第二新卒がゲーム業界への転職を成功させる具体的な行動計画

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
第二新卒者向け!ゲーム業界への転職を成功させる具体的な行動計画

第二新卒者がゲーム業界を目指す場合、新卒とは違った戦略をとらなければいけません。

企業は第二新卒者を新卒ではなく、社会人経験者として見るからです。

ガメ

社会人経験者として自覚することが重要。高いハードルを越える気持ちで活動してください!

本記事では、第二新卒者がゲーム業界への転職を成功させるための具体的な行動計画をまとめました。

自己分析から始まり、業界研究、履歴書・職務経歴書の作成、応募戦略の立案、そして面接準備に至るまで、あなたが転職活動を効果的に進めるための手順を紹介します。

ゲーム業界でのキャリアを夢見る第二新卒者が、自分の経験とスキルを活かし、希望の職場で働くためのガイドとして、ぜひ本記事をお役立てください。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事
目次

企業が第二新卒に期待する能力

採用担当者が第二新卒に期待する能力は、社会人経験と持ち前のスキルを如何に仕事に活かせるかです

ここでは、第二新卒に特に期待される能力と、これまでの経験をゲーム業界で活かす具体的な方法を掘り下げます。

問題解決能力

ゲーム開発は予測不可能な課題が常に生じるため、柔軟な思考で問題を解決できる能力が求められます。

第二新卒者はこれまでの就業経験を通じて、困難な状況をどのように乗り越えてきたか、そのプロセスを具体的に示すことで、問題解決能力をアピールする必要があります。

ガメ

仕事に問題発生は付き物。問題解決だけでなく、事前の予測と対処ができることも非常に重要です。

プロジェクト管理能力

ゲーム開発は複数の部門とチームメンバーの協力が必要なプロジェクトです。

そのため、ゲーム作成の計画を立て、スケジュール通りに進めることができる能力を持っているとゲーム制作がスムーズに進められます。

以前の職場でプロジェクトの計画立案、進行管理、チームコミュニケーションを経験していれば、それらの経験をどう活かせるかをアピールすることがとても重要。

特に期限内に成果を出すためのタイムマネジメントスキルは、高く評価されます。

ガメ

ゲーム業界はマネジメントできる人の需要がとても高い。チームのスケジュール管理ができるだけで、魅力的な人材と見られます。

コミュニケーション能力

開発チーム内外での効果的なコミュニケーションは、スムーズなプロジェクト進行に不可欠です。

第二新卒者は、これまでの経験から培ったコミュニケーションスキルを、チームワークの向上や問題解決のためにどう活用できるかを強調しましょう。

ガメ

ゲーム開発は沢山の人と協力して業務を進めます。あらゆる性格の人と円滑なコミュニケーションが取れることが成功への近道です。

技術的スキルと応用力

IT関連の職務経験がある場合、その技術的スキルをゲーム開発にどう活かせるかがカギとなります。

  • プログラミング言語の知識
  • ソフトウェア開発の経験
  • 情報を整理し、必要な時にすぐに取り出せる能力
  • 企画開発の経験
  • 営業経験

例えば上記のような具体的な技術を挙げ、それらがゲーム開発のどの段階で役立つかを示すことが効果的です。

ガメ

あなたが経験した業務や持っているスキルが、ゲーム開発のどの部分に活かせるか、しっかりまとめておきましょう。

クリエイティブな思考

ゲーム業界では、革新的なアイデアやユニークな視点が常に求められます。

これまでの職務で、どのようにして新しいアイデアを生み出し、プロジェクトやチームに貢献してきたかを共有することで、クリエイティブな思考をアピールできます。

これらの能力は、第二新卒がゲーム業界で成功するために不可欠です。

自身の経験を振り返り、これらの能力を具体的なエピソードと共に面接や履歴書、職務経歴書でしっかりとアピールしてください。

ガメ

企業は、あなたの社会人経験がどう活かせるか?に一番興味があります。熱意だけでなく、経験とスキルを存分にアピールしてください。

第二新卒がゲーム業界で活躍するための心構え

第二新卒者がゲーム業界への転職を成功させるためには、ただ情熱があるだけでは不十分です。

ここでは、第二新卒がゲーム業界で活躍するための心構えについて考えてみましょう。

目指すべき姿勢とは

まず、自らが目指す職種や役割に対する明確な理解と目標設定が必要です。

ゲーム業界は多岐にわたる職種が存在します。

  • プログラマー
  • デザイナー(2D、3D、UIなど)
  • プランナー
  • ディレクター
  • プロデューサー
  • 営業
  • デバッカー

自分が何をしたいのか、どういったスキルがゲーム制作に貢献できるのかを把握し、それに向けた準備を進めることが重要です。

ガメ

技術職だけでなく、ディレクターなどマネジメント系の人材不足が深刻です。そういった職種も視野に入れてみてください。

挑戦する精神を持つ重要性

ゲーム業界は常に新しい技術やアイデアが求められる分野です。

そのため、学び続ける姿勢とチャレンジ精神は必須と言えます。

技術的なスキルだけでなく、業界内での人間関係構築も重要です。

ゲーム業界への転職は、ただの職場変更ではなく、自分自身を成長させる絶好のチャンスになります。

この業界で働くことの厳しさと同時に、その醍醐味を十分に理解し、前向きな姿勢で日々の仕事に取り組むことが、最終的には大きな達成感へと繋がります。

ガメ

ゲーム業界は日々の開発に追われ、スキル向上が後回しになりがちです。それに慣れてしまうと成長が止まります。常にスキル向上を目指す気持ちが必要です。

転職意欲の誤解を払拭する

第二新卒者はキャリアの早い段階で転職を考えるため、転職を繰り返す可能性があると見られがちです。

そのため、長期的に企業に貢献する意欲が疑問視されることがあります。

そう思われないためにも「なぜゲーム業界で働く必要があるのか?」を明確に答えられるようにしておきましょう。

ガメ

第二新卒者は新卒者よりハードルが高いと考えてください。自分の考えをハッキリ話せるように、しっかりまとめる必要があります。

必要なスキルと経験を理解する

ゲーム業界への転職を目指す第二新卒者にとって、業界特有のスキルや経験を理解し、身につけることは非常に重要です。

ここでは、ゲーム開発に関わる基本的なスキルセットと、それらを習得するためのアプローチについて説明します。

ゲーム開発に求められる基本スキル

  1. プログラミングスキル
    ゲーム開発には、C++やC#、Javaなどのプログラミング言語に対する理解が必要です。特に、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを扱えることが求められることが多いです。
  2. グラフィックデザインスキル
    ゲーム開発には、C++やC#、Javaなどのプログラミング言語に対する理解が必要です。特に、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを扱えることが求められることが多いです。
  3. サウンドデザインスキル
    ゲーム内の音楽や効果音の制作に関わるスキル。音楽理論の知識や、DAW(Digital Audio Workstation)ソフトの操作スキルが求められます。
  4. ゲームデザインスキル
    ゲームのルールやシステム、ストーリーを設計するスキル。クリエイティブな発想とともに、ユーザー体験を深く理解する視点が必要です。
  5. コミュニケーション能力
    ゲーム開発はチームで行われることが多く、他の開発メンバーとの円滑なコミュニケーションが欠かせません。
  6. スケジュール管理能力
    ゲーム開発のスケジュールは、非常にタイトです。スケジュールが遅れると、開発全体へ悪影響が出てしまうため、スケジュール管理能力は必須です。
ガメ

特に⑤、⑥は仕事をする上で必須です。個人で仕事をしている訳ではないので、意識しておきましょう。

スキル習得のためのアプローチ

  • オンラインスクールや専門学校での学習
    プログラミングやデザインなどの技術を学ぶためのオンラインコースや専門学校が多数存在します。実践的なスキルを習得することができます。
  • 個人開発プロジェクト
    実際にゲームを開発してみることで、理論だけでは学べない実務経験を積むことができます。ポートフォリオとしても有効です。
  • 業界イベントやセミナーへの参加
    業界の最新トレンドや技術情報を得るとともに、人脈作りの機会としても有効です。

ゲーム業界への転職は競争が激しいですが、必要なスキルと経験をしっかりと理解し、積極的に自己成長に努めることで、成功への道を切り開くことができます。

ガメ

人脈作りはとても大切。友人、知人に関係者がいると良いですね。ゲーム関係者と知り合うと有利になります。

仕事をしながら独学するならUdemyが使いやすいです。頻繁にセールをしているので、価格が下がった時を狙って受講してみてください。

30日間の返金保障あり!

社会人でも通えるゲーム系専門学校なら総合学園ヒューマンアカデミー。まずは資料を取り寄せて、受講内容や習得期間を確認してみましょう。

\まずは資料を取り寄せて確認!╱

経験の積み方

第二新卒者にとって、経験を身につけるためには以下のようなアプローチが考えられます。

  • プロジェクトへの参加:学生時代や趣味の範囲でのプロジェクト参加も、実務経験として評価されることがあります。オンラインでのコラボレーションツールを利用して、国内外のプロジェクトに参加してみましょう。
  • 資格取得や継続学習:技術的なスキルを認証する資格の取得や、オンラインコースでの学習を通じて、専門知識を深めることができます。
  • ポートフォリオの作成:自分が関わったプロジェクトや、個人で作成した作品をまとめたポートフォリオは、転職活動において強力な武器となります。

ゲーム業界への転職は競争が激しく、経験を持っている人が優位に立ちます。

ガメ

他の応募者との差別化を図るためには、ゲーム制作経験をしておくと有利です。ただゲームを作るだけでなく、スケジュールやチームマネジメントも経験しておくと良いですね。

ゲーム業界特化の転職エージェントの活用法

ゲーム業界への転職を目指す第二新卒者にとって、業界特化の転職エージェントの活用は非常に有効です。

ガメ

ゲーム業界の転職には、転職エージェントは必須レベルです。筆者も転職エージェントを使ってゲーム業界に入っています。

ここでは、その理由と最適な活用方法について説明します。

なぜゲーム業界特化の転職エージェントが有効なのか

  1. 非公開求人の紹介
    多くのゲーム会社では、一般には広く知らされていない、特定の方法を通じてのみ知ることができる仕事の情報が存在します。転職エージェントを利用することで、これらの求人情報にアクセスすることが可能になります。
  2. 業界知識が豊富
    ゲーム業界に特化したエージェントは、業界の動向、職種の特性、必要なスキルセットなどに関する豊富な知識を持っています。そのため、個々の求職者に合ったアドバイスを提供することができます。
  3. キャリアアドバイス
    転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動全般にわたってサポートを提供します。特に業界未経験者や第二新卒者にとって、このようなサポートは非常に役立ちます。
ガメ

ゲーム業界の求人は常に変化しています。転職エージェントしかもっていない情報を知るには非公開求人がポイントです。

転職エージェント選びのポイント

  • ゲーム業界特化
    ゲーム業界に特化したエージェントを選んでください。業界特有のニーズに精通しているエージェントであれば、より具体的かつ有効なアドバイスがもらえます。
  • 実績と信頼性
    業界内での実績や信頼性が高いエージェントを選ぶことが重要です。口コミやレビューを参考に、実際に転職成功者からの評判を確認しましょう。
  • 対応の丁寧さ
    エージェントとの初回相談時に、自分の希望や状況をしっかりと聞いてくれるか、親身になってアドバイスをくれるかなど、対応の丁寧さも重要なポイントです。
ガメ

一般の転職サイトより、ゲーム業界特化のエージェントを選びましょう。

成功のための転職エージェント活用術

  • 積極的なコミュニケーション
    自分のキャリアプランや希望条件を明確に伝え、定期的にエージェントと連絡を取り合うことで、より適切な求人を紹介してもらいやすくなります。
  • フィードバックの活用
    エージェントからのアドバイスやフィードバックは積極的に活用しましょう。特に面接対策では、業界特有のポイントに注意を払うことが重要です。
  • 複数のエージェントの活用
    一つのエージェントに限定せず、複数のエージェントを利用することで、より多くの情報やチャンスを得ることができます。
  • スカウト型も利用する
    転職エージェントには、スカウト型エージェントがあります。求人を探すタイプと企業からスカウトが来るタイプを併用することで、企業から見つけてもらう確率を高められます。

ゲーム業界特化の転職エージェントを上手く活用することで、第二新卒者は希望するゲーム業界での転職を実現しやすくなります。

ガメ

ゲーム業界特化のエージェントで、3社ぐらいに登録しておくと良いですよ。そのうち1社はスカウト型に登録しておきましょう。

面接対策:あなたの熱意を伝える方法

第二新卒者がゲーム業界に転職を考える際、ただ単に熱意があるというだけでは不十分です。

特に第二新卒者は、早期離職者と見なされるため、現在の職を辞めてまでゲーム業界に入りたいと思う強い動機とその理由を明確に伝える必要があります。

これは、新卒時の転職市場への参入よりも大きなハンディキャップを乗り越えなければならないという意識で臨むほど重要なポイントです。

面接時には、ゲーム業界に特化した自分のキャリアビジョンを示すことで、単に仕事を変えたいのではなく、ゲーム業界での実現したい目標があることを強調する必要があります。

それには、以下のポイントを抑えた回答が効果的です。

ゲーム業界を選ぶ強い動機

  • 個人の経験から生まれた熱意を伝える: 自身が過去にプレイしたゲームから受けた影響や、ゲームがもたらした価値観の変化など、個人的なエピソードを通じて自分にとってゲームとは何かを伝えてください。
  • 業界への深い理解と専門知識: ゲーム業界の現状、トレンド、技術的な進歩についての知識を示し、業界への深い関心と理解をアピールすることが大事です。
  • 明確なキャリア目標の設定: ゲーム業界で実現したい具体的な目標や夢を持ち、それを達成するために、なぜゲーム業界でなければならないのかを説明してください。
  • これまでの経験をゲーム業界でのキャリアにどうつなげるか: 過去の職歴や学んだスキルが、ゲーム業界でどのように活かせるかを具体的に話し、ゲーム業界への転職意欲の根拠を明確にしましょう。
ガメ

ゲーム業界で働きたいだけでは不十分。なぜゲーム業界でなければいけないのか?まで深堀しておくことが必要です。

具体的な例文

ゲームはずっと私の心をわくわくさせてくれるものでした。特に「[ゲーム名]」で遊んだとき、[具体的な体験や考え]を学びました。

ゲームを通じて、自分が体験・経験したことをたくさんの人に伝えたい。また、自分が制作にかかわったゲームで人を楽しませることを仕事にしたい。

そんな考えから、私はゲーム業界で働きたいと強く思うようになりました。

過去に経験した[具体的な職歴や経験]も活かして、もっと面白く心に残るゲームを作り出していきたいです。

自分の夢を具現化するために、ゲーム業界に入りたいと心から願っています。

このように、あなたが持つゲーム業界への熱意を具体的なエピソードや目標をもって伝えることで、面接官に強い印象を残せます。

あなたと企業にとって、一緒に働くことが有益になるということが伝わるように、しっかり準備をしておきましょう。

ガメ

面接ではスキルの説明はもちろん、社会人で経験し成長したこともしっかり伝えてください。また、成功事例だけでなく、上手く行かなかった経験も整理しておくと会話を広げるきっかけになりますよ。

転職成功者から学ぶ、キャリア形成のヒント

転職成功者の話からは、転職活動の実践的なヒントや助言を得ることができます。

ここでは、転職成功者たちが共有しているポイントを紹介します。

ガメ

筆者の経験もふまえ、ヒントをまとめました。

自己分析を徹底する

自分が何を求め、どのような環境で働きたいのか、そして自分の長所や短所は何かを深く理解しておくことが大切です。

自己分析を通じて、自分に合ったゲーム会社を見つけることができます。

自分が将来なっているべき姿を、明確に描きましょう。

場合によっては友人や知人、転職エージェントにキャリア相談をすると、思わぬヒントがもらえることがあります。

ガメ

筆者の場合、デザイナーを目指していましたが、転職エージェントからの提案でディレクターとして業界に入りました。

業界研究を怠らない

ゲーム業界は日々進化しています。最新のトレンド、技術、市場の動向を常にチェックし、それらの知識を自分のキャリアプランに生かすことが重要です。

業界の専門家や情報源を確認し、業界知識を深めておきましょう。

ガメ

どんなゲームが人気なのか。どのようなエンジンが使われるのか。業務効率化のプラグインなど、多岐に渡る情報収集をして、置いて行かれないようにしてください。

人脈を活用する

人脈の構築はキャリア形成において非常に有効です。

業界イベントやセミナーに積極的に参加したり、SNSを活用して業界のプロフェッショナルと交流を試みてください。

業界人とつながると、貴重な情報やアドバイスを得られ、転職活動でも有利になります。

ガメ

1人でも業界人とつながると、とても濃い情報が得られます。将来的な人脈作りにもつながるので、イベントやセミナーには積極的に参加してください。

継続的なスキルアップ

ゲーム業界は流れが速く、持っている知識はすぐに古くなります。

技術的なスキルや専門知識は、ゲーム業界で生き残るために不可欠。

プログラミング、デザイン、プロジェクト管理など、関連するスキルを継続的に学び、向上させることが必須。

また、継続的にスキルアップすることが、キャリアアップにつながります。

ガメ

最近はAIも活用され出し、日進月歩で技術が向上しています。業務と平行するスキルアップは大変ですが、日々勉強が必要ですね。

失敗を次に生かす

転職活動は必ずしも一発で成功するとは限りません。

不採用になった理由を、次の応募に活かしましょう。

企業によっては不採用理由を教えてもらえませんが、転職エージェント経由の場合は聞き出してもらうことが可能な場合があります。

不採用理由を聞き出し、対策を練ってから次の応募に挑むことで勝率を上げていってください。

ガメ

不採用理由を聞くのは怖いですが、自分を磨き上げるためにもしっかり聞き出しましょう。

筆者のガメが未経験からゲーム業界に転職した流れを、こちらの記事で紹介しています。

リアルな転職活動内容を書いているので、参考にしてください。

転職を成功に導く行動計画

ゲーム業界への転職を成功させるためには、計画的に行動することが非常に重要です。

第二新卒者が転職活動を効率的かつ効果的に進めるための行動計画を以下に示します。

STEP
キャリア目標の明確化
  • 今の仕事には何が足りないのか。何が達成できないのかを書き出す。
  • 自分がゲーム業界で何を達成したいのか、どのようなポジションで働きたいのかを具体的に書きだしましょう。
  • 長期的なキャリアビジョンと、それを実現するための短期的な目標を設定してください。

3年後、5年後、10年後の3ステップに分けて、将来の目標やどうなっていたいかを書き出すとよいでしょう。

STEP
スキルと経験の棚卸し
  • これまでに培ったスキルと経験をリストアップし、ゲーム業界での転職にどのように活かせるかを検討します。
  • 足りないスキルがあれば、それを補うための学習計画を立ててください。

異業種であっても、ゲーム業界で役立つ知識や経験が必ずあります。

自分が経験したことを全て書き出し、ゲーム業界や仕事の進め方で活かせる部分をまとめてください。

技術的スキルで習得しなければいけない物がある場合、専門学校やオンラインスクールなども検討です。

スキル習得にどれぐらい時間や費用がかかるか調査してください。

STEP
業界研究と情報収集
  • ゲーム業界の最新トレンド、求められるスキル、自分が注目する企業などに関する情報を収集します。
  • 業界のセミナーやイベントに参加して、業界知識を深めるとともに、人脈作りの機会を増やします。

業界のセミナーやイベントが都心部でしか開催されておらず、なかなか参加できない場合もあります。

しかし、ゲーム業界を目指すなら一度は時間を取って参加してみてください。

業界人と話ができる、とても重要な時間になることは間違いありません。

STEP
履歴書・職務経歴書の作成
  • ゲーム業界でのポジションを念頭に置き、履歴書・職務経歴書を作成します。
  • 自己PRやキャリア目標を明確にし、これまでの経験がゲーム業界でどのように価値を発揮できるかを具体的に記入しましょう。

履歴書・職務経歴書は時間をかけて丁寧に作成してください。

企業は作り上げた資料を見て、初回の判断をします。この時点で不採用になると、それ以上話ができません。

自分はゲーム業界で働かなければいけないという、強い意思表示ができる資料作成をしましょう。

STEP
応募戦略の立案
  • 目指す企業やポジションに合わせて、応募戦略を練ります。
  • ゲーム業界特化の転職エージェントを利用し、自分のキャリアプランをしっかりと伝え、適切なアドバイスを求めてください。

「この企業なら、少しズラしたポジションだと入りやすい」

「希望するポジションによっては、正社員ではなく契約社員なら難易度が下がる」

このように、目指す企業やポジションによって、少し調整を入れることで採用難易度を下げることも可能です。

このような調整を自分だけで行うことは難しく、業界のことを深く知っている転職エージェントに相談することが何よりも近道です。

自分一人で行動するだけでなく、転職エージェントも使いながら活動することで、求人に無い人材募集にマッチすることがあります。

ゲーム業界への転職活動は、転職エージェントにも相談しながら進めていきましょう。

STEP
面接準備
  • 面接での質問に対する回答を準備し、特に「なぜゲーム業界を選んだのか」「どのような価値を企業にもたらせるか」についての具体的な回答を用意します。
  • シミュレーション面接を行い、自信を持って面接に臨めるように準備してください。

面接は緊張するものです。

緊張で自分の意思が伝えきれないことも予想されるので、事前のシミュレーションはしっかり行っておきましょう。

面接のことを良く知っている知人がいれば、どのように対策するか聞くと良いですね。

また、転職エージェントは面接対策もしてくれるので、相談してみると良いでしょう。

STEP
フィードバックの活用と修正
  • 面接や選考のフィードバックを積極的に求め、自己改善に活かします。
  • 不採用となった場合でも、その経験を次に生かし、計画を見直して改善策を講じます。

個人での応募の場合、企業から不採用理由を教えてもらえない場合があります。

そのような状況を避けるためにも、転職エージェントを通した応募をしてください。

エージェントを通した応募の場合、不採用理由を聞き出せる確率がグッと高くなります。

書類選考や面接で不採用になったからと言って、ゲーム業界への道が閉ざされたわけではありません。

不採用になった理由を聞き、次の応募に活かしていきましょう。

第二新卒の転職活動は、簡単には成功しません。

継続的な努力と計画的なアプローチが成功への鍵です。

自分自身を信じて、一歩一歩前進していきましょう。

ガメ

ゲーム業界で活躍する姿を想像し、夢に向かって具体的に行動してください。必ず成功する道があるので、自分を信じてくださいね!

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

ゲーム業界専門の転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界専門で、特に有力な転職エージェントはこちら。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事

どこも簡単に無料で登録でき、気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

そのため、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職サイトAに登録されている企業が、転職サイトBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいけど、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるから、まずは3社ぐらいに登録して様子を見てみてください。

ガメ

筆者も転職エージェントにたくさん相談してたよ!


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次