ゲーム業界の「みなし残業」制度とは?メリットとデメリットを徹底解説

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界の「みなし残業」制度とは?メリットとデメリットを徹底解説
あなた

ゲーム業界で働くことを目指しているが、みなし残業制度について詳しく知らない。

みなし残業がどのように給与に影響するのか、不安に感じるな。

ゲーム業界はクリエイティブな仕事が多く、やりがいを感じる反面、長時間労働が問題になることがあります。

特に「みなし残業」という制度については、そのメリットとデメリットを正しく理解しておくことが重要です。

この記事では、ゲーム業界におけるみなし残業制度の概要から、具体的なメリット・デメリット、法律的な背景までを詳しく解説します。

みなし残業制度を理解し、健全な働き方を目指すためのポイントもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら
目次

ゲーム業界におけるみなし残業制度の概要

みなし残業制度とは、実際の労働時間にかかわらず、一定時間分の残業代をあらかじめ給与に含める制度です。

ゲーム業界では、プロジェクトの進行やリリース前のスケジュール調整のため、長時間労働が発生することが多いため、みなし残業が導入されることがよくあります。

この制度により、企業は労働時間の管理を簡素化し、従業員も一定の残業代を見込むことができます。

みなし残業の時間は、通常の労働契約書や就業規則に明記されており、労働基準法に基づく適正な範囲で設定されます。

ガメ

給料の月額はアップすることが多い。しっかり把握して運用したい制度ですね。

みなし残業制度のメリット

みなし残業制度には、いくつかのメリットがあります。

  • 一定の収入が保証される
  • 企業側の管理コストが削減される
  • 柔軟に働ける環境が整う

一定の収入が保証される

労働時間が変動しやすいゲーム業界では、みなし残業により一定の収入が保証されます。

毎月の給料で残業代の変動が無くなるため、従業員は安定した生活を送りやすくなります。

ガメ

残業しなくても残業代込みの給料が支払われます。仕事を早く終わらせると、実質的な給与アップと同じ意味になりますね。

企業側の管理コストが削減される

企業側は労働時間の管理が簡素化されるため、管理コストが削減されます。

主に総務・経理の給与掲載が軽減されます。

ガメ

毎月の残業代集計は大変。一括管理できるので、管理コスト削減につながります。

柔軟に働ける環境が整う

プロジェクトの進行に合わせて柔軟に働ける環境が整います。

これにより、クリエイティブな作業に集中しやすくなる点はメリットです。

例:キリがよいところまでやろうとすると、2時間残業が必要。その分、明日は定時で終わろう。

ガメ

例のように、働く時間を自分で調整できる。クリエイターは働きやすくなります。

このように、みなし残業制度は、企業と従業員双方にとって利点がある制度です。

しかし、メリットばかりではありません。

次に、みなし残業制度のデメリットを見ていきましょう。

みなし残業制度のデメリットと注意点

みなし残業制度にはメリットがある一方で、デメリットや注意点も存在します。

  • 追加の残業代が支払われないケースがある
  • 長時間労働を強いられるリスクがある
  • 労働契約書や就業規則を把握する必要がある

追加の残業代が支払われないケースがある

実際の労働時間がみなし残業時間を超える場合、追加の残業代が支払われないケースがあります。

特に、以下のような状況で発生しやすいです。

  • 企業側がみなし残業制度を正しく運用していない場合
  • 従業員が自分の労働時間を正確に把握していない場合

みなし残業制度を運用する場合、従業員の自己管理も必要になります。

このような状況が続くと、従業員にとって不公平感が生じ、モチベーションの低下や労働意欲の減退につながる可能性があります。

ガメ

自分の残業時間をしっかり把握しておく必要があります。

長時間労働を強いられるリスクがある

企業側がみなし残業制度を悪用し、長時間労働を強いるリスクもあります。

例:みなし残業が40時間だから、1日2時間(1か月20日計算)の残業を強制する。

これにより、従業員の健康やワークライフバランスが損なわれる可能性が高まります。

長時間労働は、過労やストレスの原因となり、最悪の場合、心身の健康を大きく害することにもなりかねません。

ガメ

みなし残業は、40時間まで残業OKという制度ではありません。会社によっては悪用されることもあるので注意が必要です。

労働契約書や就業規則を把握する必要がある

みなし残業制度を導入する際には、労働契約書や就業規則に明確に記載することが重要です。

また、従業員はみなし残業制度を正確に把握し、働く時間を自己管理をする必要があります。

不適切な運用や曖昧な説明があると、労働トラブルの原因となることがあります。

例:みなし残業時間が明確に定められていない場合、従業員は自分がどれだけ働けばよいのか分からず、結果として過度な労働を強いられることになります。

このようなデメリットや注意点を理解し、適切に対処することが必要です。

ガメ

従業員は、今まで以上に労働条件を細かく把握する必要があります。従業員と会社は、労働条件のもとで労働契約(厚生労働省)している立場であるということを忘れないでください。

ゲーム業界での労働時間とみなし残業の実態

ゲーム業界では、プロジェクトの進行状況やリリース時期により労働時間が大きく変動することがあります。

特に、リリース直前や大型アップデート前などの時期には、長時間労働が避けられないことが多いです。

みなし残業制度が導入されている場合、これらの労働時間が予め設定された残業時間内に収まるように見積もられます。

しかし、実際には予想以上の労働時間が必要となることも多く、結果としてみなし残業時間を超える労働が発生することがあります。

ガメ

筆者は40時間のみなし残業でしたが、時期によっては80時間前後の残業が発生していました。

このような場合、企業は追加の残業代を支払う義務がありますが、適切に対応されていないケースもあります。

従業員としては、自分の労働時間を正確に把握し、必要に応じて追加の残業代を申請することが重要です。

また、企業側も透明性のある労働時間管理を行うことで、労働トラブルを防ぐことができます。

ガメ

就業時間の自己管理を徹底し、超過分は申請しましょう。

みなし残業制度を採用しているゲーム会社の事例

ゲーム業界で働く際には、企業ごとの労働条件をしっかり比較しましょう。

労働時間や給与体系、福利厚生など、さまざまな要素を総合的に検討することが重要です。

特に、みなし残業制度が導入されているかどうかは、労働条件に大きく影響するため注意が必要です

A社の例

大手ゲーム会社であるA社では、社員の労働時間が不規則であるため、みなし残業制度を採用しています。

A社では、あらかじめ月40時間分の残業代を給与に含めることで、社員が月間でどれだけ働いても一定の収入が保証される仕組みを取っています。

これにより、労働時間の管理が簡素化され、社員は安定した収入を得ることができます。

ガメ

40時間以上の残業をした場合、超過分の支払いをしてもらう必要があります。しっかり管理しなければいけません。

B社の例

中小規模のゲーム会社であるB社では、プロジェクトの進行状況に応じて労働時間が大きく変動するため、みなし残業制度を活用しています。

B社では、月20時間分の残業代が固定されており、実際の労働時間がそれを超える場合は、追加の残業代を支払うようにしています。

この仕組みにより、社員は労働時間に応じた適正な報酬を得ることができます。

ガメ

筆者の会社も途中からB社と同じ制度になりました。給料は下がりますが、残業で超過した分は申請していました。

C社の例

新興ゲーム企業のC社では、みなし残業制度を導入しつつも労働時間の透明性を高めるために、社員が自己申告で実際の労働時間を記録しています。

企業は、社員からの申告に応じて追加の残業代を支給しています。

これにより、社員は自分の労働時間を正確に把握し、公正な報酬を受け取ることができます。

ガメ

みなし残業制度だからと言って、自由に残業させない方式。残業の内容を把握し、業務改善にも役立てられます。

労働条件の比較は必須です

ゲーム業界で働く際には、企業ごとの労働条件を比較することが重要です。

労働時間や給与体系、福利厚生など、さまざまな要素を総合的に検討する必要があります。

  • みなし残業
  • 裁量労働制
  • フレックスタイム制
  • リモートワーク

このように、社員がライフスタイルに合わせて働き方が調整できる方法を取っている会社があります。

また、スキルアップを支援するための研修制度や資格取得支援制度など、長期的なキャリア形成をサポートする会社もあります

これらの要素を総合的に比較し、自分にとって最適な企業を選ぶことが、ゲーム業界での健全な働き方につながります。

>>ゲーム業界の裁量労働制は、こちらの記事でくわしく解説しています。ぜひ参考にしてください。

みなし残業に関する法律と規制

みなし残業制度は労働基準法に基づいて運用されるため、企業は法律を遵守する必要があります。

労働基準法では、労働時間や残業時間について明確な規定があり、これに違反する場合は罰則が課されることがあります。

みなし残業を導入する企業は、就業規則や労働契約書にみなし残業時間とその金額を明示しなければなりません。

さらに、実際の労働時間がみなし残業時間を超えた場合、企業は追加の残業代を支払う義務があります。

また、みなし残業制度を悪用して長時間労働を強いることは法律違反となり、労働基準監督署の指導や是正勧告を受ける可能性があります。

従業員は、自分の労働時間を正確に記録し、適正な賃金が支払われているかを確認することが重要です。

企業側も、適切な労働時間管理を行い、従業員の健康と安全を確保する責任があります。

労働基準法に基づく適正な運用を行うことで、みなし残業制度は労使双方にとって有益な制度となります。

ガメ

従業員も企業が法律を守っているか、しっかり監視する必要があります。

ゲーム業界での健全な働き方のためのポイント

ゲーム業界で健全に働くためには、いくつかポイントがあります。

  • 労働時間の管理を徹底する
  • ワークライフバランスを意識する
  • スキルアップとキャリア形成を意識する
  • 職場のコミュニケーションを大切にする

これらのポイントを押さえることで、長時間労働の問題を回避し、充実した職業生活を送ることができます。

労働時間の管理を徹底する

ゲーム業界は、プロジェクトの進行状況やリリース時期に応じて労働時間が変動することが多いです。

そんなゲーム業界で働くには、自己管理が欠かせません。

自分の労働時間を正確に記録し、必要に応じて適切な残業代を申請することが重要です。

ガメ

なあなあで仕事を続けると、長時間労働が続いてしまいます。しっかり把握し、必要であれば申請しましょう。

ワークライフバランスを意識する

長時間労働が常態化すると、健康や家庭生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

企業が提供するフレックスタイム制度やリモートワークの利用を積極的に検討し、自分に合った働き方を見つけることが大切です。

ガメ

会社にどんな制度があるか、就業条件を聞いてみてください。働きやすくなる制度が使えるかもしれません。

スキルアップとキャリア形成を意識する

ゲーム業界は技術の進歩が速いため、常に新しいスキルや知識を身につけることが求められます。

企業が提供する研修や資格取得支援制度を活用し、自己成長を図ることが長期的なキャリア形成につながります。

ガメ

制度が無い場合、外部研修など補助してもらえないか確認してみましょう。有益なものなら会社も検討してくれるはずです。

職場のコミュニケーションを大切にする

プロジェクトの進行や問題解決にはチームワークが不可欠です。

定期的なミーティングや報告を通じて、上司や同僚とのコミュニケーションを図り、円滑な業務運営を心がけましょう。

ガメ

ゲーム制作は様々な部門が協力する仕事です。コミュニケーションが第一と言って過言ではないぐらい重要です!

これらのポイントを押さえることで、ゲーム業界で健全な働き方を実現し、長期的に活躍することができるでしょう。

みなし残業制度を理解してゲーム業界で活躍しよう

みなし残業制度を正しく理解することで、ゲーム業界での働き方が大きく変わります。

この制度のメリットやデメリット、具体的な運用方法を知ることで、自分にとって最適な労働環境を見つける手助けとなります。

また、法律や規制に関する知識を持つことで、不当な労働条件から自分を守ることも可能です。

ゲーム業界で長期的に活躍するためには、みなし残業制度についての理解を深めることが不可欠です。

適切な労働時間管理やワークライフバランスを意識しながら、自分のキャリアを築いていきましょう。

健全な働き方を実現するためのポイントを押さえつつ、ゲーム業界での活躍を目指してください。

ガメ

自分が働く条件や制度はしっかり把握することが大切です!

みなし残業制度を踏まえた企業選び

みなし残業制度を理解し、自分に合った企業を選ぶことは、ゲーム業界で健全に働くために非常に重要です。

ゲーム業界に特化した転職エージェントを利用することで、この制度を踏まえた最適な企業を見つけることができます。

転職エージェントは、みなし残業制度がどのように運用されているかを調査しており、あなたの希望に合った企業を紹介してくれます。

ガメ

自分では調べられない、企業の詳しい情報を教えてもらえますよ!

エージェントのサポートを受けることで、労働条件や企業文化を詳しく理解した上で応募先を選ぶことができ、入社後のミスマッチを避けることが可能です。

これにより、安心して働ける環境を見つけることができ、長期的なキャリア形成にも大いに役立ちます。

ゲーム業界での転職を成功させるためには、信頼できる転職エージェントの力を借りることが賢明です。

みなし残業制度についての理解を深めつつ、自分に最適な企業を見つけるための第一歩を踏み出しましょう。

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

ゲーム業界専門の転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界専門で、特に有力な転職エージェントはこちら。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら

どこも簡単に無料で登録でき、気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

そのため、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職サイトAに登録されている企業が、転職サイトBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいけど、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるから、まずは3社ぐらいに登録して様子を見てみてください。

ガメ

筆者も転職エージェントにたくさん相談してたよ!


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次