ゲーム会社の転職:直性応募の落とし穴と成功のポイント

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
直性応募の落とし穴と成功のポイント

ゲーム業界への転職は魅力的ですが、意外とハードルが高いもの。

何度応募してもダメ、なんて経験ありませんか?そんなあなたにおすすめなのが、この記事です。

ゲーム会社で働くための採用のコツや、よくある失敗の理由、そしてその回避方法を解説しています。

特に注意したいのは、直接応募の落とし穴。

ゲーム会社への応募数は多く、なかなか受かりにくい状況があります。

しかし、転職エージェントを活用すれば、その確率はグッと上がります。詳しい方法や、その他の成功のポイントも紹介しています。

この記事を読んでみたら、次はきっとうまくいくはず。一緒にゲーム業界での新たな一歩を踏み出しましょう。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

ゲーム会社への転職を考えているあなたへ

いろんな職種を考えている様子。

ゲーム業界は他の業界と比べても独特な特性があります。

多くの方が夢見る業界である一方で、その厳しさもまた無視できません。

この業界で活躍するには、ただゲームが好きであるだけでは不十分といえます。

それでは、具体的にどのようなスキルや資質が必要なのか見ていきましょう。

ゲーム業界の特性

  1. 高い競争率:多くの人が参入を希望するため、競争が非常に激しいです。
  2. 専門的なスキル:プログラミング、デザイン、ストーリーテリングなど、専門的なスキルが求められます。
  3. 締め切り重視:ゲームのリリース日など、締め切りが厳しく、それに対応できる柔軟性とスピードが必要です。

転職を成功させるために必要なスキルや資質

  1. 柔軟な思考力:業界特有の問題に対応できるよう、柔軟な思考が求められます。
  2. コミュニケーション能力:チームでの開発が多いため、円滑なコミュニケーションが不可欠です。
  3. 高い専門性:一つでも専門的なスキルを持っていると、その分、市場価値が上がります。
  4. 自己管理能力:厳しい締め切りに耐えるためには、高い自己管理能力が必要です。
ガメ

11年ディレクターしてきたけど、業界の厳しさは誰よりもわかるつもりだ。でもね、その厳しさを乗り越えられるかどうかが、君がこの業界で生き残れるかの分かれ道だよ!

【超重要】ゲーム会社へむやみやたらと直接応募しないこと

焦りながら応募書類を送っている様子

直接応募がうまくいかなかった場合、その後、同じ会社に再度応募するチャンスが減ってしまいます。

一度拒否られると、採用担当者はその記録を保持していることが多く、再度応募した際に不利な印象を持たれる可能性が高いです。

また、複数の会社に同時に応募してしまうと、それぞれの会社で必要とされるスキルセットや文化に対して、十分なリサーチや対策ができないことがあります。

その結果、どの会社からも採用されにくい状況を自ら作ってしまう可能性も考えられます。

このようなリスクを避けるためにも、より計画的に応募する必要があります。

各社が求める条件をしっかりと理解し、自分がどれだけその条件に合致しているのかを確認した上で応募することが肝要です。

ガメ

むやみやたらと応募すると、道を狭める結果につながる。採用を勝ち取るためには、たくさん応募は必要だけど、慎重に進めないといけないよ!

ゲーム会社への直接応募が採用されにくい「本当の理由」

落ち込んでいる様子

ゲーム会社に直接応募しても、なかなか採用されないと感じている方は多いでしょう。

その背景にはいくつかの理由があります。

数多くの応募があり、全ての資料を細かく見ていられない

ゲーム業界は多くの人々にとって憧れの業界であり、競争が非常に激しいです。

実際、企業にはたくさんの応募がありますが、半数以上は採用基準に達していない履歴やポートフォリオです。

そのため、採用担当者も全ての応募資料を詳細に見る時間が取れないのが現実です。

一見優れたスキルや経験を持っていても、その資料が目に留まる可能性は低くなる場合が多いのです。

よほどの経験が無いと目に留まらない

ゲーム業界は専門性が高く、特定のスキルや経験がないと選考で落ちてしまうことが多いです。

特に、独学でスキルを身につけた方や、異業種からの転職者は、よほどの経験や実績がない限り、厳しい選考が待っています。

上でも書いたように、企業の採用担当者が全ての応募資料を確認し、どのような人材かを想像して面接をするか判断するような余裕は正直ありません。

一目見て「この人はすごい!」と思える経験とスキルが無いと、書類審査に通ることはほぼ無いのが現実です。

ガメ

採用担当者と言っても、現場の人が兼任していることがほとんど。ただでさえ忙しいところに、応募資料の確認まで多くの時間が取れないのが現実なんだ。。。

資料だけではどんな人間性か見えない

さらに付け加えると、履歴書やポートフォリオだけでは、あなたがどのような人物なのか、どれだけチームに貢献できるのかがわかりません。

技術力はもちろん重要ですが、ゲーム開発はチームで行う作業が多いため、人間性やコミュニケーション能力も非常に重要です。

ただ、資料だけでは、これらの“人としての資質”を判断するのは難しいので慎重にならざるおえません。

よほどのスキルや経験があれば、人間性は後からでもチェックできますが、そうでなければ後回しにされがちです。

このように、ゲーム会社への直接応募はハードルが高いですが、それでも採用される方法は存在します。

次のセクションでは、その対策について詳しく説明していきますので、ぜひ最後までお読みいただき、転職成功への第一歩を踏み出しましょう。

ガメ

履歴書だけじゃ、君の良さが全然伝わらないかもね。でも大丈夫、次で教える方法で、きっと会社に「この人が欲しい!」って思わせられるよ!

採用される確率を確実に上げる方法

ポイント!

ゲーム業界の転職で採用される確率を確実に上げる方法はこちらです。

  • ゲーム業界に強い転職エージェントを使う。
  • エージェントに応募資料の添削をしてもらう。
  • エージェントに面接の対策を相談する。
  • 応募する会社に合わせたポートフォリオ作成をする。
  • 非正規社員から正社員を狙う。

それぞれ、ゲーム業界の転職にセオリーな内容なので、しっかり理解してから行動してください。

ゲーム業界に強い転職エージェントを使う

ゲーム業界での転職は、一般的な業界よりも競争率が高いため、採用される確率を上げる方法を知っておくことが重要です。その一つが、ゲーム業界に特化した転職エージェントを利用することです。

なぜエージェントが有利なのか

エージェントを通じて転職活動をするメリットはいくつかあります。まず、エージェントが持つ業界情報は非常に価値があります。自分一人で調査するよりも、より深い情報や、未公開求人にもアクセスできる可能性が高いです。さらに、企業とエージェントとの間には信頼関係があり、エージェントが推薦することで、面接の機会を得やすくなる場合もあります。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントに相談することで、自分自身のスキルや経験に合った求人を効率的に見つけることができます。

また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動に必要な多くのサポートを受けられます。そのおかげで、転職活動がスムーズに進み、成功する確率が高くなると言えるでしょう。

ガメ

エージェントを使わない手はないよ。専門家に任せれば、面倒な手続きもラクラクだし、成功する確率もグンと上がるんだから!

エージェントに応募資料の添削をしてもらう

職務経歴書と履歴書の重要性

職務経歴書と履歴書は、採用担当者があなたを知るための第一歩です。これらの資料が不備や乱れがあれば、面接にすら進めない可能性が高くなります。特にゲーム業界では、クリエイティビティや専門スキルが求められるため、単なる経歴だけでなく、どのようなプロジェクトに携わったか、どんなスキルを持っているかを明確にしなければなりません。

添削の流れとポイント

  1. エージェントに初稿を送る
  2. 専門家が内容をチェック
  3. 修正箇所や改善点を報告
  4. 再度修正して最終確認

添削を受けることで、一般的なミスを避け、自分の強みや経験を効果的にアピールできる資料を作成できます。

ガメ

そうだよ、紙一枚で未来が変わることもあるんだから、添削はしっかりと受けておこう!

エージェントに面接の対策を相談する

一般的な面接対策とは

面接はあなた自身をアピールする重要な場です。一般的な対策としては、以下のようなことが挙げられます。

  1. 自己PRの準備
  2. よくある質問への回答の練習
  3. 会社研究

これらを事前にしっかりと準備することで、安心して面接に臨むことができます。

ゲーム業界特有の面接対策

ゲーム業界では、一般的な面接対策に加え、特有の対策も必要です。例えば、

  1. 過去に関わったプロジェクトの詳細
  2. ゲーム業界で働く動機
  3. ゲームデザインやプログラミングなどの専門スキル

これらについてもしっかりと準備しておく必要があります。特に動機は重要で、単にゲームが好きだからという理由では不十分です。しっかりとしたビジョンや目標を持っていることをアピールしましょう。

ガメ

ゲーム好きだけじゃダメだってこと、忘れてはいけないよ!面接対策も本気で取り組めばチャンスは広がるから、頑張ろうね!

応募する会社に合わせたポートフォリオ作成をする

ポートフォリオの重要性

ポートフォリオは、あなたのスキルや経験、成果を具体的に示すための重要なツールです。特にゲーム業界では、ポートフォリオが採用の鍵を握る場合も多いです。一枚の履歴書や職務経歴書よりも、実際の作品を見せることでより強力な印象を与えることができます。

作成のコツとポイント

  1. ターゲットに合わせる:応募する会社が何を重視しているのかを理解し、それに合わせてポートフォリオを作成します。
  2. クオリティ:少量でも高品質なものを集めることが大切です。
  3. 説明文:各作品に対する説明文をしっかりと書くことで、作品に込めた意図や過程を伝えることができます。
  4. 更新:スキルが向上したら、それを反映させるように定期的に更新することが重要です。

作成する際は、具体性と多角性を持たせ、自分が何を得意としているのか、どのような作品を作れるのかを明確にしておきましょう。

ガメ

ポートフォリオは自分を売り込むための名刺代わり。手を抜かないでしっかり作ろう!オリジナリティを出して、目立つ作品を目指そうね!

>>デザイナーが転職するためのポートフォリオについて、こちらの記事でくわしく解説しています。伝わるポートフォリオが作りたい人は参考にしてください。

非正規社員から正社員を狙う

ゲーム業界の正社員採用は難易度が高いです。

派遣社員や契約社員、パートタイムなど、多様な雇用形態で採用を勝ち取り、スキルと経験を身に着けてから正社員に挑む道もあります。

派遣社員や契約社員として働くメリットとデメリット

メリットデメリット
正社員採用より難易度が下がる
採用難易度が下がるため、採用されやすくなります。
安定性の欠如
正社員と比べて雇用が不安定で、福利厚生も少ない場合が多いです。
柔軟な働き方
プロジェクトごとに参加できるため、スキルセットに合わせた仕事が選べます。
新しいスキル習得が難しい
持っているスキル以外の業務が少ないため、新しいスキル習得には自分で時間を捻出する必要があります。
多様な経験
異なる会社やプロジェクトで働くことで、多角的な視点やスキルが身につきます。
自己管理
スケジュール管理や税金、健康保険など、全て自分で管理しなければならない責任が増えます。

正社員にこだわらず、少しでも採用されやすい非正規社員で経験を積むことも、ゲーム業界で成功する一つの方法です。

ただし、非正規雇用はデメリットもあるため、あくまでキャリアパスの通過点という認識を持ちましょう。

ガメ

非正規社員から正社員への道もある。本当にゲーム業界で働きたいなら、いろんな攻め方を考えて行動するんだよ!

その他の不採用になる一般的な理由とその対策

不採用で落ち込む

ゲーム業界への転職を成功させるには、採用されない理由を知り、それに対する対策をしっかりと考えることが重要です。

スキル不足

転職や就職の際によくある落とし穴がスキル不足です。

特にゲーム業界は専門的なスキルが必要な場合が多く、そのスキルがないと採用される確率が大幅に下がります。

何が求められるのか

一般的に、プログラミングスキルや3Dモデリング、シナリオライティングなどが求められます。

求人情報や業界の動向をしっかりと調べ、何が求められているのかを把握することが大切です。

如何にしてスキルを磨くか

オンラインの教材や専門学校での学習、実務経験を積むなど、多くの方法があります。

目標とするポジションに応じて、最も効率的なスキルアップの方法を選びましょう。

面接でつまずくポイント

面接では、技術力だけでなくコミュニケーション能力や業界への理解も評価されます。

スキルや経験をうまく説明できない

面接でよくある失敗例は、自分のスキルや経験をうまく説明できないこと。何ができるのか、しっかり伝えられないとゲーム制作に対する情熱も伝わらない場合もあります。

ゲーム制作を仕事にする理由がハッキリ答えられない

「ゲームが好きだから」といったあいまいな答えでは、採用担当者を納得させることは難しいです。

ゲーム制作を仕事にしなければいけない、ハッキリとした理由を用意しておくことが重要です。

面接対策のコツ

事前によくある質問や自分がアピールするポイントを整理しておくと、面接時にスムーズに話せます。

また、具体的なエピソードを交えながら話すことで、印象に残りやすくなります。

ガメ

スキルも大事だけど、面接でのコミュニケーションはもっと大事。しっかり準備して、自分を高めていこうね!

まとめ:ゲーム会社への転職成功への道

転職成功

この記事で紹介した情報を元に、ゲーム会社への転職を成功させる確率を高めることができます。

重要なのは、目的に合った方法でのアプローチと、事前のしっかりとした準備です。

まず、直接応募は考えている以上にリスクがあることを理解してください。

応募が多い業界ですので、単に好きだけでは採用される確率は低いです。それに、一度落ちてしまうと再度その会社に応募する際に不利になる可能性もあります。

次に、転職エージェントの活用が非常に有効です。

特にゲーム業界に強い転職エージェントを選ぶことで、求められるスキルセットや人間性を明確にし、資料の添削や面接対策もしっかりと行えます。

最後に、正社員に固執することなく、派遣社員や契約社員としての働き方も視野に入れてください。

スキルや実績を積むことが、後に正社員として働くための大きなアセットになるでしょう。

転職は簡単な道ではありませんが、適切な方法で準備とアプローチを行えば、成功への道は広がります。

最後の一歩を踏み出す前に、今一度この記事のポイントを確認して、成功へと繋げてくださいね。

ゲーム業界に強いエージェントの紹介

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、個人では見つけられない求人情報を得ているからです。

エージェントは会社の採用担当者にどのような人材が必要か詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入りやすくなります。

ガメ

実際、ガメの会社が転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

また、非公開求人など一般に出回らない求人を持っているため、ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

代表的な転職エージェントはこちら。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、ガメが企業側の立場で転職エージェントと話をしましたが、担当者がゲーム制作のことにとても詳しかったです。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェント7選を、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次