘訣も取り上げているのでチェックしてください。

転職成功の秘訣をお伝えし、ゲーム業界で輝くあなたのスタートラインを切り開くための情報が詰まった記事をお楽しみください。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

ゲーム業界で働くメリット

ゲーム業界で働くことの魅力はいくつもあります。

筆者も感じた体表的な魅力を、いくつか紹介します。

  • 自身が好きなゲームにかかわれる。
  • ゲーム制作メンバーの一員になれる。
  • 新しい技術をどんどん吸収できる業界。
  • ゲーム好きな人とたくさん話ができる。
  • 有名タイトルの仕事に関われる可能性がある。
  • スタッフロールに名前が載ることがある。

自身が好きなゲームにかかわれる

ゲームを遊んでいる

まず、ゲーム業界で働くことの特筆すべき魅力は、自分自身が好きなゲームに深く関わることができる点です。

多くの人が普段から楽しんでいるゲームを、製作側から深く理解し、開発に関与するという経験は他業界ではなかなか得られません。

その中で、「こうすればもっと良くなるのでは?」といった提案を行い、実際にゲームに反映させることができる体験は、ゲームファンにとっては非常に価値が高いことですね。

ゲーム制作メンバーの一員になれる

3DCGで背景を作っているデザイナー

ゲーム業界で働く魅力の一つが、ゲーム制作メンバーの一員になれることです。

ゲームはストーリーや音楽、キャラクターデザインや世界観など、多岐にわたる要素が集まった緻密なエンターテイメント作品です。

そこに自分が参加し、世の中で遊ばれるゲームを作り上げることで自己肯定感が上がります。

また、ゲーム制作は自分自身のアイデアや能力が試されるため、創作性や表現力も磨かれる仕事です。

自分が考えたことが形となり、世の中に送り出される喜びは他業界の仕事とは一味違うものと言えますね。

ガメ

自分が作ったゲームを遊んでくれているプレイヤーを見ると、テンション爆上がりだよ!

新しい技術をどんどん吸収できる

VRをプレイしている様子

新しい技術がどんどん生まれていく点も、ゲーム業界の魅力です。

ゲーム制作は最先端の技術を取り入れ、より良いゲームを作り出そうとしています。

たとえば、ゲームエンジンやVR、ARなどの技術が登場すると、それをどう駆使して新しいゲーム体験を作り出すかという課題が出てきます。

いままでできなかった表現が可能になったり、短時間でハイクオリティな物ができるようになる。

こういった背景は、技術者にとって高いやりがいとなりますね。

ガメ

常にツールやエンジン、プラットフォームが進化している世界。新しい技術をどんどん吸収していこう!

ゲーム好きな人とたくさん話ができる

2人でゲームjの話をしている

ゲーム業界を目指す人は、ゲーム好きな人が多いです。

当たり前のことかもしれませんが、一般企業でゲーム好きな人が集まる確率はとても少ないですよね。

ゲーム業界に入ると、新作が出るたびに話題があがったり、好きなゲームの話で盛り上がります。

仕事仲間として、ゲーム好きな仲間として、いろんなゲームの話ができるため、自分の居場所を見つけたような感覚になれます。

ガメ

社会人になると、なかなかゲームの話ばかりできないよね。ゲーム業界はゲームの話ばかりしていても許されるよ!

有名タイトルの仕事に関われる可能性がある

ゲームタイトル

ゲーム業界は、想像以上に狭い世界です。

大手企業から販売されるゲームは、開発会社が制作をしていることがほとんどです。

また、複数の会社が共同開発していることもあり、その仕事を請け負うことも少なくありません。

仕様作成、グラフィックデータ作成、プログラム作成など、内容を問わず仕事ができる可能背があります。

パーツ制作やプログラム制作の一部など、細かい仕事の場合もありますが、有名タイトルの仕事に関われることがあるのは、ゲーム業界の魅力と言えます。

ガメ

ガメも超有名タイトルのお仕事させてもらったことがあります。めちゃくちゃテンション上がるよね!

スタッフロールに名前が載ることがある

スタッフロール

ゲームのエンディングに流れるエンドロールや、スタッフロールに製作者の一員として名前を載せてくれることがあります。

これは、プログラマーやデザイナー、プランナーに関わらず掲載してくれる可能性があるのです。

一度掲載されると、一生の思い出として残ることは間違いありません。

また、このゲームを作った!という自己肯定感も生まれ、クリエイターとしても成長を感じることができますよ!

ガメ

友人や家族に自慢できるし、実績にもなりますね!将来、子供にも自慢できるかも!

ゲーム業界へ転職をしたリアルな経験

それでは、筆者が経験したゲーム業界への転職を紹介します。

どのような経緯で転職を決意し、どのような道のりを歩んできたのか、そして転職して得たものとは何なのか、その詳細に触れていきます。

ゲームが好きで転職を決めました

中途採用を考える

筆者は、もともと営業マンとして働いていましたが、自身が思い続けたゲームへの情熱を追求すべく、ゲーム業界への転職を決意しました。

小さい頃からゲームが好きで、常に新しいゲームへの情報を追い求めており、大人になってもその思いは変わらなかったです。

「自分の好きなものを仕事にできたら、もっと働きがいを感じられるのではないか」と思い立ち、ゲーム業界への転職を決断しました。

転職するまでの道のりは厳しかった

不採用で落ち込む

しかし、転職は容易な道ではありません。

私の場合、年齢が30歳を超えており求人の年齢制限にことごとく引っかかっていました。

また、独学で習得していた3DCGスキルをゲーム開発に活かすことはできたものの、ゲーム業界特有の知識や専門的な技術については全く持っていません。

ゲームに関する知識を一から学ぶ必要があると感じ、さらに勉強をすることを決意。仕事をしながら社会人が通えるCG専門学校に行き、卒業資格と学校にある求人表へのアクセス権を得ることにしたのです。

半年の短いコースでしたが、卒業生だけがアクセスできる求人表からIT企業のデザイン部門へ転職成功。

そこでは、実務経験とマネジメントスキルを得ました。

その後、ゲーム会社へ転職活動をするのですが、デザイナーではなくディレクターとして就職に成功しています。

ゲーム会社へ転職したのは35歳になってからでした。

ゲーム業界で得た「やりがい」

転職・就職成功

筆者がゲーム業界に転職して得たものは、何よりも「やりがい」です。

自分の好きなゲームを作るために一生懸命努力し続けた結果、作品が市場に出て、ユーザーから好評を得る体験は至高の喜びでした。

また、ディレクターとしての信頼も得られ、誰もが聞いたことのある有名タイトルにも関わらせていただいた経験があります。

これらの経験から、以前よりも幅広い視野で仕事に取り組むことができるようになりました。

>>筆者が未経験からゲーム業界に転職するまでのリアルな経験を、こちら記事で紹介しています。参考にしてください。

ゲーム業界へ飛び込む前に知っておくべきこと

転職にあたって、いくつか知っておくべきことがあります。

  • ゲーム業界の働き方の特徴を理解すること
  • 忍耐力と継続力が求められる職種であること
  • 仕事とプライベートのバランスをどう取るか

上記は必ずチェックしておかなければならない項目です。

一つずつ説明しますので、確認をしてください。

ゲーム業界の働き方の特徴

打ち合わせ風景

ゲーム開発は集団活動であり、各部門が連携して一つの作品を完成させます。

そのため、効率的なチームワークとレベルの高いコミュニケーション能力が求められる仕事です。

中途半端なコミュニケーションや、チーム内でバラバラに仕事をしていると、必ずと言っていいほど失敗します。

規模にかかわらず、適切なコミュニケーションが必要なゲーム開発。

常に状況を把握し、お互いに話やすい環境を作る気配りが必要です。

また、開発の進行状況によっては長時間労働や急な仕事の変更などもありえます。

そのような業界の特徴をしっかり理解して、業界への適性を見極めることが重要です。

忍耐力と継続力を求められる仕事

ベテランプログラマー

ゲーム開発は一作品を作り上げるまで、1年以上かけることが多い仕事です。

長期間にわたるプロジェクトを推進する忍耐力と継続力が必要です。

途中で挫折せずに一つの目標に対して終始一貫して取り組める人材が求められます。

仕事をする中で、何をモチベーションとするのか。しっかり見据えて業務を遂行する必要があります。

また、仕事とプライベートのバランスを取ることがとても重要。

ゲーム開発だけに時間を使いすぎると、心身共に壊れてしまうことがあるので注意が必要です。

仕事とプライベートのバランス

ワークライフバランス

ゲーム開発は緻密な作業が求められ、時には長時間の作業が必要となります。

時には終電になったり、徹夜作業になることもあるので覚悟が必要です。

しかし、それで得た成果が、多くのユーザーに喜びを運び、自身の成長にもつながります。

そのため、仕事とプライベートのバランスを保ちつつ、適度にリフレッシュすることがとても大切。

これからゲーム業界への道を歩もうという人にとって、このワークライフバランスの取り方は大きな課題です。

>>ゲーム業界に残業が多い理由をまとめています。残業時間は人生を左右すると言っていいほど大きな問題です。

必ずチェックしておいてください。

ゲーム業界で活躍する職種とその役割

ゲーム業界にはさまざまな職種が存在します。

ここではゲーム開発現場でメインとなる3つの職業について触れておきます。

  • プランナー
  • プログラマー
  • デザイナー

それぞれが持つ役割について理解しておきましょう。

プランナーの役割

プランナー

プランナーは以下のようなことを作っていく仕事です。

  • ゲームの世界観やストーリー
  • ゲーム仕様
  • 操作性
  • パラメータ設定
  • アイテムなどの設定

このように、のゲーム全体の流れを設計します。

プランナーが作ったゲーム仕様やパラメータ設定によって、ゲームの面白さが左右される重要なポジションです。

プレイヤーがどのようにゲームを進めていくのか、どのように感じるのかを予測し、楽しい体験を提供するための設計を行います。

プログラマーの役割

プログラマー

プログラマーは、プランナーやデザイナーが作り出した世界を具現化するためのプログラミングを行います。

ゲームはプログラムという複雑なコードによって動いており、そのプログラムを組むのがプログラマーの仕事です。

主にこのようなプログラム言語を使います。

  • C++
  • C#
  • Python
  • JAVA

ゲームの動き、キャラクターの行動、エフェクトなど、ゲームに必要な動作をプログラムで実装し、ゲームとして成り立たせます。

最近はUnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを使った開発が主流になりました。

プログラムを組むだけでなく、ゲームエンジンの使い方や癖を熟知してゲームを作り上げる必要がある、難しい仕事です。

>>プログラマーになるためのヒントをこちらの記事でまとめています。プログラマーを目指す方はチェックしてください。

デザイナーの役割

3DCGで背景を作っているデザイナー

デザイナーは、ゲーム内で見るすべてのビジュアルを作り出す役割を果たします。

  • キャラクターモデル
  • モーション制作
  • 背景
  • UI
  • エフェクト

このように、プレイヤーが目にする全ての画像を作り出します。

美しいアートやリアリティのある3Dモデルなど、鮮やかなビジュアルでゲームの世界観を表現します。

>>デザイナーが転職を成功させる具体策を、こちらの記事でくわしく解説しています。

ゲーム業界への転職準備

転職を成功させるためには、念入りな準備が必要です。

具体的には、以下の準備をしていきましょう。

  • スキルアップ
  • ポートフォリオの準備
  • 求人情報のチェック

スキルアップ

独学

ゲーム業界で求められるスキルは多岐にわたります。

まずは自分が目指す職種に必要なスキルを理解して、そのスキルを身につけることが必要です。

例えば、プログラマーであればプログラミングスキルや、デザイナーであればデザインスキルや表現力等が必要となります。

これらのスキルは、学校やオンラインの教育サービス、各種セミナーや専門書籍を利用して学ぶことができます。

そして、そのスキルを具体的な作品に落とし込み、ポートフォリオにまとめて自分のスキルを証明できるよう準備しましょう。

ポートフォリオの準備

ポートフォリオを作っているところ。

ポートフォリオは、自身のスキルや経験を具体的に示すためのツールです。

そのため、転職活動では非常に重要な役割を果たします。

ポートフォリオには、自身がこれまでに作成した作品や、どのような職務経験があるのか、どのようなスキルを持っているのかを明確に記載しましょう。

特に、自分がどのようにしてその作品を作り上げてきたのか、どの部分に自信を持っているのかなどを具体的に説明することで、自己アピールに繋がります。

>>ポートフォリオのポイントをこちらの記事でまとめました。特にデザイナーはチェックしておいてください。

求人情報のチェック

求人情報のチェック

転職先の企業選びは、自分の価値観や仕事で求める条件に合った企業を見つけることが重要です。

そのためには、企業の業績や社風、働いている人々の声など、様々な情報を収集して比較検討することが大切になります。

また、自分がゲーム業界で何を達成したいのか、どのようなキャリアを歩みたいのかという目標も明確にしておく必要があります。

これらの情報収集、整理には転職エージェントの力を借りるとスムーズです。

効率良く情報を集めるためにも、転職エージェントに相談することを検討しましょう。

転職エージェントをパートナーにするメリット

ゲーム業界の転職を考えている方にとって、転職エージェントの利用は必須です。

ゲーム業界はスキル重視の特殊な世界。専門家から的確なアドバイスをもらうことが、転職成功のカギになります。

  • 専門的なアドバイスをもらえる
  • 非公開求人の情報が手に入る←これが最も重要
  • 資料の添削をしてもらえる
  • 面接のアドバイスもしてもらえる

それぞれ説明してきます。

専門的なアドバイスをもらえる

エージェント

まず、ゲーム業界の専門的なアドバイスをもらえるという点です。

転職エージェントはゲーム会社と太いパイプがあり、業界や求人を出している会社の情報を常に更新しています。

ゲーム業界は特殊な知識や技術が求められるため、その業界の特性を理解するには最適です。

転職エージェントサービスでは、ゲーム業界の仕事内容や求められるスキル、業界の動向など、専門的なアドバイスを提供してくれます。

また、あなた合った求人情報を提案してくれるため、効率良く情報を集めることが可能になります。

非公開求人の情報が手に入る

大企業と中小企業の差を考えている

転職エージェントサービスは、多くの求人情報を抱えています。

中には、一般的な求人サイトでは公開されていない非公開求人も存在します。

非公開求人は、企業から転職エージェントに「こんな人探しているんです!」と伝えた求人です。

そのため、一般の求人情報には掲載されません。

そのため、転職エージェントサービスを利用することで、より多くの選択肢から自分に合った職場を見つけることが可能になります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました!

資料の添削をしてもらえる

カジュアル面接

転職活動に必要な履歴書やポートフォリオを作成しても、どのぐらい精度が高いか判断できません。

転職エージェントサービスでは、提出資料やポートフォリオの添削まで見てもらえるサービスがあり、これを利用しない手はありません。

基本的に何度でも添削が受けられるので、必ず添削をしてもらい、転職活動が有利になるように準備しましょう。

>>ゲーム業界の転職で転職エージェントが有利になる理由と上手な使い方を、こちらの記事でまとめています。

面接のアドバイスもしてもらえる

面接の練習

転職エージェントでは、面接対策のアドバイスもしてくれます。

企業が求める人材に合わせたアドバイスがもらえるので、とても強力です。

面接では、自分の強みや弱み、志望動機などについて問われます。

また、ゲーム業界で自分がどのようなゲームを作りたいのか、自分がどのようにゲーム業界で活躍したいのかなどについても問われます。

それらがどのように企業や求められる職種に対してプラスに働くのかを明確に伝えることで、自分がその企業にとって有用な人材であることを伝えることができます。

これらの質問に対しては、自分なりの考えを事前に整理し、具体的な事例を交えながら回答することが有効です。

>>ゲーム業界に転職するための面接対策を、こちらの記事でまとめています。チェックしてみてください。

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、個人では見つけられない求人情報を得ているからです。

エージェントは会社の採用担当者にどのような人材が必要か詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入りやすくなります。

ガメ

実際、ガメの会社が転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

また、非公開求人など一般に出回らない求人を持っているため、ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

代表的な転職エージェントはこちら。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、ガメが企業側の立場で転職エージェントと話をしましたが、担当者がゲーム制作のことにとても詳しかったです。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェント7選を、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ゲーム業界への道:経験者から学ぶ成功への秘訣

ゲーム業界の利点

ゲーム業界への道は独特なものがあります。

高い専門スキルや経験を問われることが多く、さらに年齢制限にも厳しい業界です。

ただ、筆者のように35歳未経験からゲーム業界に入ることもできます。

それ相応の準備が必要ですが、全く道が無いということはありません。

技術や知識を向上させるために日々努力を重ね、自分の理想とするキャリアに向かって成長することで道が開けると、経験者の筆者が証明しています。

また、転職エージェントをパートナーに迎え、適切なポートフォリオの作成や具体的な転職準備のアドバイスをもらうことも重要。

これらの情報を活用することで、自分自身の転職活動をよりスムーズに進めることができます。

ゲーム業界への転職には、大きなチャレンジと奮闘が待っています。

しかし、その道のりこそが、自身のスキルアップやキャリア形成につながる大切なステップと言えるでしょう。

自分の好きなことを仕事にできるその喜びを追求し、ゲーム業界へ転職することで、新たな人生の一ページを開いてみてください。

ガメ

ガメはゲーム業界を目指している人を応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次