ゲーム会社のデザイナーが転職成功させるための具体策!絶対に失敗しない方法

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
デザイナーの転職で失敗しない方法

ゲーム会社のデザイナーとして転職をしたい方は、転職の難しさが気になるのではないでしょうか。

せっかく転職をしても、希望通りの転職先を見つけられなければ後悔します。

そこで、本記事ではゲーム会社デザイナーが転職を成功させるためのポイントを紹介します。

転職に失敗しないための具体策や注意点などを紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

この記事で伝えていること
  • なぜゲーム会社のデザイナーは転職が難しいか。
  • デザイナーが転職を失敗する理由。
  • デザイナーに求められるスキル。
  • デザイナーが転職を成功させる具体策。
  • 転職活動をするときの注意点。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

ゲーム会社のデザイナーは転職が難しいのか?

果たしてゲーム会社のデザイナーは転職することが難しいのでしょうか?

ゲーム業界の実情と求められる人物像をまとめました。

  • ゲーム業界は慢性的に人材不足が続いている
  • ゲーム業界でデザイナーの需要は高い
  • ゲーム業界の転職市場は競争が激しい
  • スキルや経歴が重視される

それぞれ説明していきます。

ゲーム業界は慢性的に人材不足が続いている

ゲーム業界は常に人材不足が続いています。

近年、ゲームは人気の高いジャンルであり、eポーツの人気にも拍車がかかってきました。そのため、ゲーム業界に就職・転職したい人はたくさんいます。

それでもゲーム業界の人材不足が続いているのは、需要に合った人材が不足していることが原因だからです。

ガメ

ゲーム開発には専門的なスキルや知識、経験が必要不可欠!

ゲーム業界で不足している人材は開発の経験者であり、誰でも希望すればゲーム業界に転職できるわけではありません。

それぞれのゲーム会社が求める高いスキルと知識、経験を持った人材であれば、転職を成功させられるでしょう。

デザイナーの需要は高い

ゲーム業界の中でも特に需要が高くて、人材不足が続いているのはデザイナーです。

ゲーム業界におけるデザイナーにはさまざまな職種があります。

大きく分けると3DCGデザイナーとUI/UXデザイナーの2種類。

どちらのデザイナーも人材不足が続いているため、ゲーム会社の求める人材像とマッチすればすぐに採用されるでしょう。

ガメ

年中、人材不足なのはデザイナーだね。

ゲーム業界の転職市場は競争が激しい

ゲーム業界に転職したいと考える人は多いため、転職市場の競争は激しいです。

近年はコンシューマゲームだけではなくモバイルゲームも流行しています。

誰もが日常的にゲームを楽しむ時代になり、ゲーム業界に注目する人が多くなりました。

そのため、他業界からもゲーム業界に転職したいと考える人は増えています。

特に大手のゲーム会社は求人倍率がとても高くなっており、非常に競争率が高い。

転職市場では即戦力が求められるため、抜きん出たアピール材料がなければ大手ゲーム会社への転職は難しいでしょう。

ガメ

転職でいきなり大手は難易度高すぎ。中小企業で実績を積んでから挑戦しよう!

スキルや経歴が重視される

転職市場では即戦力が求められるため、選考の際にはスキルや経歴が重視されます。

ゲーム会社のデザイナーに求められるスキルや経歴がなければ、選考過程で落ちる可能性が高いです。

ガメ

魅力のあるスキルや経歴を持った人材は転職求人に殺到します。

そのため、単にスキルや経歴を持っているだけではなく、転職に成功するための具体策を知っておくことも大切です。

さまざまな対策をした上で転職求人に応募することで、採用される可能性を高められます。

ゲーム会社のデザイナーが転職に失敗する主な理由

ゲーム会社デザイナーが転職に失敗してしまう主な理由はこちら。

  • 要求されるスキルを満たしていない
  • 応募した数が少ない
  • 転職活動の準備期間が短かった
  • 希望する条件が曖昧

やはり要求されているスキルを満たしていないことが一番の原因です。

また、スキルを満たしててもアピールできていなかったり、要求されている会社にマッチしていないことも原因の一つです。

要求されるスキルを満たしていない

応募先のゲーム会社が要求するスキルを満たしていなければ採用されません。

求人情報には必須条件が記載されていることが多いです。

記載されているスキルを有していなければ、応募しても落ちる可能性は高いでしょう。

また、要求されるスキルを満たしていても、上手くアピールできなければ落とされます。

ガメ

どれだけ優れたスキルや知識を持っていても、アピールできなければ意味がないんだよね。

また、応募要件を見てもどんなスキルを要求しているか曖昧なケースがあります。

門戸を広く開いて多くの人に応募してもらうためです。

このような求人は選考基準が高く設定されているため、落とされる確率が高くなります。

応募した数が少ない

転職求人に応募した絶対数が少なければ転職活動に失敗しやすいです。

どんなに優れたスキルや経歴を持っている人でも、応募先の需要を満たさなければ落ちるケースがある。

また、2社や3社など少ない数だけ応募して転職先を決めてしまい失敗するケースは少なくありません。

なかなか転職先が決まらずに焦ってしまい、慌てて妥協するケースはよくあります。

しかし、よく検討せずに転職先を決めると、想像と違った部分がたくさん出てきてしまい後悔してしまうことも。

ガメ

転職活動をするときはあまり求人を絞り込むのではなく、ある程度まで母数を増やすことが大切だね。

多くの企業に注目することで、自分の希望に合った転職先を見つけられる可能性が高まります。

転職活動の準備期間が短かった

転職活動を成功させるにはある程度の準備期間が必要になります。

勢いで転職活動を始めたけれども、準備が足りずに失敗するケースは多いです。

デザイナーが転職活動をする上で準備するべきことはたくさんあります。

  • 求人の情報収集。
  • 求められるスキルの調査。
  • 求人企業の情報収集。
  • ポートフォリオの作成。
  • 履歴書や職務経歴書の作成。

また、転職活動を続けながら、現在の会社を退職するための準備も必要になります。

やるべきことがたくさんあるため、転職活動は余裕を持って準備を始めることが大切です。

ガメ

現在の仕事も考えると、1年前から行動してちょうどいいぐらいだよ。

希望する条件が曖昧

転職先に求める希望条件が曖昧なために失敗するケースがあります。

希望条件をしっかりと固めておかないと、転職後にミスマッチが起きる可能性が高くなります。

転職後に、以前の職場の方が良かったと考えるケースも少なくありません。

転職するときは、条件の優先順位をしっかりと決めておくことが大事です。

  • 給料
  • 福利厚生
  • 業務内容
  • 通勤時間
  • 勤務時間

例えば、これらの条件に優先順位をつけた上で求人に応募すれば、ミスマッチを避けられる確率を高められます。

ガメ

どこでもいいから採用してほしい!と考えるのはわかるけど、超絶ブラック企業だったりすると最悪。最低限でも必要な条件は整理しておこう!

ゲーム会社のデザイナーに要求されるスキル・経験

ゲーム会社のデザイナーが転職する際に要求されるスキル・経験を紹介します。

  • ツールを使いこなすスキル
  • CG・プログラミングのスキル
  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • 開発現場での経験
  • 40代以降はマネジメントスキルが求められる

全て持っていないとダメと言うことではありませんが、他の人より有利になるには、できるけ多くのスキルを身に着けておくべき内容です。

ツールを使いこなすスキル

ゲーム会社のデザイナーには各種ツールを使いこなすスキルが要求されます。

大工さんがノコギリの使い方を知らないとヤバいですよね?それと同じで、デザイナーも仕事で使うツールは知っていた当然なのです。

たとえば、以下のようなツールを扱うスキルは重要です。

  • Autodesk Maya
  • 3dsMAX
  • Photoshop
  • Illustrator
  • After Effects

ツールを扱えるスキルがあることをポートフォリオとして提出するのは、転職活動で必須です。

ツールを使用して実際に作成した作品をポートフォリオにすれば、ゲーム会社デザイナーとしてのスキルや経歴のアピールになります。

ガメ

ツールが使えるだけでなく、どれぐらい専門知識があるかわかるポートフォリオ作りが大事だよ!

CG・プログラミングのスキル

ゲーム会社デザイナーが転職する上でCG・プログラミングのスキルは重要です。

  • MAYAのMELスクリプト
  • 3dsMaxのmaxscript
  • After EffectsのExtendScript
  • JAVA Scriptなど

ゲーム会社においてデザイナーが担当する業務範囲は会社によって大きく異なります。

システム開発に関連した業務を担当するケースも増えてきました。

また、プログラマーとの意見交換を行う場面も多いため、プログラミングのスキルは重要になります。

また、ゲーム会社デザイナーにとってCGは必須のスキルです。各種ツールを扱えるスキルとデザインに関する知識が要求されます。

ガメ

例えばリグのコピー、モーションの量産なんかでMEL Scriptを使ったりするよ。デザイナーでもプログラミングスキルは重要になってきてるんだ。

コミュニケーションスキル

ゲーム会社のデザイナーにとってコミュニケーションスキルは必須です。

デザイナーはゲームについての理解が求められます。

ディレクターやクライアントと打ち合わせを行い、必要な情報を聞き出し、ゲームの世界観を理解することが大事です。

また、基本的にゲーム開発はチームを組んで行うため、他のメンバーとのコミュニケーションも求められます。

聞く能力だけではなく伝える能力もデザイナーにとって重要

ゲーム開発デザイナーに求められるコミュニケーションスキルは、論理的思考が土台となります。

筋道を立てて物事を考える能力があれば、相手の話を正しく理解し、他人にわかりやすく伝えられるでしょう。

ゲーム会社デザイナーとして転職を目指しているなら、コミュニケーションスキルを磨いていくことが大切です。

ガメ

CGだけ上手くなればいい!というわけではない。チームが円滑に開発を進めるためにも、コミュニケーション能力は必須だね。

プレゼンテーションスキル

ゲーム会社のデザイナーが転職するとき、プレゼンテーションスキルが求められます。

ゲームのデザイン面で説明をする際にはプレゼンは欠かせません。

クライアントに提案を行い、納得させるためにプレゼンテーションスキルが必要です。

単にデザインラフを提出しただけでは、クライアントは認めてくれません。

なぜそのデザインが優れているのか論理的に理由を説明し、アピールすることで相手になっとくしてもらい、デザイン案にOKが出されるのです。

転職活動そのものがプレゼンの場といえるでしょう。志望動機や自分のスキルをアピールするプレゼンテーションスキルがあれば、転職活動は上手くいきます。

ガメ

CGだけ上手くなればいい!というわけではない。チームが円滑に開発を進めるためにも、コミュニケーション能力は必須だね。

開発現場での経験

ゲーム会社のデザイナーが転職するときは、開発現場での経験が重視されます。

基本的に転職求人は即戦力を採用することを目的としているからです。

デザイナーとして名ばかりで、実際に実務経験がほとんどない場合は、転職に成功することは難しいでしょう。

転職活動の際には自身のこれまでの開発現場における経験をアピールすることがとても大事。

具体的にどのようなゲームの開発に携わったことがあり、どのくらいの売上を実現したのか数値でアピールしましょう。過去の実績を数値化することで説得力が生まれます。

ガメ

ゲーム開発で作ったキャラクターの数やモーション数。UIデザインの画面すうなんかでもいい。どれぐらの期間で、どのぐらいの物を作ったかをまとめておこう。

40代以降はマネジメントスキルが求められる

ゲーム会社デザイナーとして転職したい方が40代以上であれば、マネジメントスキルが求められます。

基本的に転職市場において40代以上の方には管理職としてのスキルや経験が期待されるからです。

40代以上の年齢では、実際に現場で制作に携わるよりもチームを監督する立場で働くことを要求されることは間違いありません。

40代以上のデザイナーでキャリアアップを目指しているならば、マネジメントスキルは身につけておきたい能力です。

ガメ

40代からは管理業務ができる人の方が重宝されます。クライアントやチームメンバーに対し、大人な対応ができる人が必要だからね。若い人でも、将来のキャリアを考えるならマネジメントスキルを習得すべきだよ。

ゲーム会社のデザイナーが転職を成功させる具体策

ゲーム会社のデザイナーが転職を成功させるための具体策を紹介します。

どれも重要なものばかりなので、内容を一つずつ理解して行動していこう。

  • 大手企業にこだわらない
  • ポートフォリオの作成に力を入れる
  • 扱えるツールの数を増やす
  • 転職エージェントを利用する
  • 企業研究を行い志望動機を練る

大手企業にこだわらない

転職を成功させたいならば、大手企業にこだわらないことが大切です。

誰でも名前を聞いたことがある大手ゲームメーカーの転職求人には応募が殺到します。

非常に高い倍率を勝ち抜く必要があり、採用されるのは困難です。

高いスキルや豊富な経験、学歴などに自信がない場合は無理に大手企業ばかりを狙うのは避けることをおすすめします。

転職をする目的を考えれば、大手企業以外でも満足できるケースはたくさんあります。

単に会社の規模や世間的なイメージだけで転職先を選ぶのではなく、自分の希望を満たせるかどうかを重視しましょう。

ガメ

ゲーム制作はデベロッパーがやっていることが多い。大手企業だからといって、ゲーム制作自体をやっているとは限らないんだよ。

ポートフォリオの作成に力を入れる

転職活動をする上で必ず準備しなければならない物がポートフォリオです。

ポートフォリオによって、自身のスキルや経験をアピールするために絶対必要。

ポートフォリオに決まった形式はありません。そのため、ポートフォリオの作り方を工夫しないと自己PRに失敗します。

まずは他のデザイナーのポートフォリオをチェックして学びましょう。

他の人の良い点をピックアップして自身のポートフォリオに取り入れることが重要です。

ポートフォリオの中では自身の技術スキルをアピールすることが大事です。

自信のある作品を中心に掲載するのが基本。また、ポートフォリオによって制作スピードや対応可能なジャンルの幅広さなどもアピールしましょう。

ガメ

2D、3D共に、デッサンは超重要。選考でデッサンが無い、下手な人は将来性を感じられず、落とされる可能性が高まるよ。

>>デザイナーが転職するためのポートフォリ作成のポイントを、こちらの記事でくわしく紹介しています。どのようなポイントを抑えるべきか、わかりやすく紹介しているので、参考にしてください。

扱えるツールの数を増やす

ゲーム会社のデザイナーとして、扱えるツールの数を増やしておくと転職先の幅が広がります。

基本的な操作方法を習得しているだけでもアピールポイントとしては役立ちます。

  • MAYA
  • MEL スクリプト(←ポイント高い)
  • 3ds Max
  • Vray
  • Photoshop
  • Substance 3D Painter
  • Unreal Engine
  • Unity

幅広いツールを扱うことができれば重宝されるので、業界で多く使われるツールを基準に習得していきましょう。

ガメ

3DならMAYAは必須。UEやUnityでエフェクトを作る方法なんかも覚えておくと需要がかなり上がります。

転職エージェントを利用する

デザイナーの転職活動には転職エージェントの利用が大切です。

転職エージェントは、求職者と人材募集をしている企業をマッチングするサービスを展開しています。

求職者からヒアリングをした上で、希望条件を満たす会社の求人を紹介してくれます。

求人探しから入社までトータルでバックアップしてくれるのが転職エージェントの魅力です。

ゲーム業界を専門的に取り扱っている転職エージェントはたくさんあります。

ゲーム会社のデザイナーが転職を成功させるには、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

ガメ

ガメも転職エージェントに相談して転職しました。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介までジャンプする

企業を研究し志望動機を練る

自分が転職したい会社についてしっかりと企業の研究を行い、志望動機を練りましょう。

志望動機が問われる理由は、入社意欲や会社の理解度がわかるからです。

その会社でないと駄目な理由を説得力を持たせて志望動機に含めないといけません。

そのためには、入念な企業研究が必要になります。

優れたスキルや経験があっても、入社意欲が低いとみなされれば採用されない可能性があるため、志望動機は入念に作りましょう。

ガメ

一人で調べることが難しければ、転職エージェントに相談するのも有り。企業文化や会社の雰囲気まで、一般ではわからない情報ももらえることがあるよ。

ゲーム会社のデザイナーが転職活動をする際の注意点

ゲーム会社のデザイナーがこれから転職活動をする上で、注意しておく点をまとめます。

  • 狭い業界のため円満退職することが重要
  • 業務の引き継ぎや残務整理をしっかりと行う
  • 退職時に作成する誓約書の内容に注意する

気持ちよく転職できるように、しっかり準備をしていきましょう。

狭い業界のため円満退職することが重要

転職をする際には円満退職することがとても大事です。

ゲーム業界は狭い業界であり、悪い噂はすぐに広まります。

退職する際にトラブルが発生すれば、業界内で噂になる可能性があるため注意しましょう。

円満退職できれば、元の職場の人達との人脈を維持することができ、将来役に立つ可能性があります。

円満退職できたことが転職活動でプラスになることも多々あるのです。

ガメ

退職トラブルの影響で、ガメの会社に採用されなかった事例が本当にありました。けっこう噂は流れてくるので、円満退職を心がけよう。

業務の引き継ぎや残務整理をしっかりと行う

転職活動を進める際には業務の引き継ぎや残務整理をしっかりと行いましょう。

上司や部下、後任者に担当業務を引き継ぎます。

その際には、マニュアルの作成や事前の説明などを丁寧に行い、業務が滞らないように配慮しましょう。

また、残っている業務は退職までにきちんと整理しておきます。

退職日の数日前までにすべての残務整理を終えて、業務の引き継ぎが完了するようにスケジューリングしましょう。

ガメ

「立つ鳥跡を濁さず」はとても大事。

退職時に作成する誓約書の内容に注意する

退職時に誓約書へのサインを求められるケースがあるため注意しましょう。

ただし、誓約書にサインをする義務はありません。

誓約書の中には、退職後の一定期間について同業種に就職してはいけないといった事項が含まれるケースがあります。

また、秘密保持誓約が含まれていることもよくあります。

誓約書へのサインを求められた場合は、内容をよく確認して、疑問点はしっかりと質問しておく必要があります。

自分にとって不利な内容が含まれている場合は、誓約書へのサインを拒否することをおすすめします。

誓約書にサインしなくても退職は可能です。

ガメ

同業種に就職してはいけないという誓約書はよくあります。自分のキャリアに影響が出る可能性もあるので、よく読んで判断しようね。

ゲーム会社のデザイナーが転職成功させるための具体策まとめ

ゲーム会社デザイナーとして転職をする際にはしっかりと対策を練ることが大事です。

  • スキル習得
  • ポートフォリオの作成
  • 転職エージェントの活用
  • 企業の研究
  • 円満退職

やることはたくさんありますが、ゲーム会社のデザイナーとして転職を成功させるには全て必要なこと。

一人で活動が難しいと感じたら、転職エージェントをパートナーにして効率よく情報収集していきましょう。

本記事で書いている内容を参考に行動すれば、ゲーム会社のデザイナーとして必ず転職を成功させられます。

ガメ

将来のキャリアに向かって、転職成功することを祈っています!

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、個人では見つけられない求人情報を得ているからです。

エージェントは会社の採用担当者にどのような人材が必要か詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入りやすくなります。

ガメ

実際、ガメの会社が転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

また、非公開求人など一般に出回らない求人を持っているため、ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

代表的な転職エージェントはこちら。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、ガメが企業側の立場で転職エージェントと話をしましたが、担当者がゲーム制作のことにとても詳しかったです。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェント7選を、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次