ゲーム業界に入るには専門学校と大学どっちがいい?メリット・デメリットを解説

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界に入るには専門学校と大学どっちがいい?メリット・デメリットを解説

将来、ゲーム業界を目指すための進学先で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

主な選択肢としては大学と専門学校があります。

どちらの選択肢もそれぞれメリット・デメリットがあるため注意しましょう。

本記事ではゲーム業界に入るために専門学校と大学へ進学するメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

ゲーム業界を目指している方は参考にしてください。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら
目次

ゲーム業界に入るには学歴が必要?

そもそもゲーム業界に入るために学歴が必要とされるのか紹介します。

結論を言うと、新卒なら大学や専門学校以上の学歴が必要です。

中卒、高卒で採用されるケースは少なく、よほどのスキルが無い限り難しいと考えてください。

それでは説明をしていきます。

新卒では大学卒以上や専門卒以上の学歴が必要になる

大学か専門学校か

新卒でゲーム会社に就職したいならば、大学卒以上、あるいは専門卒以上の学歴が必要になります。

ゲーム会社の出す新卒求人のほとんどが大卒あるいは専門卒以上の学歴を求めているからです。

高卒の求人を出しているゲーム会社はほとんどないと考えましょう。

これからゲーム会社への就職や転職を考えているならば、大学か専門学校のいずれかに進学しておくことをおすすめします。

大手ゲーム会社ほど学歴が重視される

大手ゲーム会社の方が学歴が重視される傾向にあります。

大手ゲーム会社に新卒で入社する社員の大部分は大卒です。

大手ゲーム会社に採用される人材は有名大学を卒業した者が多く含まれています。

基本的に大手のゲーム会社の求人には応募が殺到するケースが多く、倍率が100倍を超えるケースも珍しくありません。

そのため、応募者をふるいにかける必要があり、有名大学を卒業した者が採用されやすくなっています。

大手ゲーム会社へ新卒で入社したいと考えているならば、有名大学への進学を目指しましょう。

ガメ

ガメが仕事をしていた大手クライアントも、有名大学卒業されている人が多かったよ。

中小ゲーム会社は学歴よりもスキルや実績を重視する

プログラマー

中小ゲーム会社は学歴をそれほど重視しない傾向にあります。

基本的に中小ゲーム会社は人材不足に陥っているケースが多いため、即戦力を求めており、採用の際にはスキルや実績を重視します。

中小ゲーム会社であれば、大学卒でなく専門学校を卒業した者でも採用される可能性は高いでしょう。

専門的なスキルを持っていることをアピールできれば、学歴に関係なく採用されやすいです。

ガメ

それでも、専門学校の中で上位にいないと就職は難しい。本気で勉強しないと難しい業界だよ!

職種によって学歴の重要性は異なる

ゲーム業界の職種によって学歴の重要性は異なる傾向にあります。

学歴重視学歴重視されにくい
営業職
管理職候補
大手企業
プログラマー
デザイナー
プランナー
中小企業

たとえば、プログラマーやデザイナーなどは専門性の高さや実務能力の高さが重視されるため、学歴はあまり関係ありません。

一方、営業職や管理職などについては学歴が重視されます。

作品やポートフォリオの提出が難しい職種は、ふるいをかけるために学歴を基準にされるからです。

また、将来の幹部候補になることを見込んで採用する場合は、学歴が重要になります。

ゲーム業界に入るために専門学校に進学するメリット

ゲーム業界に入ることを目的に専門学校に進学するメリットを紹介します。

  • ゲーム業界で役立つ知識やスキルを効率的に学べる
  • 展示会などのイベントに参加できる
  • ゲーム業界との太いパイプがある
  • ゲーム業界で働いた経験のある講師が多い
  • ゲーム業界で働くOBが多い

ゲーム業界で役立つ知識やスキルを効率的に学べる

専門学校で学ぶ

ゲーム開発に関連するコースが用意されている専門学校に進学することで、ゲーム業界で役立つ知識やスキルを学べるのがメリットです。

体系的なカリキュラムが整っており、ゲーム開発に必要なスキルや知識を効率的に学べます。

ゲーム開発に関連するスキルや知識については専門性が高いため個人では学びにくいです。専門学校であれば、わかりやすいテキストを活用し、指導経験が豊富な講師が丁寧に説明してくれます。

さまざまな演習や実習の機会が用意されていて、ゲーム開発のスキルや知識を自然と身につけられるのが特徴です。

ガメ

専門分野を集中的に学ぶなら専門学校が近道だね。

展示会などのイベントに参加できる

ゲーム展示会

ゲーム業界を目指せる専門学校では、展示会などのイベントへの参加の機会が豊富に用意されているのがメリットです。

多くの専門学校では学生の作品を展示するイベントを開催しています。

展示会には実際にゲーム会社の採用担当者が訪れるケースが多く、ゲーム会社の社員とコミュニケーションを図る機会があります。

イベントを通してゲーム会社とパイプを作り、将来の就職に役立てることも可能です。

展示会やコンテストなどで入賞できれば、就職活動の際にアピールできるでしょう。

ゲーム業界との太いパイプがある

専門学校の中にはゲーム業界と太いパイプを持っているケースがあります。

ゲーム会社とつながりがあり、採用枠を用意している学校も少なくありません。

また、インターンシップとしてゲーム会社で働く機会を与えてくれる学校もあります。

ゲーム業界と強いつながりのある専門学校に進学すれば、ゲーム会社への就職で有利になるでしょう。

ガメ

OBが活躍している会社とつながりがあったりする。ガメの会社も、OBがいる専門学校から毎年応募資料が送られてきてたね。

ゲーム業界で働いた経験のある講師が多い

専門学校の講師

ゲーム系の専門学校の講師の中にはゲーム業界で働いた経験のある人がたくさんいます。

そのため、現場を知っている人から実践的な講義を受けることが可能です。

ゲーム業界で働く実態や大事なポイントなど貴重な情報を得られるでしょう。

講師に相談をして、ゲーム業界で働くためのコツやアドバイスなどを得ることもできます。

ガメ

現役のクリエイターが教えに行っている専門学校もある。そういう学校は、ゲーム会社と太いパイプがあるからねらい目だね。

ゲーム業界で働くOBが多い

3DCGでキャラクターを作っているデザイナー

ゲーム系の専門学校であれば、過去の卒業生の中には実際にゲーム会社で働いている人がたくさんいます。

ゲーム会社に就職できたOBからアドバイスをもらえる機会は多いです。

卒業生が業界で働いているならば、同じ専門学校を卒業した者として信頼されやすい点もメリットといえます。

ゲーム業界に入るために専門学校に進学するデメリット

ゲーム業界を目指すために専門学校に進学するデメリットを紹介します。

  • ゲーム業界以外への就職は不利になる
  • 学校ごとのレベルの差が激しい
  • 学費が高い
  • サークル活動が充実していない

ゲーム業界以外への就職は不利になる

ゲーム系の専門学校へ進学するとゲーム業界以外への就職は基本的に不利になります。

ゲーム業界で役立つスキルや知識に特化したカリキュラムになっているからです。

ただし、プログラムやデザインなどを専門に学んでいる場合は、ゲーム業界以外でも役立てられる可能性はあります。

ゲーム業界でしか活用できないスキルばかりを学んだ場合は、方向転換が難しくなるでしょう。

ガメ

だからこそ、本気でゲーム業界を目指す勉強をしなければならないんだ。厳しいこと言うけど、本気でがんばらないと、就職できても厳しいよ!

学校ごとのレベルの差が激しい

ゲーム系の専門学校は日本中にたくさんあり、学校ごとにレベルの差が激しいです。

質の高い講義を行い、イベントが充実していて、就職実績に恵まれている学校はあります。

一方で、講義のレベルが低く、学生へのサポートを熱心に行わず、就職実績が悪い学校もあるため注意しましょう。

ガメ

お金だけかかってレベルの低い専門学校もある。ある程度有名な学校に行く方が安全だね。

学費が高い

学費が高い

基本的にゲーム系の専門学校は私立であり、学費が高い傾向にあります。

ゲーム系の専門学校は初年度だけでも130万円程度かかり、私立学校よりも学費は高いです。

ゲーム系の専門学校に2年通うだけで、4年制の国立大学に通うのと同程度の学費がかかる点はデメリットといえます。

特に金銭的な余裕のない家庭では、ゲーム系の専門学校に通うハードルは高くなるでしょう。

ガメ

どんな分野で有れば、専門学校はどうしても学費が高くなる。よく相談して進学先を決めよう。

サークル活動が充実していない

ゲーム系の専門学校は、サークル活動など学外の活動があまり充実していない点がデメリットです。

サークルがあったとしても、ゲームに関連したものがメインであり、大学ほどジャンルは充実していません。

学外活動も重視した学生生活を送りたいならば、専門学校に進学すると不満を感じるでしょう。

ガメ

どんな分野で有れば、専門学校はどうしても学費が高くなる。よく相談して進学先を決めよう。

ゲーム業界に入るために大学に進学するメリット

ゲーム業界に入るために大学へ進学するメリットを紹介します。

大手ゲーム会社への就職で有利になる

転職・就職成功

大学卒という学歴を得ることで大手ゲーム会社への就職が有利になります。

大手ゲーム会社は学歴を重視する傾向にあるため、大学卒は有利です。

ただし、大手ゲーム会社の倍率はとても高いため、単に学歴があるだけでは採用されるのは難しいでしょう。

しっかりと書類や面接の対策を行い、他の応募者よりも秀でた部分をアピールしなければいけません。

ガメ

大手はゲーム開発の現場より、プロデューサーを目指す人が多い。大手ゲーム会社に入るためにも、学歴を持つことがとても重要なんだ。

ゲーム業界以外への就職でも有利になる

大学に進学することでゲーム業界以外の就職でも有利になる点がメリットです。

大学の場合は、自分の専攻と直接関係のない会社に就職するケースは少なくありません。

将来的にゲーム業界以外の仕事に興味を持った場合に、大学に進学していれば軌道修正しやすいです。

管理職にキャリアアップしやすい

役員

大学を卒業することでゲーム会社に就職してから将来的に管理職へとキャリアアップしやすくなります。

基本的に管理職になれるのは大学卒以上のケースが多いです。

大卒の方が出世の道が開けて、将来のキャリアアップの選択肢が増えます。

ガメ

特に大手は学歴が影響しやすい。中小企業では学歴よりスキル重視だね。

幅広い分野について学べる機会がある

大学で勉強

大学に入学して最初の1~2年は自分の専攻とは関係なく好きな学問を学べます。

一般教養科目と専門科目に分かれている大学が多く、一般教養科目は専攻に関係なく幅広い科目を受講できるのが特徴です。さまざまな学問に触れることで、将来ゲーム会社に就職した後で役に立つ場面が訪れるでしょう。

一般教養科目を通して自分の視野を広げて、発想を豊かにできます。

ゲーム業界に入るために大学に進学するデメリット

ゲーム業界に入る目的で大学に進学するデメリットを紹介します。

ゲーム開発の知識や技術について独学が必要になる

独学

大学ではゲーム開発に関する専門的な知識や技術を教える科目はほとんど用意されていません。

そのため、ゲーム業界を目指したいならば、自分でゲーム開発について独学することが大切です。

もちろん、ゲーム開発の知識や技術がなくても、新卒でゲーム会社に採用される可能性はあります。

しかし、他の応募者の中には専門学校卒や独学でゲーム開発を学んだライバルが多いです。

人気の高いゲーム会社に就職したいならば、学生の頃から独学でゲーム開発を学ぶことが重要になります。

ゲーム業界へのパイプがない

基本的にほとんどの大学はゲーム業界とのパイプがありません。

卒業生の中でゲーム会社に就職した人がいたとしても、ゲーム会社とのつながりは専門学校ほど強くはないでしょう。

ゲーム会社とのパイプがない点については、専門学校と比較して大学への進学が不利になる要素といえます。

ガメ

大学のOBでゲーム業界に入っている人がいたら、積極的にアポイントを取るべし!人とのつながりが有利になることは間違いないよ!

受験勉強をしっかりと行い入試を突破する必要がある

入試の勉強

大学に合格するためにはしっかりと受験勉強を行って入試を突破しなければいけません。

特に有名大学の場合は倍率が高く、試験も難しいため、計画性を持って受験対策を進める必要があります。

ほとんどの専門学校は大学と比較すれば入学は容易です。

入学する難易度が高い点は大学進学を目指すデメリットといえるでしょう。

ガメ

入試と言う難関を突破する経験は、社会人になっても必ず生きてくる。大学入試は大変だけど、チャレンジすることは大切だよ!

ゲーム業界を目指す仲間が周りにいない

仲間

大学を卒業してゲーム業界を目指す学生は少ないです。

そのため、周りは他の業界を目指す学生ばかりの中で、一人で孤独にゲーム業界への就職を目指すことになります。

相談する仲間が周りにおらず、情報交換もできなくて困るケースがある点に注意しましょう。

ただし、現在ではインターネットでさまざまな情報を集められます。

SNSやイベントを通じてゲーム業界を目指す仲間を作ることも可能です。

ガメ

大学であってもゲーム業界を目指す仲間を作ることはできる!積極的に行動しよう!

ゲーム業界に入るための専攻の選び方

ゲーム業界に入るためにどんな専攻が有利になるのか知りたい方のために、専攻の選び方について紹介します。

情報科学や情報工学はさまざまな職種で有利になる

情報科学の勉強

情報科学や情報工学といった専攻であれば、ゲーム開発において重宝されるスキルや知識を学べます。

特にゲームプログラマーの採用では有利になるでしょう。

ゲーム開発を進める際にはプログラミングの知識が必要不可欠になります。

また、オンラインゲームなどネットワークを利用するゲームが主流のため、ネットワークに関する知識も重要です。

情報科学・情報工学を専攻していれば、プログラミングからネットワーク構築まで、ITに関するさまざまな仕事で優位に立てます。

数学や応用数学は高度なプログラミングで役に立つ

数学や応用数学を専攻していると高度なプログラミングをする際に重宝されるでしょう。

特に3Dゲームの開発においてはプログラミングの知識だけではなく高度な数学の知識が要求されます。

ゲームプログラミングや3DCGの作成などに用いられる高度な数学を理解していれば、多くのゲーム会社の採用で有利です。

外国語の専攻は海外展開をするゲーム会社で有利

英語の勉強中

外国語を専攻している場合は、ゲーム会社の就職で有利になるケースがあります。

多くのゲーム会社は国内市場だけではなく海外市場も意識してゲーム開発を進めているからです。

そのため、自社のゲームを海外展開する上で外国語を扱える人材が必要になる場面はたくさんあります。

外国語を選考していて採用で有利になる職種は営業や企画職などです。

特に英語は最もゲームで使われることが多い言語のため、英語学科などを卒業している人材は高く評価されます。

また、英語以外でも中国語や韓国語、ドイツ語、フランス語など主要な外国語であれば、ゲーム会社の就職で有利になる可能性はあります。

ガメ

特に、英語と中国語はよく使う。中国向けゲームを作る機会も増えてきているから、注目しておくと有利だね。

ゲーム開発の優れたスキルがある場合に専攻は関係ない

ゲーム会社は優れたスキルを持った人材を求めています。

そのため、どんな専攻であっても、ゲーム開発における優れたスキルをアピールできれば採用される可能性は高いです。

ゲーム開発と関係のない専攻に進んだとしても、独学でゲーム開発を学び、趣味でゲームを作っている人はたくさんいます。

自分の作ったゲームやデザインなどをポートフォリオにまとめて提示できれば、専攻ではなく実力を評価してもらえるでしょう。

ガメ

ゲーム開発に関する優れたスキルがあれば、どんな勉強をしていても注目される。やはりスキルは最強だね!

大学でも専門学校でもゲーム開発の勉強は大切

ゲーム業界に入りたいならば、専門学校と大学という2つの選択肢があります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらの方が良いか決めることはできません。

どちらに進学しても、他人より多くのゲーム開発を勉強する気持ちが大切です。

就職率が低いゲーム業界で採用を勝ち取るためにも、常に最新情報をキャッチしながら勉強していく気持ちを持ちましょう。

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

非公開求人など一般に出回らない求人を持っていたり、ポートフォリオの添削、面接対策までしてくれます。

ゲーム業界の転職は、転職エージェントに相談することが転職成功への近道なので積極的に利用してください。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次