社会人からゲーム業界への転職は無理なのか?転職成功させる方法を紹介します

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
社会人からゲーム業界への転職は無理なのか?転職成功させる方法を紹介します

社会人になってから、心のどこかでずっとゲーム業界への憧れを抱いていませんか?

あるいは、ゲームを作る側の世界に飛び込みたいと思いながら、現実の壁にぶつかって立ち止まっているのかもしれません。

「経験不足では?」

「スキル不足では?」

「今の自分はゲーム業界に転職できるのかな?」

こんな不安を感じている方も多いでしょう。

しかし、ゲーム業界への転職は、正しい準備とアプローチで実現可能です。

この記事では、社会人からゲーム業界へ転職するための実践的なアドバイスや、成功事例を通して、あなたが転職を成功させるための具体的なステップを紹介します。

憧れだけで終わらせず、夢を現実に変える一歩を踏み出しましょう。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事
目次

ゲーム業界への憧れと現実

多くの人が、少なからず一度は夢見るゲーム業界。その魅力は、ただ遊ぶだけでなく、自らが創造した世界で他人を楽しませることにあります。

しかし、憧れだけで業界に飛び込めるほど、現実は甘くありません。

ゲーム業界は、高い技術力と創造性、そしてタフな心が求められる場所。

特に、社会人からの転職者には、今までの経験やスキルがどのようにゲーム開発に活かせるかが問われます。

ガメ

自分のスキルと経験が、ゲーム制作にどう活かせるかが明確でないと、ゲーム業界へのハードルは高いままになってしまいます。

社会人が感じるゲーム業界へのハードル

社会人がゲーム業界への転職を考えたとき、最初に直面するのが「経験不足」の問題です。

ゲーム開発に必要なプログラミング言語やソフトウェアの操作に自信がない方も多いでしょう。

さらに、「年齢」も気になるところ。ゲーム業界は若手が活躍するイメージがあり、30代、40代での転職は厳しいと思われがちです。

しかし、これらのハードルは乗り越えられない壁ではありません。

次の見出しでは、転職を成功させるための準備について詳しくご紹介します。

ガメ

筆者は36歳で、未経験からゲーム業界に入りました。しっかり戦略を立てれば不可能ではないということです。

>>こちらの記事で、30代でゲーム業界を目指すためのガイドを紹介しています。参考にしてください。

ゲーム会社が社会人の転職者に期待すること

ゲーム会社が転職者に期待することは、大きく分けると2つ。

  • ゲーム制作に関係する職種(プログラマー、デザイナーなど)の経験者なら、各職種のスキル。
  • ゲーム制作未経験者なら技術的な基本スキルとマネジメントスキル。

違う業界でも、プログラマーやデザイナーの経験をしている場合、スキルそのものに期待されます。

また、仕事の中で乗り越えた問題の解決経験など、社会人としての経験にも興味を示すでしょう。

未経験者の場合、高いスキルが難しいことは企業もわかっているため、どちらかと言うと社会人経験やマネジメントスキルの有無に期待が高まる傾向が強くなります。

ガメ

自分の経験とスキルをしっかり整理して、企業にとってあなたが役立つポイントを洗い出しておくことが重要です。

ゲーム業界への転職を成功させる5つのポイント

ここでは転職を成功させるために必要な5つのポイントを解説します。

  • 【超重要】ゲーム業界で働く理由を明確にする
  • 必要な技術的スキルの習得
  • 技術的スキル以外に求められることの理解
  • ゲーム業界の情報収集をする
  • ゲーム業界特化の転職エージェントを利用する

ゲーム業界への転職を目指すなら、まずはゲーム業界で働く理由を明確にしなければなりません。

転職活動の「面接」では、必ず志望動機が聞かれます。ここで、ハッキリとした志望動機を伝えなければ採用を勝ち取ることができないからです。

また、技術スキルだけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント経験も重要な要素となります。

これらについて解説しますので、しっかり理解しておいてください。

【超重要】ゲーム業界で働く理由を明確にする

あなたはなぜゲーム業界で働きたいと考えているのでしょうか?

ゲームのことを考えるのが好きだから。

ゲームのプログラムを作ってみたいから。

ゲームのデザインを作りたいから。

いろいろ心に思い描くことがあるかと思いますが「ゲームが好きだからゲーム業界で働きたい!」だけでは弱いです。

ゲーム業界を目指すと決めたなら「ゲーム業界で働かなければいけない理由」というところまで落とし込んで整理しておいてください。

自分のスキルや経験を存分に活かすには、ゲーム業界でなければいけない。

このようなことが明確に文章化できるぐらいでないと、面接で強くアピールすることができません。

特に社会人の場合、今のキャリアを捨ててまでゲーム業界に入ろうとする強い意志をアピールする必要があります。

ゲーム業界を目指す気持ちは誰にも負けないぐらい、気持ちを強く持てるよう事前に整理しておいてください。

ガメ

社会人でゲーム業界を目指すのは、新卒者と違ってハードルが高いです。誰にも負けない強い意志を持つことが重要になります。

必要な技術的スキルの習得

ゲーム業界で求められる技術スキルは、職種によって主に以下が求められます。

  • プログラマー:C#、C++、Javaなど、必要に応じたプログラミング言語を使ったプログラムスキル。ゲームエンジンの知識。
  • デザイナー:Photoshop、Illustrator、Mayaなど、デザイン作成ツールを使ったデザインスキル。ゲームエンジンの知識。
  • プランナー:ゲームの企画、仕様作成を考えるスキル。プランナーの作った仕様がゲームの善し悪しを決める。ゲームエンジンの知識があるとより良い。

目指す職種によって必要なスキルをしっかり身に着けておくことが必要です。

特に、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンは、デザイナーやプランナーでも実装を担当することがあります。

独学や専門学校、オンラインスクールなど、手段は何でも良いので、しっかり技術習得とレベルアップしてください。

ガメ

ゲーム業界に入るなら、一定レベル以上のスキルが必須です。企業に入ってから勉強しよう!という考えは甘いです。それでは採用されません。

技術的スキル以外に求められることの理解

技術的スキル以外で求められるスキルは主に2点。

  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力

どの職種にも必須となるのはコミュニケーション能力です。

ゲーム開発はチームで行われるため、チームメンバーと効率的に仕事を進めるためのコミュニケーション能力が必須となります。

また、社会人でマネジメント経験がある場合、ゲーム業界の転職市場において大きなアドバンテージとなります。

マネジメント経験は、チームやプロジェクトをリードする能力を示すものであり、特に大規模なプロジェクトではその価値が高まります。

ガメ

社会人の転職では、コミュニケーション能力とマネジメント経験を持っていると、強くアピールできますよ。

ゲーム業界の情報収集をする

ゲーム業界は新しい技術やトレンドが絶えず生まれるため、業界の動向を常に把握しておく必要があります。

業界ニュースサイトやブログを定期的にチェックして、最新の情報を得ることが重要です。

  • 世界で売れているゲームは何か。また、何が受けているか。
  • 海外ゲーム開発スタジオの状況。
  • ゲーム開発環境のトレンド。

これにより、新技術や業界のトレンド、求人情報などを把握できます。

また、ゲーム開発者コミュニティへの参加もおすすめです。

SNSやフォーラムで情報交換を行うことで、業界の人々から直接学ぶことができます。

ガメ

情報を知っておけばゲーム業界人と会話もスムーズに行えます。円滑なコミュニケーションのためにも、業界の状況は常に追っておきましょう。

ゲーム業界特化の転職エージェントを利用する

ゲーム業界の求人は、一般の求人情報より専門的要素が多くなります。

また、個人で求人情報を探しても、自分に合った求人がどれか選定するのが難しく、無駄に時間を浪費してしまうことも。

ゲーム業界の転職活動は、ゲーム業界特化の転職エージェントを利用することが成功への近道です。

ガメ

筆者も転職エージェントに手伝ってもらって、業界未経験から転職成功しています。

次は、転職エージェントが必要不可欠な理由と注意点を解説します。

転職成功には転職エージェントが必要不可欠

ゲーム業界への転職には、専門の転職エージェントを利用することがとても重要です。

社会人の転職活動で、一般応募から転職成功するには、かなり高いレベルのスキルを持つか、多くの業界経験が無いと不可能と言えます。

ガメ

筆者の会社では、社会人の一般応募で採用された人は1人もいませんでした。

ここでは、転職エージェントを使うことで転職活動が有利になるポイントを解説します。

転職活動をトータルサポートしてもらえる

転職エージェントは求人の提案だけでなく、転職活動に関するトータルサポートを受けることができ、転職活動をスムーズに進められます。

  • 履歴書の添削。
  • ポートフォリオの添削。
  • 面接対策。
  • 転職活動の各ステップで具体的なアドバイス。
  • キャリアプランの相談。

自分一人で求人探しから資料作成、面接対策まで準備しようとすると、大変な労力がかかりますよね。

それら全てのサポートをしてもらえるが転職エージェントです。

積極的に利用し、転職活動を有利に進めていきましょう。

ガメ

転職エージェントは全て無料で使えます(法律で決まっている)。お金の心配は不要なので、積極的に利用しましょう。

>>ポートフォリオを作るときのポイントを、こちらの記事でくわしく解説しています。ポートフォリオ作成時に参考にしてください。

>>志望動機の考え方や書き方も別の記事でまとめています。気になる方はこちらの記事をご覧ください。

非公開求人が転職成功へのカギ

転職エージェントが持つ「非公開求人」は一般の求人情報には出まわらない、特別な求人情報です。

非公開求人と条件がマッチすると、転職活動が圧倒的に有利に進められます。

条件さえ合えば、いきなり面接からスタートと言ったことも実際にあり、求人と求職者のマッチング精度が高くなることが特徴です。

ガメ

筆者もゲーム業界専門の転職エージェントから提案された非公開求人で転職に成功しました。

ゲーム業界特化の転職エージェントを選ぶ必要性

なお、転職エージェントを利用するときは、ゲーム業界に特化したエージェントを選ぶことが大切です。

一般的な大手転職エージェントなどは、登録した履歴から、ゲーム業界以外の求人も大量に提案されてしまいます。

不要な求人を見ても時間の無駄になるため、ゲーム業界特化の転職エージェントを利用し、ゲーム業界だけの求人を手に入れることが重要です。

ガメ

一般的な大手転職エージェントは求人数は多いけど、不要な求人も多くなるから注意してくださいね。

社会人でもゲーム業界への転職は無理ではない

この記事で紹介したように、社会人からゲーム業界へ転職するためには、企業が何を求めているかを理解しておく必要があります。

ただ「ゲーム業界で働きたい!」という理由だけでは、ゲーム業界に入るのは難しいのが現実です。

「なぜ自分がゲーム業界で働きたいのか」

「自分のスキルや経験が、ゲーム制作にどのように活かせるか」

「自分に足りないスキルや経験は何か」

これらをしっかり整理し、十分に対策をして転職活動に挑んでください。

ゲーム業界への転職は時間がかかるかもしれませんが、しっかり対策をすれば実現可能です。

この記事が、あなたの転職活動に役立ち、ゲーム業界へ入る手助けとなれば幸いです。

>>筆者がゲーム業界に転職したのは36歳。それまでの道のりをこちらの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

ゲーム業界専門の転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界専門で、特に有力な転職エージェントはこちら。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事

どこも簡単に無料で登録でき、気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

そのため、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職サイトAに登録されている企業が、転職サイトBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいけど、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるから、まずは3社ぐらいに登録して様子を見てみてください。

ガメ

筆者も転職エージェントにたくさん相談してたよ!


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次