ゲーム業界転職成功の秘訣!営業職への道

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界転職成功の秘訣!営業職への道

ゲームが大好きで、その熱い情熱を仕事にしたいあなたに向けて、営業職としてゲーム業界に転職するための秘訣をお届けします!

「ゲーム業界で働きたい!」その夢、実は思ったよりも遠くないんです。

今日は、ゲーム業界での営業職について、どのようなスキルが求められ、どうすればその職に就けるのかを、一緒に探っていきましょう!

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事
目次

ゲーム業界で営業職に転職するための第一歩

ゲーム業界への転職を考える際、まず知っておくべきは「ゲーム業界の営業職って、どんな仕事なの?」ということです。

ゲーム業界の営業職は、ただの売り込みだけが仕事ではありません。

新しいゲームの提案から、受託案件の獲得、販売戦略の立案、パートナーシップの構築に至るまで、多岐にわたる仕事をします。

そして、これらの業務をこなすには、ゲーム業界特有の知識だけでなく、確固たるビジネススキルも必須です。

営業職の具体的な業務の例

自社開発と自社パブリッシュをしている大手企業にも営業職はありますが、ここでは主にゲーム開発企業(デベロッパー)の営業職について説明します。

ゲーム制作会社は一般の商社やメーカーと違い、最初から売れる物(ゲームや独自技術)が無いことがほとんどです。

主な業務として以下が挙げられます。

  • プログム制作の請負
  • グラフィックデザイン制作の請負
  • ゲーム制作の請負
  • ゲームの企画提案
  • 売り上げ管理

ゲーム業界は開発会社(デベロッパー)同士のつながりがあり、常にプログラマーやデザイナーの貸し借りが発生しています。また、パブリッシャーへのアプローチや売り上げ管理なども行います。

例えばこのような営業を行います。

  • 2月から4月の3か月間、3Dデザイナー2名の手が空くから、モデリングの仕事がを探す。
  • 8月から6か月、プログラマー1名を他社プロジェクトに出向させる仕事を探す。
  • パブリッシャーに自社開発実績を売り込み、ゲーム開発の仕事を請け負う。
  • パブリッシャーへ企画提案を行う。

ゲーム開発の仕事を請け負う窓口業務だけではありません。手が空きそうな開発メンバーが対応できる部分的な仕事を探すことも、営業マンの仕事になります。

ガメ

仕事を取るためには、自社の強みや人材の特徴、ゲーム業界の企業情報など多岐に渡る知識が必要です。

ゲーム業界の営業職に求められるスキルセット

ゲーム業界の営業職には、主に次のようなスキルが求められます。

  • 業界知識:ゲーム業界のトレンド、市場動向、競合分析能力が必要です。この業界は常に変化しているため、最新の情報をキャッチアップする好奇心と学習意欲が重要になります。
  • ゲーム制作知識:ゲームがどのように作られるか。どのようなツールやプログラム言語がが使われるかなど、ある程度の知識が無いと、クライアントとの話ができません。
  • ビジネススキル:交渉力、プレゼンテーション能力、マーケティング知識など、ゲームを「売る」ための基本的なビジネススキルが求められます。
  • コミュニケーション能力:開発者やクライアントとの橋渡し役として、明確で効果的なコミュニケーションが不可欠です。

ビジネススキルやコミュニケーション能力は、他業界での営業経験からも転用できるものが多いため、ゲーム業界未経験者でもチャレンジしやすい部分があります。

しかし、ゲーム業界特有の知識や文化を理解し、共感できることが、成功への大きな鍵となります。

ガメ

信頼関係を築くには、クライアントから技術的な質問があっても、即答できるぐらいの知識が必要だよ。

ゲーム業界の知識とビジネススキルの重要性

ゲーム業界で営業職として活躍するためには、ただ単にゲームが好きという情熱だけでなく、具体的な業界知識とビジネススキルが不可欠です。

例えば、最新のゲームトレンドを把握し、それをもとに販売戦略を立案する能力は、ゲーム業界の営業職にとって重要なスキルセットの一つです。

  • 流行っているゲーム
  • ゲーム制作で主流のゲームエンジン
  • プログラミング言語の特徴
  • ゲーム業界のパブリッシャーとデベロッパー
  • 他社の企業文化や人月単価など

営業だからと言って技術的な知識が不要ということはありません。

営業だからこそ、交渉で優位に立つためにゲーム制作に関する知識が重要になります。

また、クライアントやパートナーとの交渉では、確かなビジネススキルが必要です。

これらのスキルを身に付けることで、ゲーム業界でのキャリアを築く土台となるので、積極的に勉強しましょう。

>>ゲーム業界のパブリッシャーとデベロッパーの関係について、こちらの記事で詳しく解説しています。ゲーム業界を目指すなら、それぞれの役割をしっかり把握していてください。

エンタメ業界への転職準備:スキルと経験の棚卸し

ゲーム業界への転職を目指すにあたり、まずは自身のスキルと経験の棚卸しから始めましょう。

自己分析を行うことで、ゲーム業界のどのポジションが自分に適しているか、また、どのようなスキルを磨くべきかが見えてきます。

エンタメ業界、特にゲーム業界では、単に営業といっても求められるスキルセットは多岐にわたります。

自分が持っているスキルと、ゲーム業界で求められるスキルを照らし合わせてみましょう。

自己分析と市場ニーズのマッチング方法

自己分析を行う際には、以下の点を考えてみてください。

  • 過去の経験から得たスキル:これまでの職歴からどのようなスキルが身についたか。例えば、顧客との交渉経験、プロジェクトマネジメントの経験など。
  • ゲーム業界で活かせる趣味や特技:ゲームをプレイすること以外に、ゲーム業界で活かせる特技はあるか。例えば、ブログやSNSでゲームのレビューを書くことが得意、プログラムの知識があるなど。
  • 学びたいと思うスキルや知識:ゲーム業界に転職することで、身につけたいスキルや知識は何か。

この自己分析を通じて、自分の強みと弱みを明確にし、ゲーム業界でのポジショニングを考えましょう。

ガメ

自己分析は頭で考えているだけでは難しい。雑でもいいので、紙に書きだすことが重要だよ!

ネットワーキングと情報収集の重要性

ゲーム業界への転職準備では、ネットワーキングと情報収集が非常に重要になります。

業界の最新動向を知ること、そして業界内での人脈を築くことは、転職活動において大きなアドバンテージとなります。

ゲーム業界のイベントやセミナーに参加する、SNSで業界関係者と積極的に交流するなど、さまざまな方法でネットワーキングを行いましょう。

また、業界のニュースサイトやブログをフォローすることで、市場のトレンドや求人情報を得ることができます。

ガメ

営業は情報戦。常に情報が取れる体制を作ってかないと、業界の流れに置いて行かれちゃう!

ゲーム業界転職のための具体的戦略

さて、エンタメ業界、特にゲーム業界への転職を成功させるためには、ただ情熱を持っているだけでは不十分。

具体的な戦略を立て、計画的に行動することが重要です。

では、どのような戦略を立てれば良いのでしょうか?ここでは、ゲーム業界転職のための行動計画と、効果的な転職エージェントの利用方法についてお話しします。

キャリアチェンジ成功のための行動計画

ゲーム業界への転職を実現するための行動計画を立てる際には、以下のステップが効果的です。

  • 目標設定: 自分がゲーム業界で何をしたいのか、どのようなポジションで働きたいのかを明確にしましょう。これがあなたの転職活動の指針となります。
  • 市場調査: ゲーム業界の現状、求められるスキル、有利に働く経験などをリサーチします。業界のニーズを理解することで、自身が学ぶべきことや強化すべきポイントが見えてきます。
  • スキルアップ: 不足しているスキルがあれば、積極的に学習しましょう。オンラインコースの受講や関連資格の取得など、自己投資を惜しまない姿勢が大切です。
  • ネットワーキング: 業界の人脈を築くことは、転職活動において非常に重要です。イベント参加やSNSを通じて、業界関係者との関係を深めていきましょう。
  • 転職活動: 履歴書や職務経歴書の準備、求人の応募、面接対策など、具体的な転職活動を開始します。転職活動には、ゲーム業界に特化した転職エージェントの存在が必要不可欠です。

ゲーム業界は部分的に閉鎖的な業界です。一般的な求人情報だけでは、なかなか転職を成功させることができません。

ではどのように転職活動を進めれば良いのでしょうか?

ゲーム業界の転職活動には、ゲーム業界に特化した転職エージェントの存在が不可欠です。

次に、転職エージェントとの上手な付き合い方について説明をしていきます。

転職エージェントとの上手な付き合い方

ゲーム業界への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用も一つの有効な手段です。

転職エージェントは、業界の最新情報や非公開求人を提供してくれるだけでなく、履歴書の添削や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてくれます。

しかし、転職エージェントとの上手な付き合い方が求められます。

  • 複数のエージェントを活用する: 一つのエージェントに依存せず、複数のエージェントを上手に使い分けることで、より多くの情報とチャンスを得られます。
  • 自分の目標と条件を明確に伝える: エージェントには自分のキャリア目標や転職条件をはっきりと伝えましょう。そうすることで、エージェントもあなたに最適な求人を紹介しやすくなります。
  • 積極的なコミュニケーションを心がける: 定期的にエージェントと連絡を取り、状況のアップデートや相談を行うことが重要です。自分から積極的に動くことで、エージェントもあなたの転職活動に対して前向きに取り組んでくれます。
ガメ

転職エージェントは基本3つ。多くて5つまでにすること。それ以上登録すると、管理ができなくなったり、ブッキングで事故が起こるよ!

ゲーム業界の転職に、転職エージェントが必要不可欠な理由や上手な付き合い方を、こちらの記事でくわしく解説しています。ぜひ参考にしてください。

ゲーム業界転職後のキャリア形成

転職して新たにゲーム業界に足を踏み入れたあなた、おめでとうございます!でも、ここからが本当の挑戦です。

ゲーム業界で長く、そして充実したキャリアを築くためには、どのような点に注意し、どのような行動を取るべきでしょうか?

ここでは、ゲーム業界でのキャリアパスの描き方と成長戦略、そして働く魅力と注意点について掘り下げていきます。

ゲーム業界でのキャリアパスと成長戦略

ゲーム業界で成功するためには、自分自身のキャリアパスを明確に描くことが重要です。

特に、営業職としてスタートした場合、開発やマーケティング、プロジェクトマネジメントなど、様々なキャリアの道が開かれています。

  • 継続的なスキルアップ: ゲーム業界は技術の進化が早く、トレンドも常に変わります。そのため、最新の知識を常に学び続ける姿勢が必要です。定期的に関連セミナーや講座に参加し、スキルセットをアップデートしましょう。
  • メンターの存在を活用する: 業界内で経験豊富なメンターを見つけ、キャリア形成に関するアドバイスを求めることも一つの戦略です。メンターからのフィードバックは、自身の成長にとって非常に貴重なものになります。
  • 目標設定とフィードバックの循環: 短期的、中期的、長期的なキャリア目標を設定し、定期的にその達成度をチェックしましょう。また、上司や同僚からのフィードバックを積極的に求め、自己改善につなげていくことが大切です。

ゲーム業界で働く魅力と注意点

ゲーム業界で働く魅力は、何と言っても「好きなことを仕事にできる」点にあります。

しかし、その反面、プロジェクトによっては長時間労働が求められることもあります。

また、業界特有のスピード感に対応するための柔軟性も必要です。

  • ワークライフバランスの重要性: 働き方には個人差がありますが、長時間労働が常態化しないよう注意しましょう。健康管理と仕事の質を保つためにも、適切なバランスが必要です。
  • 変化に対応する柔軟性: ゲーム業界では新しい技術やトレンドが次々と生まれます。変化に柔軟に対応し、常に学び続ける姿勢が求められます。

ゲーム業界でのキャリアは、熱意と努力次第で無限の可能性があります。

自分自身のキャリアパスをしっかり描き、業界での成功を目指しましょう!

ゲーム業界の営業職でも技術的スキル知識は必要です

ゲーム業界への転職は、多くの人にとって夢のようなキャリアチェンジです。

しかし、この夢を現実に変えるためには、情熱だけではなく、具体的な戦略と準備が必要です。

この記事では、ゲーム業界で営業職に転職するための第一歩から、転職後のキャリア形成まで、段階を追って解説しました。

まず、ゲーム業界の営業職とはどのようなものか、求められるスキルセットについて理解し、自身のスキルと経験を棚卸しすることが重要です。

次に、具体的な転職戦略を立て、転職エージェントとの上手な付き合い方を学びました。そして最後に、ゲーム業界でのキャリアパスをどのように描き、成長していくかについての指南をしました。

ゲーム業界で成功するためには、継続的なスキルアップ、効果的なネットワーキング、そして自己のキャリアパスに対する明確なビジョンが不可欠です。

また、転職後のキャリア形成では、ワークライフバランスの維持と変化への柔軟な対応も重要となります。

この記事が、ゲーム業界への転職を夢見る皆さんの一助となり、皆さんが成功への道を歩み出す勇気と情報を提供できたなら幸いです。

ゲーム業界での新しいキャリアに向けて、最初の一歩を踏み出しましょう!

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが成功への近道になります。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、会社の採用担当者にどのような人材が求められているか、詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入ります。

ガメ

実際、ガメも転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

ゲーム業界に特化した、とても有力な転職エージェントはこちら。

ゲーム業界の転職には、この3社を要チェック!

ゲーム業界特化の転職エージェント3選
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
【登録必須】
ゲームキャリアスカウト
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分では見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
オファーを待つ転職で、転職活動の幅を広げられます。
ゲーム業界の転職なら登録必須です。
ゲームキャリアスカウトの紹介記事
ランキング2位
シリコンスタジオエージェント
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲームに精通したシリコンスタジオは、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
シリコンスタジオエージェントの紹介記事
ランキング3位G-JOB 公式サイト
G-JOB エージェント
ゲーム業界の求人数No1の実績。
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
G-JOBの紹介記事

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、筆者がディレクターのときに転職エージェントの担当者と話をしましたが、その担当者がゲーム制作のことに詳しかった。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

効率よく転職エージェントを活用するには3社に登録する

転職エージェントは3社ぐらいに登録しておくといいですよ。

なぜなら、全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではないからです。

また、非公開求人も、転職エージェントによって内容が異なります。

そのため、転職エージェントに3社ぐらい登録しおくとだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえるんです。

3社以上に登録してもいいですが、問題も出てきます。

  • 紹介先が被る。
  • メールや電話が多くなり、管理が大変。
  • 同じ企業に応募してしまうなど、事故が起きる可能性。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。

ガメ

ガメは6社登録して、けっきょく3社だけとやり取りしてましたね。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次