30代未経験でゲーム業界への転職は苦戦する!転職活動を成功させるアドバイス

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界へ30代で転職するためのアドバイス
  • 未経験で転職するのは難しい?
  • どうやったらゲーム業界に転職できるか知りたい。
  • 転職活動の注意点は?

30代でゲーム業界に転職するのは難しいのかな?と考えている人もいるでしょう。

35歳でゲーム業界に転職したガメがお答えします。

ガメ

難易度は高いけど、無理ではない。

ガメがどうやってゲーム業界に転職したか、転職する前にどんな準備をしていたか紹介しますね。

そのあと、30代で転職活動する注意点やポイントを解説するので参考にしてください。

ガメ

全ての人が成功する方法とは言えないけど、本気でゲーム業界を目指すなら参考になるはずだよ。

>>20代でゲーム業界の転職を目指す方は、こちらの記事をチェックしてください。

>>40代でゲーム業界の転職を目指す方は、こちらの記事をチェックしてください。

この記事でわかること
  • ゲーム業界へ30代での転職は難しいけど不可能ではない。
  • 希望職種のスキルアップは当たり前。全力でスキルアップを目指すこと。
  • 30代からはリーダーシップやディレクションスキルが期待される。
  • 転職活動は収入を確保した状態で行うこと。
  • ゲーム業界に強い転職エージェントを活用すること。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

【実例】30代の未経験からゲーム業界へ転職した道のり

これは、ガメ本人が実際に未経験からゲーム業界に転職した道のりです。

30歳を超えてから以下の流れでゲーム業界に転職をしました。

その流れはこちら。

  • ゲーム業界を目指すことを決意(29歳)
  • 社会人でも入れる専門学校へ通う(30歳)
  • 専門学校卒業後、IT企業へ転職(31歳)
  • なぜかデザイン部門のリーダーになる(33歳)
  • 転職活動を開始するも全滅(34歳前半)
  • すがる思いで転職エージェントに相談(34歳後半)
  • ゲーム会社に転職成功(35歳)
STEP
ゲーム業界を目指すことを決意(29歳)

30歳当時、一般企業の営業マンだったガメ。

昔から好きだったゲーム業界にあこがれ、転職を決意。

実務経験が無いため、業界へのパイプや求人をゲットする目的で専門学校に通うことにした。

STEP
社会人でも入れる専門学校へ通う(30歳)

ゲーム業界を目指すべくデジハリ(3ds Maxの6か月コース)に入学。本格的に3DCGを勉強を開始。

ガメ

デジハリに入る前から、個人的に3Dモデリングの勉強はしてたけどね。

営業マンをやりながら、平日の夜は寝る時間を削ってCGの勉強。土曜日は授業。日曜日はクラスメイトと勉強を続け、半年後にデジハリを卒業。

卒業生だけが見ることのできる求人に応募しまくる。

STEP
専門学校卒業後、IT企業へ転職(31歳)

デジハリで掲載されていた求人広告の小規模なIT企業に応募したところ、奇跡的に転職に成功。デザイン部門でゲームとは全く関係ないCG制作業務につく。

ガメ

初めてのCG業務で、わからないことだらけ。エンジニアさんに話を聞きまくって毎日ヘトヘトになるまで仕事してたな。。。

STEP
なぜかデザイン部門のリーダーになる(33歳)

IT企業に勤務して3年目、デザイン部門のリーダーに抜擢。

ガメ

デザインスキルは低かったけど、チームのリーダーになっちゃった。

ここでマネジメントを経験する。

社内のデザイナーに指示を出しながらクライアントや外部の会社とやり取りを行い、プロジェクトを進める立場になる。

STEP
転職活動を開始するも全滅(34歳前半)

勤務していた会社の業績が悪化しはじめ、今後のことを考えて34歳から転職活動を開始。

ガメ

このとき、自分で何社か直接応募したけど全滅でした・・・

STEP
すがる思いで転職エージェントに相談(34歳後半)

このままではダメだと思い、ゲーム業界に強い転職エージェントに登録。担当者に転職相談をする。

しかし、年齢が高いことやゲーム業界未経験だったことから、なかなか面接してくれる会社が見つからなかった。

転職活動から1年がたち、デザイナーとしての職探しは難しいと判断。

再び転職エージェントの担当者に他に道があるか相談する。

STEP
ゲーム会社に転職成功(35歳)

転職エージェントとの打ち合わせをしている中で、方向修正の提案を受ける。

どの会社も管理者を探している。「デザイン知識のあるディレクター」として売り込むのはどうか?と提案があり、それに全力で乗っかる。

結果、急にゲーム会社3社と面談が決定。

そのうち非公開求人だった1社(アーケードゲーム系)から内定通知をもらい、「アシスタントディレクター」としてゲーム業界に転職。

ガメ

ゲーム業界へ転職を目指し始めが30歳だから、約5年かかってるね。けっこう遠回りしたけど、よくゲーム業界に入れたと思うわ。

30代でゲーム業界への転職は本当に難しいと感じた

30歳~35歳までの求人が多く、年齢制限でふるいにかけられてる感じがしました。

もしデザイナーやプログラマーとしてゲーム業界を目指すなら、かなり実力を上げてからでないと厳しい現実が待っています。

本気で転職を考えるなら、とにかくゲーム業界に近づく手段を取ることが大事ですね。

  • 専門学校へ行ってスキルを高める&人脈を作る。
  • 友達や友達の友達などゲーム業界にいる人がいないか探す。
  • 転職エージェントの担当者に相談する。
ガメ

ゲーム業界への転職を成功させるには、とにかく行動あるのみだよ!

>>未経験からゲーム業界に転職した詳しい流れを、こちらの記事で紹介しています。ゲーム業界を目指すためにしたことやポイントなど、役立つ情報をまとめているので参考にしてください。

30代に求められるスキル

どの職業でも同じだけど、30代になるとリーダーシップディレクション能力が期待されます。

どの会社もチームをまとめるリーダーになりたい人、なれる人が不足しているので、どうしてもそういった要求が上がってくる。

デザイナーやプログラマーなどの専門職を目指す人は、その職業の技術レベルを上げていくのは当然で、それ以外にディレクションスキルが求められてくるのが30代ですね。

チーム内や各部門、外の会社とのやり取りなど、各所とコミュニケーションを取りながら業務が円滑に進行できるよう動けるスキルがあると、会社から必要不可欠な人材として一目置かれることは間違いありません。

アルバイトや派遣、正社員など、どんな形であれゲーム業界に入ることができたら、周囲とコミュニケーションを取りながらチームをまとめる動きができるといいですね。

30代全員がリーダーになれないとダメ!ということは無いけど、将来を考えると早い段階からリーダーを目指しておいた方がキャリアアップにもつながりますよ。

ガメ

他の人と、どこを差別化していけるかがポイントだね。

30代で転職活動するときの注意点

30代で異業種からゲーム業界に転職となると、よほど経験や実力が無いと採用されるのは難しくなってきます。

ゲーム業界に夢を見て転職活動することは悪いと思わないし、むしろ自分の夢を追いかける人を応援したいと考えています。

ここでは、30代で転職活動するときの注意点をまとめているから内容をよく読んで、今後の活動に生かしてください。

長期的な転職活動の覚悟が必要

30代でのゲーム業界への転職は一朝一夕には決まらない場合が多いのが現実。

未経験であれば、なおさら短期間での転職は難しいと覚悟が必要です。

実際、ガメはゲーム業界への転職活動に丸1年かかってる。

転職活動中もスキル向上やポートフォリオをアップデートするなど、時間の使い方をしっかりと考えて行動した方がいいですね。

基本は働きながら転職活動すること

収入が無い状態で転職活動をしていると、私生活や精神的負担がめちゃくちゃ大きくなります。

精神的、肉体的な問題が無いなら、可能な限り収入を確保しながら転職活動をすることをおすすめです。

転職活動のために今の仕事を退職するなら、最低でも1年間は生活できる資金を蓄えること。

1年間生活できる資金があれば、途中で方向転換を考える時間も十分取れます。

ガメ

転職活動に集中したい気持ちはわかるけど、今後のことを一度冷静に考えよう!

転職が成功する保証はない

どれだけ準備をしても、成功するとは限らない現実を理解する必要がある。

そのため転職活動だけに依存しないように、今の仕事を継続する方法や別業界への転職など、平行して他のプランも考えることが重要です。

ガメ

ガメは一旦IT企業のデザイン部門へ転職。それからゲーム業界に入ったよ。

スキルと経験を積む

ゲーム業界は多岐に渡る職種が存在します。

ディレクター、プログラマー、デザイナー、マーケターなど、どのポジションで活躍したいのかによって必要なスキルセットが違ってくるのはわかりますよね。

自分が目指す職種に必要なスキルを磨くことがとても大切。

自分で学習してスキルアップをするのもいいけど、専門学校で習うのが早い。プロの添削が受けられるし、わからないことや就職についての相談もできます。

社会人は時間が無いので、週末か夜間で勉強するのがメインになるでしょう。ガオも夜と週末で勉強していました。

社会人で勉強しやすい専門学校で有名なところはこんな感じ。

どこも無料カウンセリングをやってるから相談してみるといいですよ。

あと、専門学校はゲーム関係の会社と連携があり、就職相談や特別求人があったりします。

ガメ

ガメも働きながらデジハリ経由でIT業界に転職したよ。

また、30代以上になるとチームをまとめるリーダーの役割が期待されてきます。

これはゲーム業界でなくても同じで、いまの仕事でもリーダーになれる動きができているか?をよく考えて日々行動しておくといいですね。

企業への直接応募は避ける

異業種や未経験者がゲーム会社に直接応募しても、ほぼ書類審査で落とされます。

すでに業界で働いている人や有名タイトルのプロジェクトに所属していたなど、目立つ経験があれば話は別です。

ゲーム会社には年中すごい数の応募書類が来ますが、ほとんどが採用レベルに到達していない人の応募だったりします。

ゲーム会社の採用担当者も他の業務と平行していることが多く、一つ一つの書類に細かく目を通せない、通す余裕がないのが現実。

異業種や未経験からの応募に、興味を持つ採用担当者は少ないです。

ガメ

実際、「異業種」「未経験」というだけで不採用にされていることがあったよ。。。

直接応募で落ちてしまった企業に、転職エージェントや派遣会社経由で応募することもできますが、採用担当者は意外と落とした書類をおぼえています。

履歴を見ると不採用にした人だとわかることがあるので注意してください。

こういうパターンを何度も見てきてるので、安易に応募するのは超危険。自ら道を狭めることにつながるから気を付けてください。

転職活動をするときは企業に直接応募するのではなく、転職エージェントに登録して担当者に攻め方を相談するのがおすすめ。

提出書類やポートフォリオの添削をしてくれるところが多いので、資料のクオリティを上げて担当者と一緒に採用を勝ち取る動きがとても大切です。

ガメ

ガメが転職活動するときも、担当者さんと何度も打ち合わせをして資料を持って行ってもらったよ。

ゲーム業界に強い転職エージェント

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、個人では見つけられない求人情報を得ているからです。

エージェントは会社の採用担当者にどのような人材が必要か詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入りやすくなります。

ガメ

実際、ガメの会社が転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

また、非公開求人など一般に出回らない求人を持っているため、ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

代表的な転職エージェントはこちら。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、ガメが企業側の立場で転職エージェントと話をしましたが、担当者がゲーム制作のことにとても詳しかったです。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェント7選を、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ゲーム業界への転職は30代の未経験でも道はある

それでは記事のまとめをしていきます。

  • ゲーム業界へ30代での転職は難しいけど不可能ではない。
  • 希望職種のスキルアップは当たり前。全力でスキルアップを目指すこと。
  • 30代からはリーダーシップやディレクションスキルが期待される。
  • 転職活動は収入を確保した状態で行うこと。
  • 企業への直接応募は可能な限り避ける。
  • ゲーム業界に強い転職エージェントを活用する。
  • 転職エージェントの担当者によく話を聞き、タッグを組んで活動すること。

30代でゲーム業界への転職活動は難易度が高めです。

ただ、ガメ自信が35歳でゲーム業界へ入ったように不可能ではありません。

夢と希望をもって転職を目指すなら、使えるものは全て使って全力で活動しましょう。

ガメ

本気で活動すれば、必ず道は開けるよ!

>>ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次