ゲーム業界に転職するための面接対策 どんなことを聞かれる?

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界に転職するための面接対策 どんなことを聞かれる?

ゲーム業界で働きたいと考えている皆さん、面接はその第一歩です。

しかし、ただゲームが好きなだけでは、業界で求められる人材にはなれません。

  • 行動力
  • 熱意
  • 長期的な活躍

これらはゲーム業界で重要な人材像です。

面接で成功するためには、第一印象の良さや時間厳守、自分の言葉でしっかりと答える能力も必要不可欠。

また、一般的な質問に加え、ゲーム業界ならではの質問についても、具体的な事例を挙げて紹介しています。

転職希望者がよく聞かれる質問や面接練習方法についても触れています。

本記事では、これらのポイントを解説し、ゲーム業界での面接に臨む皆さんが成功するための具体的な方法を提供します。

さらに、ゲーム業界に特化した転職エージェントの活用方法についても触れています。

面接は一度きりのチャンス。

しっかりと準備するために、本記事をぜひお役立てください。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事
目次

ゲーム業界で求められる人材像はなにか

面接中

面接対策の基礎となるのが、ゲーム業界が求める人材像です。

スキルの高さやコミュニケーション能力は当然のこと、他にはこのような人材が求められます。

  • 行動力がある人
  • 熱意のある人
  • すぐに辞めない人

それぞれ説明していきます。

行動力がある人

ゲーム業界が必要としている人物像とは、どの会社でも行動力のある人材です。

受け身ではなく、自ら動ける行動力こそ、クリエイティブな職場の原動力になります。

ゲーム業界は、常に新しいものを生み出す使命があります。

指定された内容を忠実に再現するのはとても大切ですが、そのなかから新たのものを生み出す行動力がなければ、次のヒットは生み出せません。

クリエイティブな仕事だからこそ、行動力は制作の原動力になるのです。

いったいなにを作り出したいのか、その先にあるものに自分はなにを貢献できるか。これはすべて行動力に起因します。

ガメ

行動力と言っても、勝手に動き回ることではない。自ら情報を取りに行く、考えが間違っていないか確認するなど、自分から行動できる人のことだよ。

熱意のある人

もうひとつが、熱意のある人です。

ゲーム業界の仕事は、形にならないと見えてこないものがたくさんあります。

その先にはユーザーがおり、楽しんでもらえるように作らなければいけません。

形を作り出すための熱意。ユーザーに楽しんでもらうための熱意がなければ、採用はされないでしょう。

行動力があり、熱意を持って取り組める人材。

ゲーム業界では、喉から手が出るほど欲しい人材です。

ガメ

プレイするユーザーのことが考えられないと、良いゲームはできないね!

すぐに辞めない人

ゲーム業界は、スキルの高い人材が必要です。

スキルが高くなるには、長期間の検収や勉強、経験が必要になります。

会社としては、せっかく育った人材に辞められると、それまでかかった時間とお金がパーになってしまう。

そのため、すぐに辞めそうな人は最初から雇いません。

熱意があり、この会社で長く働いきたい!という人を厳選して採用したいのです。

ガメ

採用して1ヵ月で辞めちゃう人もいる。2、3年で辞められるのは困るね。

面接で必ず守るべき基本ポイント

面接に成功するためには、回答の内容はもちろん、基本的なポイントを押さえておく必要があります。

第一印象(服装、態度)

第一印象は、面接において非常に重要な要素です。服装や態度が面接官に与える影響は大きく、しばしばその後の評価にも影響を与えます。特にゲーム業界ではクリエイティブな要素が多いため、一般的なビジネスの面接とは異なる点もありますが、基本的なマナーは守るべきです。

  1. 服装: ゲーム業界はカジュアルな服装が許容される場合もありますが、面接にはきちんとした服装で出ることが推奨されます。清潔感があり、整った服装をすることで、真剣に仕事に取り組む意志を示すことができます。
  2. 態度: 面接官に対する敬意を持つことが基本です。質問に対しては明確に答え、感謝の意を適切に示すことが重要です。

このような点を注意深く行うことで、面接官に良い第一印象を与え、次のステップへ進むためのポジティブな評価を受けやすくなります。

時間厳守

時間厳守は、どの業界においても基本的なビジネスマナーですが、ゲーム業界でも非常に重要な要素となります。

プロジェクトの進行においてはタイムラインがあり、各フェーズでの達成目標が設定されていることが一般的です。

そのため、時間を守る能力が問われる場面は多いです。

  1. 面接の時間に遅れない: 最も基本的な点ですが、面接の時間に遅れると、それだけで面接官の評価が下がる可能性があります。時間厳守を守ることで、責任感があるという印象を与えることができます。
  2. 締め切りを守る: ゲーム開発は多くの人と協力する作業です。一人が締め切りを守らないと、全体の進行が遅れる可能性があります。そのような基本的なビジネスマナーを守ることで、チームメンバーや上司からの信頼を勝ち取ることができます。

時間を厳守することは、単に「マナーを守る」以上の意味があります。

自分の言葉でハッキリと答える

面接において、ハッキリとした口調で答えられないと印象が悪くなります。

面接官はあなたがチーム内でコミュニケーションが取れ、問題解決ができる人材であるか見極めようとしています。

問われた質問に対し、ハッキリとした口調で回答すること。また、わからないことや考え付かないことでも、ハッキリと回答しましょう。

  1. コミュニケーション: 面接官は、コミュニケーションが取れる人材か見ています。その場で適当な回答をするのではなく、自身の考えをハッキリ伝えましょう。
  2. 自分の考えを明確に表現: ゲーム業界は多くの人々と協力してプロジェクトを進めるため、自分の考えを明確に、かつ論理的に表現できる能力は不可欠です。

面接で全ての回答ができなかったとしても、それが致命的になるとは限りません。

それより、初めて会った人とでもコミュニケーションが取れた方が印象は良くなります。

それはプロジェクトがスムーズに進行するための基本であり、その能力があると評価されれば、より責任のある仕事を任される可能性も高まります。

面接で重要なポイント

ポイント!

面接での質問への答え方は、面接官に対する第一印象を大きく左右します。

特にゲーム業界の面接では、業界知識と熱意が非常に重視されます。

以下のような点を心掛けることで、より良い印象を与えることが可能です。

  • 具体的な例を出す: あいまいな答えや一般論ではなく、自分自身の経験や考えに基づいた具体的な例を出しましょう。
  • 熱意を明示する: 単に好きだと言うだけでなく、その背景にある理由や、将来どのようにその業界で活躍したいかといった熱意をしっかりと表現します。
  • プロフェッショナルな視点を加える: ゲームをプレイするだけの消費者としてではなく、開発者や業界人としての視点で考察を加えると、専門性が伝わります。

これらのポイントを意識して、面接の質問に答えることで、面接官に自分がどれだけその仕事に適しているかをしっかりと示すことができます。

面接の基本的な質問

面接では、候補者がどれだけその業界や仕事に適しているかを判断するための多くの質問がされます。

特にゲーム業界では、一般的な質問に加え、業界特有の質問もよくされます。

自己紹介をしてください。

カジュアル面接

この質問はほぼ全ての面接で最初に聞かれるものです。

短い時間で自分のことを伝える機会なので、練習しておくことが大切です。

  • 経歴
  • スキル
  • 性格

特にゲーム業界で働くためにどれだけの準備と情熱があるのかを、具体的な経験やエピソードを交えて語ると良い印象を与えられます。

志望動機を教えてください。

この質問も、確実と言っていいほど聞かれます。

この時、ゲームが好きだからです!は回答として意味がありません。

  • 【重要】この会社でなければいけない理由。
  • ゲーム制作を仕事にしなければならない理由。
  • 自分のスキルや人格が、ゲーム業界に良い影響を与える証明。

など、この会社で働くべき人材であることをアピールすることが重要です。

特に「この会社でなければいけない理由」という点はハッキリアピールしてください。

ゲーム業界で働きたい!だけだと、別の会社でもいいのでは?と思われてしまいます。

面接を受ける会社を調べ上げ、タイトルやジャンルを話の中に織り込みながらアピールしましょう。

強みと弱みは何ですか?

この質問に対する答え方一つで、面接官に与える印象が大きく変わります。

強みは、その仕事でどれだけ貢献できるかを示す要素なので、具体的なスキルや経験を出して話すことが推奨されます。

一方で、弱みについても誠実に答え、それをどう改善しているのかを話すと、成長意欲があると評価されます。

以上の基本的な質問は、一見単純でもその裏にはしっかりとした答えが求められるものです。

特にゲーム業界では、独自のスキルや視点が求められる場合が多いため、準備と練習が必要です。

ゲーム業界特有の質問

ゲーム業界での面接には、一般的な質問とは異なり、業界特有の質問がよくされます。

これらの質問は、候補者がゲーム業界にどれだけ熟知しているか、また情熱を持っているかを測る重要なポイントです。

好きなゲームは何ですか?

ゲームを遊んでいる

この質問に対する答えは、面接官に自分のゲームに対する理解度や情熱を示す大事な機会です。

ただし、「昔からやっていて好きだから」という答えは不十分です。

そのゲームが何故好きなのか、どの要素が特に魅力的だと感じるのかという深い理解が必要です。

最近プレイしたゲームで印象に残った点は?

この質問では、最近のゲーム業界のトレンドや技術に敏感であるかどうかが試されます。

  • ゲームデザイン
  • ストーリー展開
  • 感情の起伏がどこにあるか
  • ユーザーは何に引き込まれると考えるか
  • 技術的な実装

このような、多角的な観点からそのゲームを評価できると好印象です。

ガメ

単に面白かっただけでなく、何に引き込まれるのか分析をしておこう。

ゲーム開発のどの部分に興味がありますか?

ゲーム開発は多岐にわたるプロセスとスキルが求められる仕事です。

  • プランニング
  • プログラミング
  • グラフィックデザイン
  • サウンド
  • マネジメント
  • 広報
  • 営業

どの部分に特に興味を持っているのかを明確にすることで、自分がどのようなポジションで貢献できるのかを示すことができます。

これらの質問に対する答え方一つで、面接官に与える印象が大きく変わる場合があります。

より具体的な例やエピソードを交え、しっかりとした準備と練習をして面接に挑むことが大切です。

ガメ

なぜ、そのポジションに興味があり、ゲーム業界で活かしたいのか?しっかりまとめておこうね!

転職希望者よく聴かれる質問

ゲーム業界の面接でも、さまざまな質問が飛んできます。

大事なポイントは、どのように答えを返すか。論理的思考で考えていかなければいけません。

転職理由について

20代の転職

面接で「なぜこの業界に転職したいのか」という質問はよく出されます。

この質問は単に表面的な理由を聞くためだけでなく、あなたの本質や考えを深く理解するためのものです。

ポジティブな理由が大切

転職理由としては、基本的にポジティブなものを挙げましょう。

面接官もネガティブな答えを聞きたいわけではありません。

もしネガティブな理由しか述べないと、面接官は「この人が入社したら、ネガティブな態度で仕事をするだろう」と判断する可能性があります。

具体的な例を挙げる

たとえば、「自分のスキルを十分に活かせる環境がなかったので、転職を考えました」という理由は、ポジティブな印象を与えます。

これは自分が何を得意とし、どのような環境でそれを活かせるのかという前向きな視点から話しているからです。

理由と行動のつながり

転職理由がどのように現在の行動や考えに結びついているのかを明確にすることも重要です。

これにより、面接官に対して自分が計画的に行動しているという印象を与えることができます。

以上のポイントを踏まえ、転職を成功させるためには、前向きで具体的な転職理由をしっかりと考え、それを明確に伝える必要があります。


業務経験について

プランナー

ゲーム業界の求人で未経験者を対象としたものは少ないです。

特に新卒ではない場合、面接での成功の鍵は、これまでの経験をどう効果的に伝えるかです。

経験が重視される理由

ゲーム業界はITの一部門であり、資格よりも実務経験が重要視されます。それは、資格だけでは測れない即戦力としての価値があるからです。企業が新人を育てるには時間とお金がかかるため、既に経験がある人材は貴重です。

どのようにアピールするか

面接でアピールするポイントは、手間がかからず、既存の知識やスキルにプラスアルファの価値をもたらす人材であることを示すことです。そのため、これまでの作品や成果をポートフォリオにまとめ、明確に自分のスキルを証明することが有用です。

未経験者の場合

未経験でも、過去のどんな経験が今後の仕事に活かせるかを考えましょう。

例えば、過去に行動力が求められる仕事をしていたなら、その点を強調することで、自分には熱意と可能性があるとアピールできます。

将来に関すること

ディレクター・プロデューサー

ゲーム業界に入って、将来どうしたいのか?はよく聞かれます。

まだ年数が浅いゲーム業界で、将来をどうするか考えていることはとても重要。

何も考え無しの場合、採用にいたらない可能性が高まるので注意してください。

マネジメントかスペシャリストか

ゲーム業界で非常に大きな意味を持つのが、マネジメントとスペシャリストの道です。

キャリアプランで見れば、マネジメントが管理職として上位になります。ですが、やりがいとしてみると、マネジメントが上位というわけではありません。

自分の技術を磨き上げてスペシャリストになりたいのは、仕事としては大きな魅力です。

この先、マネジメントかスペシャリストか、どちらを目指すかハッキリしておきましょう。

どのようにアピールするか

キャリアプランにもつながりますが、やりたいことは何か。

どのような勉強をして臨んでいるのか。

今やっていることがつながっているか、などは面接で話ができるはずです。

自身が考えるキャリアプランに対して、どのようなアクションを起こしているか整理しておきましょう。

面接の練習方法

面接の練習

ゲーム業界でも、就職・転職したい熱意が伝わらなければ、面接としては失敗です。

また、同じ会社で何度も面接が受けられるわけではありませんので、しっかり対策をしておきましょう。

学生なら、面接指導があるか学校に聞きましょう。また、ゲーム業界にいるOBがいるなら、どんな面接だったか聞いてみるのは有力な情報ですね。

社会人の場合、学校などで面接指導を受けることはできません。しかし、転職エージェントに面接対策を相談することが可能です。

むしろ、社会人の場合、転職エージェントを利用して転職活動をしないと、転職自体の難易度が高いです。

積極的に転職エージェントを利用しましょう。

ガメ

ガメ自信もエージェントに相談して転職したよ。会社で採用する人も80%ぐらいは転職エージェント経由だね。

ゲーム業界に強い転職エージェントに相談すること。一般職種のエージェントより、業界に詳しく非公開求人も多く持っています。

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

非公開求人など一般に出回らない求人を持っていたり、ポートフォリオの添削、面接対策までしてくれます。

ゲーム業界の転職は、転職エージェントに相談することが転職成功への近道なので積極的に利用してください。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次