ゲーム業界の給料は安いの?給料が上がらない理由と年収アップの方法を解説します

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界の給料は本当に安いの?実際の給料と年収アップの方法を公開!

ゲーム業界の給料って、本当に安いのかな?

働いていたら給料は上がるの?

そんな疑問にお答えします。

実は、多くのクリエイターが年収300万円前後で働いているのが現状です。

この数字を見て、やっぱり夢を追いかけるには厳しい世界なんだと思うかもしれません。

しかし、昇進や転職で年収が大幅にアップするケースもありますし、フリーランスとして活躍する方法もあります。

この記事では、具体的な年収アップの方法や転職のポイントについて詳しくご紹介します。

そして、ゲーム業界専門の転職エージェントを使うことで、より効果的にキャリアアップを目指す方法もお伝えします。

ゲーム業界でのキャリアを本気で考えているなら、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら
目次

ゲーム業界の給料の現状

ゲーム業界における給料の現状についてお話しします。

多くのクリエイターが直面するのは、年収300万円前後の厳しい現実です。

特に、新卒や若手のクリエイターにとっては、この金額が一般的となっています。

実際にあった年収例

ここでは、筆者がゲーム会社でディレクターをしていた当時の年収や、一緒に働いていた人たちの年収を紹介します。

全ての企業に当てはまるとは言えません。一例としてご覧ください。

アシスタントディレクター(筆者の例、36歳、1年目)

筆者は36歳でゲーム業界に入り、アシスタントディレクターとしてスタートしました。

年収:360万円。

家族もいたため、少し高めのスタートでした。

ガメ

前職の年収は650万円だったので、超大幅ダウンでしたが。。。

ディレクター(筆者の例、43歳、7年目)

ディレクターに昇級したときは、給料が大幅アップしました。

年収:500万円

給料は上がりますが、プロジェクトの状況によっては毎日残業し、休日出勤も当たり前のようになっていました。

給料が上がった分、忙しい印象でしたね。

3Dデザイナー(22歳、1年目)

3DCGのモデラーとして新卒で入った男性。

年収:264万円

新社会人でモデラーとして入社した人です。

月収で言うと22万円。手取りにしたら17万円ぐらいですか。今どきの新人としてはもらえている方ではないでしょうか。

3Dデザイナー(28歳、4年目)

3DCGのモーションデザイナーとして4年目の男性。同じプロジェクトで働いていたメンバーです。

年収:300万円

この人も家族がいました。

この年収では生活が難しいため、5年目に他社へ転職しました。

結果、給料は400万円にアップ。その後も少しずつですが、昇給しているとのことでした。

プログラマー(35歳、10年目)

ゲームプログラマーとしてキャリアを積んでいた男性。

年収:400万円

メインプログラマーとしても経験があり、長年貢献してきた人です。

技術力に優れており、クライアントからの信頼もある人でしたが、給料は正直低いと感じますね。

ここで紹介した年収例は、実際に筆者が働いていた会社の給料です。

ガメ

この年収を見て、安いと感じるか、高いと感じるかどちらでしょう?

年収300万円前後が多い理由

まず、新人のゲームクリエイターは、1~3年目までの間はアシスタント的な役割がほとんどです。

主な業務を任されることが少ないため、年収が低い状態が続きます。

この時期は、経験を積むための「下積み期間」とも言えるでしょう。

ガメ

製品として使える物が作れるまで、給料は安いです。

大手企業は給料が高い

大手企業と中小企業では、年収に大きな差があります。

例えば、大手のゲーム企業のカプコンやスクウェア・エニックスなどの企業では高い給料が期待できます。

2024年 平均年収例
  • カプコン:750万円
  • スクウェア・エニックス:650万円
  • 任天堂:900万円

また、インターネット上に書かれている多くの情報は、ディレクターやプロデューサークラスの年収に関するものです。

一般のデザイナーやプログラマーなど、全ての人が平均年収の給料をもらっているということは絶対にありません。

ガメ

しかも、大手企業に入る難易度は超絶に高いです。

ゲーム業界の実態を知ったところで、給料が上がらない理由にも触れていきましょう。

給料の上がらない理由

ゲーム業界は給料が安いと言われています。

大手企業は良いですが、中小企業や下請け企業では予算が限られているため、人件費を高くできません。

ここでは、給料が上がらない理由を詳しく解説します。

利益率が低いため給料が上がりにくい

特にゲーム制作会社(デベロッパー)は、利益率が低い場合があります。

新しいゲームを制作する場合、試行錯誤の時間が多く、スケジュール通りに進行することがほとんどありません。

プロジェクト完了するころには想定の利益率を大きく下回る、場合によっては赤字なることもあります。

スマホゲームのように、運営型ゲームはアップデートで回収を目指しますが、アーケードやコンソールの場合、下回った利益が回収できないことがあるのも事実です。

利益率が確保できないため社員の給料を上げるということが難しく、いつまでも低賃金のままということが起こります。

ガメ

利益が確保できず、契約社員を雇ってやりくりしている会社もあります。厳しいですね・・・

成果主義の影響

ゲーム業界は成果主義が強く、ヒット作に関わることで年収が大幅にアップすることがあります。

逆に、実績が上がらない場合は年収の増加が難しくなるため、常に結果を求められるプレッシャーがあります​。

ガメ

大手企業では、業績を上げられないと部署の解体や異動が突然行われます。給料が高い分、責任の重さがハンパないです。

成果の内容としては、ゲームのヒット以外にも評価対象になりえます。

リーダーシップの発揮やクライアントとの打ち合わせなど、プロジェクト進行に貢献した人は会社から評価を得られることは間違いありません。

ガメ

ゲーム業界はマネジメントできる人が不足しています。マネジメントスキルを磨くことが給料アップへの近道です。

結論:大手企業以外は給料が安い

ゲーム業界の給料は、新人や中小企業で働くクリエイターにとって厳しい現状があります。

キャリアを積み重ねることで年収アップも可能ですが、簡単に上昇するものではありません。

管理職へのキャリアアップや実績を持っての転職は、年収を高めるための有効な手段となります。

次の項目では、キャリアパスと昇給について解説します。

ゲーム業界でのキャリアパスと昇給の可能性

ゲーム業界でのキャリアパスや昇給の可能性について詳しく見ていきましょう。

多くのゲームクリエイターが目指すべきポイントと、そのために必要なスキルや経験を紹介します。

ステップ1:新人クリエイターのスタート地点

ゲーム業界では、まず新卒や若手クリエイターとしてのスタートが一般的です。

最初の1〜3年は、アシスタント的な役割が多く、年収は300万円前後が多いです。

この期間は、基礎的なスキルを習得し、実績を積むための下積み期間と言えます。

ガメ

給料を上げるにはスキルアップしかありません。十分にアピールができるぐらい実力を付けて、給料交渉しましょう。

ステップ2:リーダーシップを発揮する

チームリーダーやディレクターなどの管理職に昇進することで、年収は大幅にアップします。

これらのポジションは、プロジェクトを統括し、チームをリードする能力が求められます。

マネジメント能力を身に着けることで、昇進・昇給のチャンスが広がります。

ガメ

リーダーやディレクターじゃなくても、マネジメント意識をもって仕事をしている人は会社からの信頼を得られますよ!

ステップ3:転職

同じ会社働き続ける場合、リーダーやディレクターなど役職が付かなければ昇給で数千円上がれば良い方です。

小さな会社の場合、業績が上がらなければ数千円の昇給すら難しいこともあります。

そのようなときは、転職で給料アップを狙うのが一番効果が高い。

ゲーム業界での実績をアピールすることで、給料アップする会社は結構見つかるものです。

転職活動で給料の交渉が不安なら、転職エージェントの力を借りることが重要です。チェックしてみてください。

ガメ

ゲーム業界の転職は、エージェントの力を借りるのが近道です。筆者もエージェントを使って転職しました。

フリーランスの可能性

フリーランスのゲームクリエイターとして働く場合、交渉力次第で高収入を得ることも可能です。

企業からの依頼に対して、自分の希望に近い収入を得られる可能性があるからです。

ただし、フリーランスとして仕事を獲得するのは簡単ではありません。

収入の不安定さや自己管理の難しさなどのリスクも伴います。以下の対策を取ることで、これらのリスクを軽減できます

  • 契約書の作成:クライアントとの契約書をしっかりと作成する
  • 税務処理:税理士に相談するか、会計ソフトを使用して適切な税務処理を行う

ゲーム会社でのマネジメント経験やクライアントとのパイプライン作りなど、確かな実績を得ている人は営業しやすいでしょう。

そこまで実績が無い人は、思った収入につながらない可能性があるので注意が必要です。

フリーランスの場合でも、転職エージェントや人材派遣会社を通じて仕事を探すことは可能なので、チェックしておきましょう。

ゲーム業界専門の転職エージェントを、こちらの記事で紹介しています。フリーランスでも使えるエージェントです。

ガメ

フリーランスは自己マネージメントができないと難しい。収入や税金の計算までしなければいけないからね。

ゲーム業界で年収を上げるための具体的な方法

ゲーム業界で年収を上げるためには、以下のような方法を実践していく必要があります。

  1. スキルの向上
  2. 実績を積む
  3. 管理職への昇進
  4. フリーランスとしての活動
  5. 転職する

これらの方法を組み合わせることで、より高い年収と充実したキャリアを実現することができます。

自分のキャリア目標に合わせて、戦略的に行動しましょう。

スキルの向上と専門知識の習得

ゲーム業界は、常に新しいゲームエンジンやデザインツールが出てきます。

ゲーム開発の基礎スキルと共に、ツールやプラグインの習得など、常に腕を磨く姿勢が大切です。

  • 技術スキルの向上
    • 最新のゲームエンジンやプログラミング言語を習得する。
    • 3Dモデリングやアニメーションの技術を磨く。
    • 継続的な学習を通じて、業界の最新トレンドを把握する。

また、ソフトウェアが使えるだけでなく、ゲーム理論やマーケティングなども理解しておくと、より重宝されます。

  • 専門知識の勉強
    • ゲームデザインの理論やユーザーエクスペリエンス(UX)の知識を深める。
    • データ分析やマーケティングのスキルを習得することで、ゲームの売上向上に貢献する。

具体的なスキルアップ方法として、以下のリソースがおすすめです

  • オンラインコースUdemyやCourseraでのゲーム開発コース
  • 書籍:最新のゲームデザインやプログラミングに関する書籍
  • コミュニティ:GitHubやStack Overflowなどのオンラインコミュニティでの情報交換

30日間の返金保障あり!

ゲーム会社で働くと「ゲームを作る」ことに集中してしまいがちですが、他の人と差別化をするポイントとして、ゲームデザインやUXを理解することがとても有効です。

ガメ

ゲームデザインやUXを理解せずに作った物は、目的不明なゲームが多い。ゲーム制作にはとても大切な理論ですね。

実績を積む

ゲーム業界で働き続けるには、実績を積むことは必須です。

ただ仕事をこなすだけでなく、履歴に書けるような成果を出さなければ給料は上がりません。

  • プロジェクトでの成果を出す
    • ヒット作に関わり、成功したプロジェクトの実績を作る。
    • 小さなプロジェクトでも、リーダーシップを発揮し、結果を出すことが重要です。

運営プロジェクトの場合、仕事になれてきます。そのようなときは、自分が成長できる環境か見直ししてください。

仕事で改善ポイントが少なくなってきたら、他プロジェクトへの転属を希望するのも良いでしょう。

仕事で得た経験を他のプロジェクトに活かす。また、他のプロジェクトで新たな経験を積むことで成長していけるでしょう。

  1. 多くのプロジェクトに参加
    • 様々なプロジェクトに参加することで、幅広い経験を積む。
    • 他のチームや部署との協力を通じて、人脈を広げる。
ガメ

その会社で働き続けるにしても、転職するにしても、実績を積むことはとても大事。まずは実績を積まないと給料は上がりません。

管理職への昇進

チームリーダーやディレクターなど、チームやプロジェクトを統括する立場に立つと年収がアップします。

これを実現するには、リーダーシップスキルを磨き、チームを効果的にマネジメントする能力を身につけなければいけません。

日々の業務と平行して、まずはコミュニケーションスキルを高めること。

それと同時に、作業のスケジュール把握とコスト意識を高めておかなければいけません。

チームメンバーをまとめるために、必ずマネジメント意識を持ってください。

ガメ

リーダーになりたくない人でもマネジメント意識を持つべきです。まずは自己マネジメントを徹底してください。

フリーランスとしての活動

もし、自分の力で稼いで行きたい!と考えるならフリーランスの道もあります。

簡単な道ではありませんが、スキルと実績を持っている人なら活躍の場があります。

  1. フリーランスとしてのキャリアを考える:
    • 自分のスキルや実績を活かして、フリーランスとして独立する。
    • 単価交渉ができるため、自分の希望する収入を得ることが可能です​ 。
ガメ

フリーランスになるには、会社で確かな実績を残してからにしましょう。実績が無いと仕事を獲得することが難しくなります。

また、フリーランスであっても転職エージェントに相談は可能です。

転職エージェントは求人の中にフリーランス案件も持っているため、案件獲得するための手助けをしてくれます。

特に、大きなプロジェクト案件に参加するには、エージェントに相談することが近道です。

  • エージェントを利用する:
    • フリーランスの案件を紹介してくれるエージェントを活用する。
    • 高収入のプロジェクトに参加するチャンスを増やす。
ガメ

フリーランスでもエージェントは使えます。多くの案件を持っているので、情報取得に協力してもらえます。

転職する

ゲーム業界で年収を上げるためには、スキルの向上、実績の積み重ね、管理職への昇進、フリーランスとしての活動、そして転職がポイントです。

転職するときは給料の交渉があるため、少しでも高い給料を獲得するために転職エージェントを利用してください。

  1. 専門の転職エージェントを利用する
    • ゲーム業界に特化した転職エージェントを活用することで、自分に合った求人を見つけやすくなります​。
    • エージェントのサポートを受けることで、面接対策や交渉術を学び、より高い年収を目指す。

ゲーム業界は結構クローズドな業界で、詳しい求人情報が表に出にくい特徴があります。

転職エージェントは、一般で見られる求人以外に「非公開求人」という求人情報を持っています。

転職エージェントは一般的な求人より細かく詳しい情報が多く、ミスマッチも少ない転職が実現できます。

ガメ

転職エージェントを使う最大の理由は非公開求人です。一般の転職より、ピンポイントな要件でマッチングできるので、転職活動が速く進みます。

ゲーム業界専門の転職エージェントを使うべき理由

ゲーム業界でのキャリアを成功させるためには、専門の転職エージェントを利用することが非常に効果的です。

以下に、その具体的な理由を説明します。

専門知識と業界のネットワーク

ゲーム業界に特化した転職エージェントは、ゲーム業界経験者が在籍していることがほとんど。

転職エージェントによっては、グループ会社でゲーム開発を行っていることもあります。

これにより、あなたのスキルや経験に最適な求人を紹介することが可能です。

  • 業界の専門知識
    • ゲーム業界に特化した転職エージェントは、業界の動向や企業の内部事情に詳しい。
    • あなたのスキルや経験に最適な求人を紹介してくれます。

転職エージェントの担当者は、企業の担当者と直接話をしています。

そのため、求人の載らない情報を持っていることが多く、会社の内情も詳しく知っています。

企業の採用担当者と直接話ができる機会を作ってもらえるため、とても強力なパートナーになります。

  • 豊富なネットワーク
    • エージェントは、業界内で広範なネットワークを持っています。
    • 一般には公開されていない求人情報や、企業の採用担当者と直接つながる機会を提供してくれます​​。
ガメ

エージェントは一般の求人では見つからない企業の情報も持っています。求人は出さないけど、良い人いたら紹介して!なスタンスの企業ともつながりがあるので、エージェントのネットワークはすごいですよ!

効果的なアドバイス

ゲーム業界の動向や企業の内部事情に詳しい担当者が在籍しているため、個人個人にあった的確なアドバイスがもらえます。

  • 個別のキャリアカウンセリング
    • あなたのキャリア目標や希望条件を詳細にヒアリングし、最適なキャリアプランを提案します。
    • ゲーム業界に詳しい担当者がいるため、効果的に転職活動を進めることができます。

求人情報だけでなく、将来のキャリアプランや履歴書の書き方、面接対策もしてくれます。

デザイナーやプランナーの場合、ポートフォリオの添削もしてもらえるので安心です。

  • 履歴書や面接の対策
    • 履歴書の書き方や面接の対策について、専門的なアドバイスを受けられます。
    • 面接対策もしてくれるため、自信を持って転職活動ができます。
ガメ

エージェントを使って楽に感じたのは、履歴書作成と就業条件の交渉。履歴書は1つ作れば複数の会社で使えます。就業条件の交渉もしてくれるので、とても助かりました。

年収アップの交渉力

転職するなら年収アップもしたいですよね。

転職エージェントでは、年収の交渉も行ってくれます。

年収交渉に自信がない人は、エージェントに相談しましょう。

  • 給与交渉のサポート
    • エージェントは、あなたの代わりに給与交渉を行ってくれます。
    • 適正な評価を受け、希望する年収を実現する可能性が高まります​。

自分では市場価値の評価は難しいです。そこは、転職エージェントが持っている情報から、市場価値を評価してもらえます。

自分の適性年収を知ることで、転職活動の交渉材料にできます。

  • 市場価値の評価
    • 自分の市場価値を客観的に評価してもらえます。
    • 適正な年収を知り、無理なく交渉を進めることができます。
ガメ

自分の市場価値を知ることで、給料が適正かわかります。給料交渉するにも、市場価値を知るのは大事ですね。

非公開求人の紹介

転職エージェントを使う最大の理由の一つ「非公開求人」。

非公開求人は、一般の求人情報に出ることが無い、企業と転職エージェント間のみでやり取りされる求人です。

条件が細かく設定されているため、非公開求人に条件が合えば、採用される確率がとても高まります。

  • 非公開求人の紹介
    • 一般には公開されていない、非公開の優良求人も、転職エージェントを利用する大きなメリットです。
    • 非公開求人で、競争の少ない条件の良いポジションを見つけられます。

転職エージェントの担当者は、企業の採用担当者と直接話をしています。

そのため、エージェントから推薦された候補者の採用が優先されることは多々あります。

一般応募でも採用の道はありますが、エージェントからの推薦の方が圧倒的に採用率は高いです。

  • 企業との強い関係
    • エージェントが企業の担当者と強い信頼関係を築いています。
    • 推薦された候補者として優先的に選考が進むケースもあります。
ガメ

ゲーム会社でディレクターをやっていたころ、エージェントに人材を探してもらっていました。エージェントを通した人材募集の方が、精度が高いんですよね。

まとめ:転職活動にはエージェントを使う方が圧倒的に有利

ゲーム業界専門の転職エージェントを利用することで、業界特有の知識やネットワークを活用し、効果的なキャリアアップを実現することができます。

  • 個別のキャリアアドバイス
  • 履歴書やポートフォリオの作成サポート
  • 面接対策
  • 給与交渉のサポート
  • 非公開求人へのアクセス

このように、エージェントを利用するメリットは多岐にわたります。

ゲーム業界でのキャリアを真剣に考えているなら、専門の転職エージェントを活用して、理想の職場と年収アップを目指しましょう。

ゲーム業界専門の転職エージェントを、こちらの記事で紹介しています。エージェントを探す人は読んでください。

給料を上げる次のステップ

これまで、ゲーム業界の給料の現状やキャリアパス、年収を上げる具体的な方法について詳しく解説しました。

ここで重要なのは、自分のスキルを高め、実績を積み上げることでキャリアアップのチャンスを増やすことです。

特に、転職やフリーランスとしての活動、そして専門の転職エージェントの活用が効果的になります。

以下は、次に取るべき具体的なステップのまとめです。

  1. スキルアップのための勉強を続ける:最新のゲーム開発技術やトレンドを学び続けましょう。
  2. 実績を積む:小さなプロジェクトでも成果を出し、実績を作ることが重要です。
  3. 転職エージェントを活用する:ゲーム業界専門の転職エージェントに登録し、自分に合った求人情報を得る。
  4. ネットワークを広げる:業界イベントやオンラインコミュニティに参加し、プロフェッショナルなネットワークを構築する。

次に行動を起こすために

まずは、ゲーム業界専門の転職エージェントに登録することから始めましょう。

転職エージェントはあなたのスキルやキャリア目標に合わせた求人情報を提供してくれます。

今すぐ行動を起こして、ゲーム業界での成功に一歩近づきましょう!

この記事を参考に具体的な行動を起こして、ゲーム業界でのキャリアを飛躍させてください。

成功への道はあなたの手の中にあります。

ガメ

ゲーム業界の転職は簡単ではありません。ただ、しっかりした準備と戦略で必ず成功できます。エージェントの力も借りながら、希望に合った転職を勝ち取りましょう!

ゲーム業界に強い転職エージェントの紹介

ゲーム業界専門の転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができます。

ゲーム業界専門で、特に有力な転職エージェントはこちら。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら

どこも簡単に無料で登録でき、気軽に相談できるので、たくさん利用して情報収集していきましょう!

転職エージェントは3社ぐらい登録しておくといいですよ。

全ての転職エージェントが、全て同じ企業と提携しているわけではありません。

そのため、3社ぐらい登録しておけばだいたいの求人を網羅できてきます。

ガメ

転職サイトAに登録されている企業が、転職サイトBには無い。その逆もありえる。

たくさん登録してもいいけど、紹介先が被ることが出てくるし、管理が大変になるから気を付けて。

企業の紹介連絡やメールが多くなると管理も大変になるから、まずは3社ぐらいに登録して様子を見てみてください。

ガメ

筆者も転職エージェントにたくさん相談してたよ!


>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次