ゲーム業界はタトゥーが入っていると就職や転職できない?現状と意識するポイントを解説します

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界はタトゥーがあると就職や転職ができない?

ゲーム業界で働きたいと考えているが、自身の身体に彫られたタトゥーが障害となるのではないかと心配していませんか?

タトゥー(刺青)は一般的に、まだ否定的な意見が多いため、当然の懸念です。

社会全体のタトゥーに対する意識が変わりつつある現代ですが、次のようなことは気になりますよね。

  • ゲーム業界での就職にそれほど影響はないのか。
  • タトゥーを持つことを明示すべきなのか、それともあえて隠すべきなのか。
  • もし問題があるとしたら、それはどう対処すればよいのか。

ゲーム業界でタトゥーを持つことによる影響、そしてそれを超えるために求められるスキルや経験、プロフェッショナルな態度とは何なのか。

そんな疑問を解き明かしていきます。

結論を言うと、ゲーム業界とタトゥーの関係は個々のケースによりますが、絶対問題になるということはありません。

それでは具体的な内容について迫って参りましょう。

タトゥーに対する個人的見解

ガメ(筆者)は、タトゥーに対して嫌悪感など全くありません。最近は外人さんも増え、ときには宗教的な意味合いや家族愛でタトゥーを入れている人も見かけます。このような状況下でタトゥー(刺青)を入れているからダメだという理由は無理があります。ぶっちゃけ、反社会的勢力に属していなければ、タトゥーが入っていても全く問題にはなりません。

\サクッと情報収集したい人は、こちら!/

転職情報サイトの項目までジャンプします。

目次

ゲーム業界はタトゥーが入っていると就職できない?真実を解き明かす

ゲーム業界に足を踏み入れたいけれど、自分の体にあるタトゥーが気になる…という方もいるでしょう。

そもそもゲーム業界において、タトゥーがあることは就職に影響を及ぼすのでしょうか。

本記事ではタトゥーとゲーム業界、さらにはその採用についての一般的な見解やその具体的な影響、そしてゲーム業界でタトゥーを持つことへのアドバイスについてご紹介します。

ゲーム業界とタトゥー:一般的な見解

「タトゥーがあると就職できない」とは一体どの業界における話なのでしょう。

この言説は、ゲーム業界だけで言われているわけではありません。

他の多くの業界でも、タトゥー(刺青)があることは一部で否定的な印象をもたれることがあります。

しかし、一部で否定的な印象を持たれることと、就職できないということの間には少なからず落差が存在します。

労働者の権利や平等な雇用の観点から、外見を元にして就職の可否を判断してしまうこと自体が問題視されてきました。

さらに、ゲーム業界はある程度カジュアルな雰囲気が許容されるため、タトゥーがあること自体を厳しく採用基準に盛り込む企業はあまり多くありません。

ガメ

会社によっては就業規則に記載されていることがあるので、注意が必要です。

タトゥーはゲーム業界において問題なのか?

社会全体のタトゥーに対する意識の変化

近年、働く一方でタトゥーを身に付ける人々が増えてきていることは確かです。

特に若い世代では、自己表現の一環としてタトゥーを選択する人が少なくありません。

また、スポーツ選手やアーティストといった著名人がタトゥーを身につける風景も、社会全体のタトゥーに対する意識を変えている一因と言えるでしょう。

一方、ゲーム業界は元々クリエイティブな才能やアイデアを重視する傾向にあり、個々の自由を尊重する風土があります。

そのため、タトゥーがあること自体はそれほど問題視されていないことがほとんどです。

ガメ

職場に外人さんも増えてきて、タトゥーへの抵抗感は無くなってきましたね。

ゲーム業界特有の意識とは?

一方でゲーム業界にはゲーム業界特有の意識もあります。

それは、クリエイティビティや技術力を重視する一方で、チームでの協力体制が求められるという特性からきています。

このため、タトゥーの有無よりも、個々のスキルや人間性、そしてチームへの協力性が重視されます。

タトゥーが影響を与える箇所:実際のところ

タトゥーがゲーム業界での就職に影響を与える具体的な箇所を考えてみましょう。

採用面

一見すると、タトゥーの有無だけで採用が決まるような業界とは思えないかもしれません。

しかし、実際には多くの企業で、面接時の第一印象や企業への適合性といった要素が重視される場合があります。

そのため、タトゥーが明らかに見える場所にある場合や大きなタトゥーを持つ場合などには、企業側がそのイメージに対する懸念を抱く可能性も否定できません。

ガメ

首や腕、顔など見える場所にタトゥーが入っているなら注意です。普通に隠れる場所なら問題ありません。

仕事の質や能力

タトゥーがあることで、仕事の質や能力に影響を及ぼすとは考えにくいです。

しかし、特定のゲーム企業が一部の早期プロジェクトに参画を選んだ場合や、一部の業界で特定の価値観を大切にする場合、タトゥーが影響を及ぼす場合も無いとは言えません。

ガメ

仕事をすること自体に影響は全く無いです。ただ、取引先や会社の上層部が年配だったりすると、タトゥーに嫌悪感を持つ人はでてきますね。

チーム内の人間関係

ここで前述した「チームでの協力体制が求められる」というゲーム業界の特性が問題となる場合があります。

チーム内の人間関係は成功において重要な要素であり、その中でタトゥーに対する各人の態度や認識がネガティブな影響を及ぼす可能性も無いとは言い切れなくなります。

ガメ

特に日本人は、刺青=反社会的ととらえがち。人によっては怖がるかもしれない。そこはどれだけコミュニケーションが取れるかですね。

タトゥーがゲーム業界で働く上で問題となる可能性

邪魔する場合もあれば、全く問題にならない場合もあるタトゥー。

しかし、その有無が働く上での問題に発展する可能性がある部分を見てみましょう。

企業文化と個人の自由:バランスが重要

企業文化への適応力

ゲーム業界といえど、その中には多種多様な企業が存在します。

そのため、自身が働きたいと考える企業がどんな文化を持っているのか、その企業文化に適応できるかどうかは重要なポイントです。

企業の雰囲気や価値観によっては、タトゥーを持っていることを否定的に捉える場合もあるかもしれません。

しかし、そのような企業文化に反発するのではなく、自身のタトゥーというアイデンティティと企業文化とのバランスを見つけることが大切です。

ガメ

特に大企業は就業規則が厳しいです。場合によっては規則違反とされる可能性があります。

個人の自由の尊重

一方で、個々の自由を尊重する企業も多く存在します。

タトゥーの有無を問題視しないといった自由な雰囲気を持つゲーム企業も少なくありません。

その一方で、その自由に身を任せてしまうと仕事へのコミットメントが乏しくなる危険性もあるため、注意が必要です。

ガメ

ほとんどの中小企業はこっちかな。タトゥーで解雇とか聞いたこと無いですね。

仕事におけるプロフェッショナリズム:タトゥーとの関連性

クリエイティブな仕事への影響

前述しましたが、タトゥーがあること自体がクリエイティブな仕事への影響を及ぼす可能性は低いと言えます。

しかし、タトゥーから受けるインスピレーションが設計やアートワークに影響を及ぼすこともあり、逆にクリエイティブな仕事にプラスの影響を及ぼすこともあるでしょう。

ガメ

タトゥーを入れている人は海外のデザイナーさんが多いですね。なんかすごく自由を感じました。

社内外のコミュニケーションについて

また、ゲーム業界では質の高いゲームを開発するためには良好なチームワークが必要不可欠です。

このため、タトゥーがあることによって他のチームメンバーやパートナー企業とのコミュニケーションが難しくなる場合もあり、それは問題と言えるでしょう。

ガメ

見える場所にタトゥーがあると、厳しい就業規則があるクライアントの場合、嫌悪感を持たれる可能性があります。打ち合わせの参加は上司と相談のうえ、決定しましょう。

ゲーム業界でタトゥーを持つことへのアドバイス

タトゥーが就職活動に影響を及ぼす可能性があるとしたら、どのように対処すればよいのでしょうか。

タトゥーを持つことを明示するか?

面接時の対応

タトゥーを持つことを面接時に明示するかどうかは難しい問題です。

明示した場合、その印象が評価に影響を及ぼす可能性もありますが、隠していた事が後から明らかになることで信頼を失う可能性もあります。

そのため、自身のタトゥーがどの程度目立つか、またその企業がタトゥーに対してどのような態度を持っているかを見極めることが重要です。

ガメ

タトゥーを問題視しない会社を見つけるのは意外と難しい。一般に情報が出ないからね。そういった情報収集をするときは転職エージェントに相談することをおすすめします。

タトゥーを隠すことの必要性

基本的にタトゥーが見えない部分にあるか、服装によって隠すことが可能であれば、特に面接時に明示する必要はないでしょう。

しかし、タトゥーが明らかに見える部位にある場合や大きなタトゥーを持つ場合、面接時に説明することを検討した方が良いです。

自分だけで説明が難しいと考えるなら、事前に転職エージェントに相談しましょう。

タトゥーを問題視しない企業も探してもらえます。

ガメ

面接でいきなり話すのではなく、事前に転職エージェントと相談しておく方がいいです。タトゥーが普段見えない場所でも、後から問題になるとヤバいので、エージェントには隠さず話をしておきましょう。

タトゥーの影響はあるが、それを超える価値が重要

スキルと経験の価値

タトゥーがあることが採用の決定に影響することは否めません。

しかし、それ以上に重要なのは、あなた自身が企業にとって価値のある存在であることです。

あなたのスキルや経験が企業のニーズを満たすことができれば、タトゥーがあることはそれ程問題視されないでしょう。

ガメ

タトゥーがあろうがなかろうが、スキルや経験が豊富であれば採用される可能性は高くなるよ。てか、採用されるよ。

他人の印象を超えるプロフェッショナルな態度

また、身だしなみや言動、自己管理能力とプロフェッショナルな態度をもつことがどんな場面でも求められます。

その立場と責任を自覚し、自分が持つタトゥーをどのように管理し、他者と共に働くためにどのように振る舞うのかを考えることが重要です。

ガメ

タトゥーがあっても、周りのメンバーに良い影響を与えられる人ならOK。何事も行動で示せばいいんだよ。

ゲーム業界とタトゥー:個々のケースによる、という現実

最終的に、タトゥーがゲーム業界で就職に影響を及ぼすか否かは、個々のケースによります。

タトゥー自体が問題ではなく、それが企業の価値観や職場環境にどのように適応するか、そしてそれがどのように評価されるかによるのです。

そのため、タトゥーを持つことを悩む前に、自分がどのような企業で働きたいのか、そしてその企業が求める人材像は何かを考え、自身のスキルや経験を磨くことが何よりも重要と言えるでしょう。

タトゥーはあなた自身の一部であり、それがあなたを一人前のプロフェッショナルとして評価する企業がゲーム業界には確かに存在します。

ガメ

タトゥーはダメという会社も存在します。そこに無理に挑むより、割り切って他の会社を選ぶ方が思い切って仕事ができるよね。

まとめ:ゲーム業界とタトゥーの関係性

ゲーム業界がタトゥーに対して厳しいかどうかは、企業やチームの文化、場合によることが大半です。

社会全体ではタトゥーに対する意識が変化しつつあり、ゲーム業界も例外ではありません。

しかし、採用面で問題となる場合や人間関係に影響を与える可能性も否定できないのが現実。

企業文化と個人の自由のバランスが重要で、どちらも尊重しつつ仕事を行うプロフェッショナリズムが求められます。

自身がタトゥーを持つことを企業に明示することはケースバイケースですが、転職エージェントを利用する場合は事前に相談しておきましょう。

スキルと経験、プロフェッショナルな態度こそが、タトゥーによる第一印象を超える力になります。

どのような状況であれ、ゲーム業界で成功するためには自身のスキルと経験を高め、プロフェッショナルな態度を持つことが求められます。

タトゥーを持つことは一部の人にとってはネガティブに捉えられるかも知れませんが、それを上回る能力と価値を持つことで、必ずその壁は乗り越えられるでしょう。

ガメ

ゲーム業界はタトゥーうんぬんより、スキルと経験がものを言う世界。スキルの向上と経験の積み上げを最優先に考えて行動しようね!

ゲーム業界に強い転職エージェント

エージェント

転職活動をするときは、ゲーム業界専門の転職エージェントをパートナーにするのが必須です。

ゲーム業界に強いエージェントはゲーム会社と直接つながりがあり、個人では見つけられない求人情報を得ているからです。

エージェントは会社の採用担当者にどのような人材が必要か詳しくヒアリングしているので、より詳しい求人情報が手に入りやすくなります。

ガメ

実際、ガメの会社が転職エージェントに求人を出すとき、担当者に求めている人物像を詳しく説明していました。

また、非公開求人など一般に出回らない求人を持っているため、ゲーム業界の転職活動には転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

代表的な転職エージェントはこちら。

  • ゲームキャリアスカウト
    ゲーム業界特化のスカウト転職サービス。
    ゲーム関係の企業だけが登録しています。
    自分では見つけられなかった企業からのオファーにも期待できる。

    オファーを待つ転職と自分で探す転職で、転職活動を効率化できます。
    >>ゲームキャリアスカウトの紹介記事はこちら
  • シリコンスタジオエージェント
    シリコンスタジオと言えば、国内大手のミドルウェアを開発会社。
    ゲームのことに精通したシリコンスタジオが転職エージェントも運営。
    ゲーム業界に幅広く対応している会社です。
  • ファミキャリ!
    ゲーム誌のファミ通とクリエイティブ業界大手のクリーク・アンド・リバー社がタッグを組んだエージェント。
    ゲーム業界に強い2社が強力なパートナーとなってくれます。
  • G-JOB エージェント
    ゲーム業界専門の転職エージェント。
    ゲーム系の求人、案件数は1300件上。
    在宅案件などの扱いもあり、幅が広い。
  • Green(グリーン)
    IT業界最大級の求人サイト。
    ITエンジニアや、クリエイターを目指す人におすすめ。

※2024年2月5日時点の情報です。

どこも簡単に登録でき、利用料金は全て無料。気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは沢山ありますが、上記のようなゲーム業界に強い転職エージェントはゲーム会社とのやり取りが多く、担当者もどんな人材の需要があるかよく知っています。

実際、ガメが企業側の立場で転職エージェントと話をしましたが、担当者がゲーム制作のことにとても詳しかったです。なので、こちらの要望にあった人材を紹介してもらえましたよ。

ゲーム業界の内情や市場の状況を知っている担当者がいる転職エージェントの方が、自分のスキルや希望にマッチした企業を提案してくれる確率が上がってくるのです。

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談してましたよ。

>>ゲーム業界に強い転職エージェント7選を、こちらの記事でくわしく解説しています。どのエージェントが合っているかも知ることができるので参考にしてください。

効率よく転職エージェントを活用するために

ゲーム業界専門の転職エージェントや求人情報をチェックすることで、自分に合った企業や職種、そして募集要項をしっかりと把握することができ、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界は意外と非公開求人が多く、一般では見られない求人情報を提案してもらえることがあります。

ガメ

ガメも非公開求人で転職しました。

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

だから、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職エージェントAに登録されている企業が、転職エージェントBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいですが、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるので、まずは3社ぐらいに登録して様子をみてみましょう。


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次