中途転職者がゲーム業界で成功する秘訣!経験者が語る3つのポイント

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
中途転職者がゲーム業界で成功する秘訣!

ゲーム業界への中途転職は魅力的な一方で、多くの挑戦と課題があります。

本記事では、経験者の筆者(ガメ)が以下の3つを解説。

  • ゲーム業界に中途採用で入る意義
  • ゲーム業界で成功するための戦略
  • ゲーム業界で成功するためのアドバイス

具体的なスキル要求や働き方、そして求人情報の探し方など、中途転職を考えている方必見の内容となっております。

ゲーム業界で成功するための秘訣からキャリアパスの展開など、中途転職を成功させるための全体像を把握することができるでしょう。

最後には、ゲーム業界で成功するために最も大切な要点もお伝えします。どうぞ最後までご一読いただければと思います。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

ゲーム業界に中途採用で入る意義

中途採用を考える

この章では、ゲーム業界に中途採用で入る理由や意義について詳しく解説します。

具体的には、ゲーム業界が他の業界と何が違い、どのような魅力があるのかを明らかにします。

さらに、中途採用としてこの業界に入る場合のメリットとデメリットについても触れます。

なぜゲーム業界なのか

ゲーム業界には他の業界にはない魅力が数多く存在します。

  • クリエイティブ性:様々なスキルを使って一つの作品を作るため、高い創造性が発揮できます。
  • グローバル展開:ゲームは国際的な市場があり、世界中に影響を与えることができます。

クリエイティブ性

その大きな理由の一つが、クリエイティブな要素が多く含まれている点です。

ゲーム開発は、多種多様なスキルが発揮できる業界です。

  • プログラミング
  • グラフィックデザイン
  • 音楽
  • ストーリーテリング
  • マネジメント

異業種で得た経験も活かせる可能性が高く、中途採用でも成功するチャンスがたくさんあります。

グローバル展開

ゲーム業界は急速に成長しており、エンターテイメントとして将来無くなることは考えられません。

また、新しい技術が次々と導入されており、年齢に関係なく習得するチャンスがあります。

この点も、技術者やクリエイターにとっては大きな魅力と言えるでしょう。

中途採用のメリットとデメリット

中途採用でゲーム業界に入る際のメリットもいくつかあります。

  • 向上心:新しい環境でのやる気が強く、急速なスキル向上が見込めます。
  • 社会人マナー:社会人経験のある人は、ある程度マナーが備わっています。
  • 知識が発揮できる:異業種で経験したことを活かせるシーンが多々あります。これは、新卒や経験の浅い人にはできないことです。

まず、向上心が高い点。新しい環境で即戦力として働くため、急速に成長することが期待できます。

その他、新卒の新人より社会人経験がある分、マナーやコミュニケーションの点では有利になることは間違いありません。

一方で、デメリットも存在します。

  • 専門知識:業界特有の知識やスキルが求められる場合があります。
  • 労働環境:一部の企業では長時間労働が常態化している可能性があります。
  • 未経験者採用:未経験の場合、採用されにくい傾向があります。

業界特有の専門知識が必要な場合や、長時間労働が常態化している企業も少なくありません。

さらに、未経験者が採用されにくいのも事実です。

ガメ

中途採用は即戦力として活躍できるチャンスだよ。でも、業界特有のハードルもあるから、しっかりと準備して挑む必要があるんだよ!

ゲーム業界で中途採用者が発揮するべき能力

可能性

この章では、ゲーム業界で中途採用が発揮するべき能力について解説します。

具体的には、どのようなスキル必要か、また働き方について触れていきます。

仕事内容:ゲーム業界で活かせるスキル

ゲーム業界で働く上で必要な基本スキルや資質は多岐にわたります。

  • プログラミング:特にC++やUnityなど、ゲーム開発でよく用いられる言語を理解していること。
  • デザイン:グラフィックデザインやUI/UXデザインなど。
  • コミュニケーション:チーム内外と効果的に意見を交換できること。
  • マネジメント:プロジェクトの進行管理やチームメンバーの指導ができる能力。

特に中途採用の場合、マネジメントスキルがほぼ必須です。

マネジメントスキルを発揮するには、コミュニケーションスキルも必要になります。

中途採用だかこそ活かせる能力を発揮するためにも、リーダーやマネジメント経験はしておくべきです。

働き方:ゲーム業界のワークスタイル

ゲーム業界の働き方は企業によって異なりますが、最近ではリモートワークも増えてきました。また、フレックス制度を導入している企業もあります。

  • リモートワーク:状況によっては自宅での作業も可能です。
  • フレックス制度:勤務時間が選べる場合もあります。
  • オフィス環境:開放的な空間や、集中できる個室など、多様なオフィスが存在します。

特に、リモートワークやフレックス制度がある会社では、自己管理能力がとても重要です。

社会人経験者として自己管理能力を発揮し、会社から管理しやすい人材と思われることも、ゲーム業界で成功するために必要なスキルです。

ガメ

スキルも大事だけど、その先に何を作り出したいかが大事だよ。自分が何をしたいのか、しっかり考えてみてね!

成功へのステップ:ゲーム業界に中途転職するための戦略

成功へのステップ

この章では、ゲーム業界に中途転職を成功させるための具体的なステップを解説します。

求人情報の探し方から面接での注意点まで、知っておくべきポイントをまとめています。

必見!求人情報の探し方

求人情報を探す方法はいくつかありますが、ゲーム業界に特化したアプローチが必要です。

以下、推奨される方法を紹介します。

  • 転職エージェントに相談する:ゲーム業界の専門家から的確なアドバイスがもらえます。一番可能性が高い方法です。
  • 専門学校に通う:夜間や休日に通える学校でもOK。専門学校にある求人は、業界に直結しているので可能性があります。
  • 業界のイベントやセミナーに参加する:頻繁には開催されませんが、こうした場でのネットワーキングは非常に価値があります。
  • 求人サイトで探す:一般的な方法ですが、なかなか採用にたどり着けません。

現状、ゲーム業界には転職エージェントを活用しないと転職に成功しにくい状況です。

社会人でも通える専門学校もあるので、特に未経験者は活用すべきです。

業界のイベントやセミナー(転職イベントなど)は貴重な情報収集の場となるため、可能な限り参加してください。

ガメ

転職エージェントって、初めての人にはちょっと敷居が高いかもしれないけど、本当に頼りになる。ガメもエージェントに相談して転職したよ!

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを、こちらの記事でまとめました。

面接での注意点:これは重要!

面接は最も重要なプロセスの一つです。

面接官が何を知りたいのかを以下にまとめます。

  • 転職理由:なぜゲーム制作を仕事にしなければならないのか、その動機を明確に。
  • 経験とスキル:具体的な実績やゲーム業界で活かせるスキル。しっかりアピールする資料作り。
  • 知識と研究:面接前にその企業のゲームや成績、業界動向を調べ尽くしておく。
ガメ

なぜゲーム制作を仕事にしなければならないのかは絶対に必要。ゲームが好きだから!ではなく、仕事にしなければ生きていけないぐらいの熱い気持ちを持った動機が必要だよ!

経験者が語る!中途転職で成功するための戦略

ポイント!

このセクションでは、筆者自身が経験したゲーム業界で成功する秘訣について解説します。

実際に業界で働いたストーリーや、失敗しないための具体的なポイントと対策についても触れていきます。

実話:ゲーム業界で成功するまでのストーリー

ここでは筆者のガメ本人が、ゲーム業界でディレクターとして成功するまでの流れを説明します。

  • 仕事をしながらデザイン系専門学校に通う。
  • 専門学校の求人から、IT企業のデザイン部門へ転職。
  • デザインナーと言う名のプログラマーのような仕事をして経験を積む。
  • 同時に、マネジメントも経験を積む。←重要ポイント!
  • 転職エージェントに相談をしながら転職活動。
  • ゲーム業界ではデザイナーではなく、マネジメントを主力にする。
  • ディレクターとして複数のプロジェクトを進行する。
  • 会社から評価を得られ、表彰される。

このように、途中からジョブチェンジをするのも一つの方法です。

自分のスキルや状況に合った戦略を練ることが重要ということがわかりますね。

>>30代でゲーム業界に転職に成功するための方法は、こちらの記事でくわしく紹介しています。

ゲーム業界で失敗しないためには?

失敗しないためには、経験者の話を参考にすることが有用です。

以下は、失敗しないための重要ポイント。

  • コミュニケーション:業界での成功には、良好な人間関係が不可欠です。
  • スキルアップ:常に最新の技術やトレンドを学び続ける姿勢を持つこと。
  • プロジェクト管理:期限を守り、効率的に作業を進めること。ヤバいと感じたら、すぐに報告すること。
  • キャリアパス:将来のキャリアパスを考え、時にはジョブチェンジする勇気が必要です。

このポイントをしっかり押さえて行動すれば、失敗することはほとんどありません。

中途転職後のキャリア:どう展開していく?

キャリア

この章では、中途転職後のゲーム業界でのキャリア展開について説明します。具体的な職種での成長や昇進の道、未経験からスキルを磨く方法などに焦点を当てます。

ゲーム業界でのキャリアパス

ゲーム業界には多くの職種が存在しますが、それぞれで成長や昇進の道は異なります。

  • プログラマー:初めは一般的なコーディングから始まり、経験を積むことでチームリーダーや専門のエンジニアに。
  • デザイナー:デザイナーからスタートし、プロジェクトの規模が大きくなるにつれてアートディレクターやクリエイティブディレクターへ。
  • プランナー:小規模プロジェクトのマネジメントから始め、成功を重ねることで大型プロジェクトのディレクターやプロデューサーに。

どの職種でも、継続的なスキルアップと実績が昇進・成長へとつながります。

>>ゲーム業界のキャリアパスについて、こちらの記事でくわしく紹介しています。

未経験からでも可能?中途採用でのスキルアップ

未経験からゲーム業界に中途採用で入った場合でも、スキルアップは可能です。

経験者が語るスキルアップの方法とその重要性を紹介します。

  • 実践でスキルアップ:即戦力として現場に投入。実践で見に付ける。(これが一番多い)
  • メンター制度:経験者からのフィードバックを受けながら成長。
  • 社内研修:新人研修やスキルアップのためのプログラムが用意されていることがある。(中小企業では少ない)

ここで紹介した方法で一番多いのは「実践でスキルアップ」です。

新人研修やスキルアップ研修をする会社もありますが、中小企業ではそんな時間が取れないのが現実。

現場に入って揉まれて覚えるのが一番スキルアップする方法なのは間違いありません。

そして、それがキャリアアップへと繋がります。

以上が中途転職後のゲーム業界でのキャリア展開のポイントです。

自分自身がどのように成長していきたいのか、その方向性をしっかり考えて行動に移してください。

ゲーム業界中途転職で成功するためのアドバイス

転職成功

ゲーム業界での成功には多くの要素が影響しますが、中でも最も大切なのは「自分自身が何を達成したいのか、その目標に対して継続的に取り組む意欲と姿勢」です。

  • 素直さ(最重要):現場の人々やメンターからのフィードバックを真摯に受け入れ、改善に努める。
  • 明確な目標設定:何を目指すのか、その目標に対してどのようなアクションを起こすのか。
  • 持続的な努力:一度の成功や失敗ではなく、長期的な視点でスキルや知識を磨く。

この3つのポイントが、中途転職でゲーム業界において成功するための鍵となります。

自分自身の目標や夢に対する強い意志が、多くの障壁や課題を乗り越える力となり得るのです。

以上が、ゲーム業界への中途転職で最も大切な成功要因です。

自分が何をしたいのか、それにどれだけの努力と時間をかけられるのかを考え、その上で行動することが成功への第一歩となります。

ガメ

中途採用だからこそ有利になることは沢山ある!とにかく素直に話を聞き、ゲーム業界で成功するための行動を積み重ねよう!

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、個人では見つけられない求人情報を得ているからです。

エージェントは会社の採用担当者にどのような人材が必要か詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入りやすくなります。

ガメ

実際、ガメの会社が転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

また、非公開求人など一般に出回らない求人を持っているため、ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

代表的な転職エージェントはこちら。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、ガメが企業側の立場で転職エージェントと話をしましたが、担当者がゲーム制作のことにとても詳しかったです。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェント7選を、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次