ゲーム業界に未経験は無理?経験者が語る転職に成功した道のりとその戦略

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界へ、未経験から転職した道のり
  • ゲーム業界で仕事がしたい!
  • 熱意はだれにも負けないけど、未経験だと無理?
  • ゲーム業界に未経験で入るには、どうしたらいい?

正直、未経験でゲーム業界に転職するのは無理だと言われるほど、難易度がめちゃくちゃ高い。

ゲーム業界に入るには、専門スキルや経験が必須だし、どの職種でも高いクオリティが出せないと採用されない。

それなら道は閉ざされてるのか。。。と思ったあなた。

ちょっと待って。

当ブログを運営しているガメは、30歳を超えてから活動し、未経験でゲーム業界に転職しました。

ガメ

どうやって転職できたの?って気にならない?

この記事では、実際にゲーム業界に転職をしているガメが、転職成功までの道のりや、どうやって成功の確率を上げていったかを包み隠さず説明します。

ゲーム業界を目指している人が、希望を持て行動できるようにまとめたから、自分の気持ちと照らし合わせて読んでください。

この記事でわかること
  • 実際に未経験からゲーム業界へ転職した流れ。
  • 専門学校に通うときに考えておくこと。
  • 未経験からゲーム業界への転職で考えておくこと。
  • 転職エージェントを使うと有利な理由。
  • 転職エージェントを使うときのポイント。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

【実例】未経験からゲーム業界へ転職した道のり

当サイトの筆者、ガメ本人が実際に未経験からゲーム業界に転職した道のりです。

ガメは転職活動をする前、デザインやプログラム、プランナーなどゲームに関するスキルはゼロでした。

ゲームが好きだったガメは、30歳を超えてから突如ゲーム業界を目指すべく立ち上がります。

以下の流れでゲーム業界に転職をしました。その流れはこちら。

  • 仕事をしながらデザイン系専門学校に通う。
  • 専門学校の求人から、IT企業のデザイン部門へ転職。
  • デザインナーとして経験を積む。
  • 同時に、マネジメントも経験を積む。←重要ポイント!
  • 転職エージェントに相談をしながら転職活動。
  • ゲーム業界に転職成功。

仕事をしながらデザイン系専門学校に通う。

30歳当時、一般企業の営業マンだったガメは、ゲーム業界を目指すべく突如デジハリ(3ds Maxの6か月コース)に入学。本格的に3DCGを勉強を開始。

ガメ

デジハリに入る前から、個人的に3Dモデリングの勉強はしてたけどね。

営業マンをやりながら、平日の夜は寝る時間を削って3DCGの勉強。

土曜日は授業。日曜日はクラスメイトと勉強を続け、半年後にデジハリを卒業。

専門学校の求人から、IT企業のデザイン部門へ転職

デジハリで掲載されていた求人広告の小規模なIT企業に応募したところ、奇跡的に転職に成功。

デザイン部門でゲームとは全く関係ないCG制作業務につく。

ガメ

初めてのデザイン業務で、わからないことだらけ。エンジニアさんに話を聞きまくって毎日ヘトヘトになるまで仕事してたな。。。

デザインナーとして経験を積む

CGデザイナーとして業務を行うと同時に、組み込み用のプログラムについても学ぶ。

日々エンジニアさんとやり取りをしている間に、自分でプログラムが組める程度にまで成長した。

デザインデータの作成と実装用に必要なプログラムが作成できる、ハイブリッドデザイナーとしてクライアントからも評価を得る。

ガメ

2年目ぐらいから、クライアントとの打ち合わせも一人でやれるぐらいになってたよ。

同時に、マネジメントの経験も積む

IT企業に勤務して4年目、デザイン部門のリーダーに抜擢。

ガメ

デザインスキルは低かったけど、チームのリーダーになった。

社内のデザイナー5名とアルバイト10名に指示を出しながら、クライアントや外部の会社とやり取り。プロジェクトを進める立場になる。

転職エージェントに相談をしながら転職活動。

勤務していた会社の業績が悪化しはじめ、今後のことを考えて34歳から転職活動を開始。

ガメ

このとき、自分で何社か直接応募したけど全滅でした・・・

このままではダメだと思い、ゲーム業界に強い転職エージェントに登録。担当者に転職相談をする。

年齢が高いことやゲーム業界未経験だったことから、なかなか面接してくれる会社が見つからなかった。

転職活動から1年がたち、デザイナーとしての職探しは難しいと判断。再び転職エージェントの担当者に他に道があるか相談する。

どの会社も管理者を探している。「デザイン知識のあるディレクター」として売り込むのはどうかと提案があり、それに全力で乗っかる。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを見る

ゲーム業界に転職成功

急にゲーム会社3社と面談が決定。

そのうち非公開求人だった1社(アーケードゲーム系)から内定通知をもらい、「アシスタントディレクター」としてゲーム業界に転職。

ガメ

ゲーム業界へ転職を目指し始めが30歳だから、約5年かかってるね。けっこう遠回りしたけど、よくゲーム業界に入れたと思うわ。

30代でゲーム業界への転職は本当に難しいと感じた

30歳~35歳までの求人が多く、年齢制限でふるいにかけられてる感じがしたね。

もしデザイナーやプログラマーとしてゲーム業界を目指すなら、かなり実力を上げてからでないと厳しい現実が待っています。

本気で転職を考えるなら、とにかくゲーム業界に近づく手段を取ることが大事だね。

  • 専門学校へ行ってスキルを高める&人脈を作る。
  • 友達や友達の友達などゲーム業界にいる人がいないか探す。
  • 転職エージェントの担当者に相談する。
ガメ

ゲーム業界への転職を成功させるには、とにかく行動あるのみだよ!

未経験からゲーム業界の転職で考えるポイント

この記事の冒頭で説明したように、未経験でゲーム業界に入るのは難易度が高い。

ゲーム業界に入るためには、高いスキルと経験が必要になるからね。

そこで、ゲーム業界の転職で考えたポイントを5つに絞って紹介するね。

  • 自分のスキルレベルは高いのか?
  • 他の職種は候補に入るのか?
  • 派遣やアルバイトを下積みと割り切れるか?
  • ゲーム業界に入るまで、数年は覚悟できるか?
  • 転職活動の仕方を考える

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを見る

自分のスキルレベルは高いのか?

ゲーム業界に入ると、オンラインゲームやアーケードゲーム、コンシューマーゲームを作っていく。

いつも遊んでいるゲームを作っていくことになるんだよ。

今、手元にあるスマホやプレステ、Switchなどを遊んでみて、自分はこのレベルの物が作れるのか?ってことを考えてみてほしい。

これから目指す業界のレベルは、手元に答えがあるんだ。

当然、すべてを1人で作るわけではないし、簡単な仕事もたくさんある。

だけど、本当に自分が作りたいものがどんなレベルなのか。自分で作れるのか?を客観的に見れるようにしてほしい。

ガメ

自分には何が足りないのかをわかっているのと、わからないのは雲泥の差がでるからね。

スキルレベルが足りないと感じるなら、少しでもスキルアップをして転職活動をしてほしい。

他の職種は候補に入るのか?

デザイナーやプログラマー、プランナーにサウンドクリエイター。ゲーム業界には様々な職種がある。

自分が目指す職種があるのはわかるけど、スキルや性格によってはキャリアチェンジも視野に入れると活動しやすくなる。

ガメ

ガメはデザイナー志望→ディレクターで転職したよ。

確かに「ゲーム業界に入ること」が目的ではなく、ゲーム業界でデザイナーとして働きたい!プログラマーとして働きたい!が目的なのは理解できる。

だけど、採用されなければゲーム業界に入ることはできないんだ。

例えば、自分のスキル+他職種などが成り立つか考えてみるのも一つ。

  • デザインの知識を持ったプログラマー
  • プログラムの知識を持ったデザイナー
  • デザインの知識を持ったプランナー
  • デザインの知識を持ったディレクター(←筆者)

メインの職種に固執するのもいいけど、視野を広く持って将来のキャリアを考えるのも大事だよ。

派遣やアルバイトを下積みと割り切れるか?

未経験でも派遣やアルバイトとしてなら少し難易度が下がる。

とにかく手数が必要なプロジェクトは、多少スキルのレベルが低くても採用することがあるんだよ。

その分、細かい仕事が多くなるんだけど(小さな3Dモデルを大量に作るとか)、それでも業界を知ることはできるし経験としても残せる。

ただし、給料は安い。そこを下積みと割り切った考えができるかだね。

何度も話に出してるけど「経験」は強い。

採用担当としても、経験を持っている人なら信頼しやすいしね。

転職活動をする中で、正社員になれることは一番の理想だけど、未経験だと実績が無いから、なかなか正社員としての採用は難しんだ。

下積みとして派遣やアルバイトで経験を積み、そこから正社員を目指して活動するというルートもあるから頭に入れておこう。

ガメ

短期間の派遣とかは、いがいと採用されることがあるよ。

ゲーム業界に入るまで、数年覚悟できるか?

転職に年数がかかってもいいか?ってこと。

すぐに転職できる人もいるから、全ての人に当てはまらないかもしれないけど、ガメのように5年かけて転職なんてこともありえるんです。

急ぎたい気持ちは理解できるけど、数年かかってもいい!そんな覚悟があるかは考えを整理しておこう。

ガメ

転職活動だと、だいたい1年ぐらいは見ておいた方がいいかな。

転職活動の仕方を考える

企業は毎年、転職サイト経由や自社の求人ページからなど、すごい数の応募がある。

応募資料がたくさんある中、未経験者の応募があったとしても採用担当者の目にはほどんど止まりません。

応募してくる人の中には、経験者が多いから、そっちを優先で見ちゃうよね。

だから、個人で応募をしても採用になる確率は強烈に低いの。

対策としては転職エージェントを使うこと。

転職エージェントは、自分の希望・要望にあった企業を探してくれる。これだけでも時間を有効に活用できるんだ。

また、転職エージェントは企業の採用担当者と直接話をしているから、自分の資料を見てもらえる可能性が高くなる。

それに、エージェントと打ち合わせをして、その会社を攻略する資料を作ていくことでさらに確率を高められるよ。

さらには面接対策までやってくれるから、転職活動のパートナーとして最適だよね。

確率が低い個人での応募をしまくるより、転職エージェントと協力して転職活動をする方が効率がよく、確率も上がります。

転職活動を急ぐ気持ちはわかるけど、上手く立ち回れるように考えていこうね。

ガメ

ガメはエージェントがいなかったら転職できなかったかもしれないね。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを見る

ゲーム系専門学校で考えるポイント

ゲーム関係の専門学校に通っている人や、これから通おうと考えている人いるよね。

ゲーム専門学校は、デザイナーやプログラマー、プランナーといった職種を目指す人にとってゲーム制作やゲーム業界をしるための近道としては最適だ。

ガメ

実際、ガメも専門学校経由で業界を変える転職してるしね。

ただ、考えておかないといけないポイントがある。

  • ゲーム系専門学校を卒業しても、就職できるとは限らない
  • 学校生活を学生として過ごしている時点で将来ヤバい
  • 学校にある求人情報は1つ残らず全て読め

これらについて、厳しい内容もあるけど、一つずつ説明していくね。

ゲーム系専門学校を卒業しても、就職できるとは限らない

一発目から厳しい話をします。

ゲーム系専門学校を卒業したからと言って、ゲーム業界に就職できるとは限らないってこと。

ゲーム業界は、マジで実力主義。

専門学校を卒業していなくても、実力があれば採用される世界です。

逆に言うと、どれだけ有名な大学や専門学校を出ていても、実力や将来性が無いと判断されると採用されることがありません。

そのぐらい厳しい業界だから、学校に通っている間に「どれだけ本気で技術習得するか」が就職するためのカギになるんだよ。

ガメ

本気でゲーム業界を目指すなら、寝る間を惜しんで勉強してもいいぐらい!

学校生活を学生として過ごしている時点で将来ヤバい

専門学校のクラスメイトやチームメイトは、ゲームを作る仲間であると同時にライバルでもあることを忘れてはいけないよ。

  • ゲーム制作を教えてもらうために学校に行くんだよ!
  • 学生だし、教えてもらわないとわからない!
  • まだ就職まで時間あるし、学生生活も楽しむよ!

もし、こんな考えを持ってるなら考えを改めた方がいい。

目指している業界は、プロがうごめくカオスな世界だからな。

でも、教えてもらわないとわからないし!って気持ちもわかる。

けど、それは社会人になったら通用しない甘えた考えだ。

だから、学生のうちに自分で技術力を上げるにはどうしたらいいか?自分で調べるにはどうしたらいいか?を考えられる能力を身に着けておこう。

そのために、サポートしてくれる講師がいるんだから。

ガメ

学校はスムーズに社会人になるための予行演習の場だと考えるんだぞ!

学校にある求人情報は1つ残らず全て読め

突然、求人情報の話になるんだけど、とても重要な話。

学校にある求人情報は1つ残らず全て読め!

求人情報ってゲーム業界が求めている人物像やスキルが書いてあるのはわかるよな。

  • デザイナー:MAYAやMELが使える人、3ds MaxやVrayが使える人など。
  • プログラマー:UEやUnityなどのゲームエンジン。C++やC#、PHPなど。
  • プランナー:ゲーム企画やゲーム仕様、データ作成やバランス調整など。

自分が進みたい道に対して、違うスキルを習得するのは遠回り。

例えばMAYAが使えるモデラーを募集しているのに、Blenderを本気で勉強してるとか。

モデリングにソフトは関係ないと言われるけど、やっぱ即戦力が求められる職場でMAYAを再習得しようなんて呑気なことは言ってられない。

目指す会社や職種に対して、求人情報に載っていることは全てできるぜ!ぐらいに追求しておくべきだね。

ガメ

業界のプロが求める人材になるためにも、求人情報は常にチェックしておくように!

転職エージェントを使うと有利な理由

ゲーム業界の転職には、転職エージェントを使う方が有利だ。

個人からの応募より、転職エージェントのフィルターがかかった応募の方が、企業の採用担当者も選考が楽になるからね。

相談する側も、企業情報を探す効率化ができるのがポイントだ。

とくに、このような点で有利になるからチェックしておこう。

  • 転職活動をサポートしてくれる。
  • 一般ではわからない企業情報を提供してもらえる。
  • 非公開求人を持っている。

それぞれ一つずつ解説していくよ。

転職活動をサポートしてくれる

転職エージェントは、ゲーム業界の求人を垂れ流すだけの仕事じゃないんだ。

エージェントって「代理人や代理店。また、仲介業者」の意味で、君の代わりに一部の転職活動をしてくれる。

君の希望や要望に合わせた求人を紹介してくれたり、企業の担当者に履歴書やポートフォリオを渡してくれたりする。

ガメ

さらに、どのような人柄なのか、今までの経験や知識からどういうところが企業に合っているかも伝えてくれるんだ。

ここまで一人ででやろうとすると、相当時間がかかることが想像できるよね。

さらに学校や仕事をしているなら、平日にこんな行動が取れない方が多いんじゃないかな。

時間が使えない間も、君に変わって転職活動をサポートしてくれる転職エージェント。

使う方が転職活動が有利になることがわかるよね。

一般ではわからない企業情報を提供してもらえる

転職エージェントは、企業の担当者と直接話をしたり、会社の情報をまとめたりしている。

一般には出てこない会社の文化や仕事の状況、会社の雰囲気など、直接見て聞いて理解しているんだ。

ガメ

ガメもディレクターとしてエージェントと話をしてた。会社の様子はよく伝えていたよ。

そういったディープな情報まで知ろうと思うと、ほんとだったら友人や知人がいないと難しい。

転職エージェントに話を聞けば、企業の詳しい状況まで教えてもらえるから助かるよね。

非公開求人を持っている

例えば、企業からエージェントに「こんな仕事があるんだけど、こんな人探せない?」と相談された求人なんかは非公開求人になる。

非公開求人って、通常の求人情報に載らない求人情報。だから、有象無象の応募がある一般の求人より、厳選された人数の応募になるんだよね。

応募人数が少なくなると、採用される確率も上がるでしょ。

しかも、転職エージェントがこの人なら!という人に教えてくれるから、コミュニケーションをたくさん取って、非公開求人を聞き出せるようにしたいね。

ガメ

ガメも非公開求人で転職したよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを見る

転職エージェントに相談するときのポイント

転職エージェントは、その人が何を考えているのか、何に悩んでいるのかを知らないと企業の提案ができないんだ。

だから、エージェントに相談するときは、必ず以下のポイントを抑えて話をするべき。

  • とにかく全ての情報を共有する。
  • 希望・要望は遠慮せず伝える。
  • 複数のエージェントを使う場合、全て同じ内容を伝える。

とにかく全ての情報を共有する

自分は何を考えてゲーム業界に入りたいのか。どんなゲームが作りたい、どんな職業につきたいか。

自分の考えを全て転職エージェントに伝えることがポイント。

転職エージェントは、君の考えや人物像に合った企業をさがすのが一番の仕事。

少しでも多くの情報があった方が、マッチした企業を探しやすくなるんだ。

希望・要望は遠慮せず伝える

通勤時間や給料、福利厚生の条件。

将来どうなりたいかなど、さまざまな希望は全て伝えること。

条件が無いとエージェントも何を提案すればいいかわからないからね。

全ての条件がクリアされた求人は出てこないかもしれないけど、そんなときは妥協ポイントも提案してもらえるから遠慮せず希望を伝えよう。

ガメ

給料100万!とか無茶な条件はダメだよ。

複数のエージェントを使う場合、全て同じ内容を伝える

複数の転職エージェントを使っても、全て同じ内容で伝えることが大事だよ。

また、別のエージェントから履歴書を出した企業があったときは、その情報も共有をしておこう。

すべての転職エージェントの情報を一致させておかないと、自分が管理できなくなるし、問題が起こることがある。

一番ダメなのはダブルブッキング

A社とB社から同じ人の履歴書やポートフォリオが届いたりしたら、企業からしたら「この人管理できてない。ダメだわ」ってなっちゃうんだ。

ゲーム業界への道を狭めることにもつながりかねないから、すべての転職エージェントに情報共有をしっかりするようにしよう。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを見る

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

ゲーム業界専門の転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができるよ。

代表的なところでいうとこのあたり。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に無料で登録できるし、気軽に相談できるから、たくさん利用して情報収集していこう!

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではない。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてくる。

ガメ

転職サイトAに登録されている企業が、転職サイトBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいけど、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるから、まずは3社ぐらいに登録して様子を見てみてね。

ガメ

ガメも転職エージェントにたくさん相談してたよ!


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

未経験でもゲーム業界に入れる可能性はある

この記事でお伝えしたように、筆者のガメ自信が未経験からゲーム業界に転職をしています。

ただ、スキルや経験が重要視される職業のデザイナーやプログラマーなどは、難易度が高いことに間違いはない。

それでも業界に入るルートは沢山あるから、転職エージェントに相談をしながら、日々のスキルアップと転職活動に全力を尽くそう!

ガメ

未経験でも無理じゃない!時間はかかるかもしれないけど、自分を信じて行動しよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次