ゲーム業界への転職は難しいと言われる理由と対策を紹介します

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ゲーム業界への転職が難しい理由

ゲーム業界に飛び込みたいと思っている人、けっこういますよね。

新卒でも、働いてる人でも、ゲームが好きでゲーム業界へ入りたい!という熱い気持ちは共通。

でも、実際にゲーム業界への転職は難しのが現実です。

特にデザイナーやプログラマー、プランナーなどの仕事は、普通の会社とは違うスキルが必要ですし、キャリアパスも一筋縄ではいかない場面が多くあります。

そんなゲーム業界ですが、しっかりと対策ができていれば就職・転職が不可能な世界ではありません。

この記事では、ゲーム業界を目指す方が夢をかなえられるように、ゲーム業界に転職が難しい理由とゲーム業界を目指すためにやっておくことを解説します。

ガメ

ゲーム業界でディレクターをやっていた筆者のガメが答えます。

この記事でわかること
  • ゲーム業界への転職が難しい主な理由。
  • ゲーム業界で求められるスキル。
  • ゲーム業界を目指すためにやっておくこと。

ゲーム業界の転職を成功させるために、この3社を利用してください。

ゲーム業界に特化した転職エージェント3社
ランキング1位ゲームキャリアスカウトのトップ画面
ゲームキャリアスカウト
見つけてもらう転職活動
公式サイトで申し込む
1分で簡単登録
ゲーム業界特化のスカウト型転職サービス。
自分で見つけられなかった企業からのオファーに期待できる。
ゲーム業界の転職活動には登録必須です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング2位G-JOBエージェント
G-JOB エージェント
業界経験エージェントのみ在籍
公式サイトで申し込む
非公開求人率70%
ゲーム会社での実務経験を持ったコンサルタントしか
在籍していないため、求人のマッチング精度が高い。
ゲーム業界特化の求人No1の実績です。
>>評判や口コミはこちら
ランキング3位シリコンスタジオ
シリコンスタジオエージェント
業界大手のエージェント
公式サイトで申し込む
ゲーム開発も手掛ける会社
シリコンスタジオは国内大手のミドルウェア開発会社。
ゲーム開発に精通し、数多くの非公開求人を保有。
希望にあった求人提案をしてもらえます。
>>評判や口コミはこちら
目次

ゲーム業界への転職が難しい主な理由とは?

ゲーム業界への転職は、さまざまな理由から難しいと言われます。

その主な理由には、ゲーム業界の特性やスキル要件、人材獲得競争の激しさ、そして業界の経済状況や変動性があります。

これらの壁について詳しく解説していきます。

ゲーム業界の特性

ゲーム業界は他の業界と比べても、特性が強く出る業界で。これが転職の際の難易度を高めています。

特に、労働環境の厳しさ、技術的なスキル要件、創造性が試される職業であることが挙げられます。

労働環境の厳しさ

ゲーム業界で働くためには、業界特有の労働環境を理解し対応できる必要があります。

例えば、開発期間が長く、リリース直前には徹夜が続くことも。

デザイナーやプログラマーは細部に至るまで丁寧な作業を求められ、視覚・聴覚の感性を駆使しながら細かな調整を要求されます。

さらに給料が安いという問題があり、世間ではやりがい搾取なんてことまで言われています。

ガメ

過酷な労働条件を受け入れる覚悟が求められるよ。

技術的に高いスキルが求められる

ゲーム業界では特定の技術的なスキルの習得が欠かせません。

プログラマーに求められる言語スキルやゲームエンジンの使い方、デザイナーが扱うグラフィックスソフトの操作技術等、そのスキルは職種により異なります。

また、趣味レベルでは太刀打ちできない高いレベルのスキルが求められるため、就職しても常に技術向上を目指さなければいけません。

未経験者、特に新卒で業界に飛び込むためには、学生時代からこれらの技術をどれだけ深く習得しているかがとても重要になります。

ガメ

常に勉強しておかないと、すぐに置いてかれるよ。

創造性が試される職業

ゲーム開発はアートと科学の融合であり、技術だけではなく創造性も試されます。

独自の世界観を創り出すプランナーや、魅力的なキャラクターや情景を描くデザイナーは、常に新たなアイデアを求められる職種です。

新鮮な視点や独自性がなければ、競争力を維持するのがとても難しい職業ですね。

ガメ

ゲームは楽しむ時間を売るのが仕事。どれだけ創造性があるかが重要だね。

求められるスキルレベルが高い

ゲーム業界ではスキルだけでなく経験も重要視されています。

具体的なゲーム開発スキル、コミュニケーションスキル、問題解決スキルなど、多岐にわたるスキルセットとこれまでに積み上げた実績が求められます。

具体的なゲーム開発スキル

具体的なゲーム開発スキルとは、プログラミングやグラフィックデザイン、レベルデザインなど。

これらのスキルを持っている経験者は有利になる一方で、未経験者はスキルを習得するための時間と労力が必要です。

スキル習得は簡単ではないため、人より多くの時間を使ったり、どれだけ効率よく習得できるかがカギになります。

ガメ

ガメも働きながらゲーム専門学校に通ってたよ。

コミュニケーションスキル

ゲーム開発はチームで行う作業がほとんどです。

そのため、開発メンバーとの円滑なコミュニケーションが求められます。

アイディアを他者に伝え、投入するリソースと期待する結果を見極めながら進行を管理するためのコミュニケーションスキルは必須ですね。

ガメ

コミュニケーションがうまく取れると、仕事もスムーズに進むよ。

問題解決スキル

ゲーム開発では、技術的な問題や制約、予期せぬトラブルに適切に対応することが求められます。

そのため、問題解決スキルも重要な要素です。

開発中に生じる問題をスピーディーに解決し、開発をスムーズに進める能力が求められます。

ガメ

職種に関係なく、問題解決スキルは必須と考えよう。

人材獲得競争の激しさ

ゲーム業界での転職の難しさの一因として、人材獲得の競争の激しさがあります。

優秀な人材への競争は激しく未経験者にとっては壁となり得ます。

会社はゼロから人材育成をしている余裕が無く、とにかく即戦力を求めます。

競争を乗り越えるためには、どのようなスキルや経験が求められているかを把握し、自己の強みをアピールすることが重要です。

ガメ

特に未経験者には厳しい世界なんだよな。。。

優秀な人材への競争

ゲーム業界は常に技術革新が求められるため、技術力の高い優秀な人材への競争が熾烈となっています。

また、経験者はその技術や経験を武器に次のステージへと進むことができますが、未経験者や新卒はこの壁を乗り越えるためには一段高い努力が必要です。

ガメ

仕事をしてたらスキルアップするでしょ!なんて呑気なこと言ってられないよ。

新規参入者への壁

新規参入者が直面するもう一つの問題は、業界内でのネットワークの構築です。

既存の人脈や経験を持つ経験者と比較すると、新規参入者は何歩も劣るといえます。

しかし、それは決して乗り越えられない壁ではなく、積極的なネットワーキングと自己啓発によって克服することが可能です。

ガメ

講習会やイベントに積極的に参加するんだ!

経済状況と業界の変動性

最後に、ゲーム業界への転職の難しさを左右する大きな要因として、経済状況と業界の変動性があります。

これらは時期や世界情勢によって左右され、期待と不安が入り混じる状況が続いています。

ガメ

プロジェクトの状況で、紹介予定派遣でもなかなか正社員に採用できないなんてことがありました。

ゲーム業界の経済的挑戦

ゲーム業界は新規タイトルのヒットに依存する傾向が強く、経済的な安定感が欠けることが挙げられます。

大手企業でもヒット作が出なければ経営が厳しくなることがあり、中小企業やスタートアップでは資金繰りに悩むことも少なくありません。

このような不確定要素によって、業界が不安定と思われたり、転職を難しくする要因となり得ます。

ガメ

海外では、大手でもレイオフが進んでいる会社も多いね。

レイオフ:会社都合による一時解雇。

業界の動向と未来への見通し

一方で、ゲーム業界はそのダイナミックな変化と成長ポテンシャルから、多くの人々を魅了し続けています。

新たなゲーム技術の開発やeスポーツの台頭など、変動性の高さは可能性を生み出す一方で、それが求めるスキルや知識も日々変わり続けているのが現状です。

未来への展望を踏まえた上で、自身が持つスキルや経験を活かした転職活動が求められます。

ゲーム業界への転職は決して容易な道ではありませんが、それだけにやりがいも大きい。

業界の特性を理解し、必要なスキルと経験を身につけること。

そして転機をどう捉えるかが、成功のカギになりますね。

ガメ

自分がどの分野で貢献できるか、よく考えてまとめてみよう!

ゲーム業界を目指すためにやっておくこと

一時代を築いたプログラマーやデザイナー、プランナーなど、ゲーム業界には様々な職種の人々が夢と情熱を持って働いています。

とはいえ、その背景には、新卒から経験者、未経験者まで、様々な人々がキャリア転換を果たしてきた歴史があります。

これからゲーム業界を目指す人は、まずはゲーム業界を目指すためにやっておくことを理解しておきましょう。

ゲーム業界への理解を深める

ゲーム業界に飛び込む前には、まずその業界の仕組みや特性を理解することが重要です。

ゲーム業界は一見華やかに見えますが、その裏では厳しい競争や仕事のスピード感が求められる場面も少なくありません。

また、最新の技術トレンドをいち早く取り入れることも求められます。

具体的な職種についても、理解を深めておくことが重要です。

  • プログラマー:ゲームのシステムを作り上げるためのコーディングを行う。
  • デザイナー:ゲーム内のキャラクターや背景を美しく描くことが主な仕事。
  • プランナー:ゲームの構想を作り、その企画を進めていきます。
  • ディレクター:ゲームの制作進行管理。現場を統括する立場。

毎日変わる業界の動向を理解し、自分がどの役割を担うべきか明確にすることで、より具体的なキャリアプランを描いておく必要ですね。

ガメ

自分が何になりたいか、しっかり想像しておこう!

業界のニュースやトレンドを追う

ゲーム業界への興味や関心を持つだけでなく、最新の業界ニュースやトレンドを追いかけることも重要です。

業界の人々がどのようなテクノロジーやコンテンツに興味を持ち、どのような方向へ進んでいるのかを理解することで、自身のキャリアパスを見つけやすくなります。

特に、ツールやゲームエンジンの進化が早く、新しい技術がどんどん導入されていきます。ここは必ずチェックしておく必要があります。

ガメ

常に世の中の動きを見ておこう!

必要な技術と経験を積む

ゲーム業界へのカギとなるのが、技術スキルの習得です。

プログラマーならプログラミング言語やゲームエンジンの習得、デザイナーならPhotoshopやMAYAの使い方、カメラワークなど、具体的なスキルも必要になってきます。

これらを一朝一夕に習得するのは難しいですが、毎日コツコツと練習することで、次第に自分のものになります。

これらは多くの学習リソースがインターネット上に溢れているので、ぜひ活用してみてください。

ガメ

自分で学習するならUdemyとか使うといいよ!

実際のプロジェクト経験を積む

技術スキルを習得しただけでは、実際の現場で働くのは難しいです。

これには、実際のプロジェクトへの参加や、自身でゲーム制作を行うなど、実践的な経験を積むことが大切。

自分でゲームを作った経験は、面接でのアピールポイントにもなります。

また、プロジェクトに参加することで、チームで働く経験を身につけ、その中で自分自身を高めることが可能になります。

ガメ

プロジェクトに参加するのは簡単ではありません。アルバイトや派遣で参加できないか探すのが一番近道だね。

ネットワーキングと人脈作り

人脈がキャリアを左右することは、どの業界でも共通して言えます。

特にゲーム業界では情報発信の場となるイベントが数多く開催されていて、これらに参加することで、同じ興味を持つ人々と出会うことができます。

ゲーム業界の人と知り合いになると、情報を共有したり、アドバイスを得たりすることができるので、イベント情報にはアンテナを張っておきましょう。

ガメ

ゲーム業界で人脈があると、仕事でも助かることがいっぱいあるよ!

自分の作品を公開する

自分で作った作品を自信のサイトや作品公開サイトにアップしておくと、就職活動のときにポートフォリオとして使うこともできます。

ただ作品を公開するだけでなく、自分がその作品を制作するにあたってどのような思考をしたのか、どのように工夫したのか、といったプロセスも一緒に発表すると、より相手に伝わりやすくなります。

自己PRとビジョンの明確化

自己PRはとても重要。

自分自身のスキルや経験、これまでどのような道のりを歩んできたのかを明確にすることで、相手に自分のことを詳しく知ってもらえます。

まずは自分がどんな人なのかをわかってもらわないと、話がすすみません。

あと、自身のビジョンを明確にすることも大切です。

自分がどのようなゲームを作りたいのか、自分がどのようなゲーム業界の一員となりたいのかを具体的に表現することで、会社側もどのポジションに合うか検討しやすくなります。

ガメ

自己PRと共に、将来自分がどうなりたいかを明確に発言できるようにしておこう!

ゲーム業界を目指すためにやっておくことのまとめ

ゲーム業界転職の難しさは、ほかの業界と比べても比較的高いと言えます。

その理由は、技術的な知識や制作経験、そして創造性や独自性といった資質がすべて一度に求められるからです。

しかし、それらの難しさを乗り越えるための方法も存在します。

  • 業界の理解
  • 技術スキルの習得
  • プロジェクト経験の積み重ね
  • 人脈作り

これら4つのステップをこなしていくことが大切。

このステップは、新卒、経験者、未経験者問わず、ゲーム業界への道を切り開くための鍵です。

何度もステップを踏んで行き、自分をレベルアップさせることで、より高く評価してもらえるようになります。

多くのチャレンジして失敗を経験し、そして成功を経験することで、自分自身で道を切り開くことが重要です。

この記事でお伝えしたように、ゲーム業界への道は容易ではありません。

しかし、夢に向かって全力で努力すれば、必ず成功への道が開けます。

ガメ

あなたがゲーム業界に一歩を踏み出し、その挑戦を勇敢に進めて行くことを心から応援しているよ。

ゲーム業界の転職は情報収集が超大事

せっかく自分が望んだゲーム制作を仕事にするなら、できる限り良い環境で働きたいですよね。

そのためにも、事前の情報収集は超大事

でも、自分で情報収集をするととても時間がかかります。

そんなときは、企業の口コミサイトゲーム専門の転職エージェントを利用することが、情報量が豊富で時短になります。

ガメ

ガメが転職活動するときは転職サイトで情報収集してたよ。

企業の口コミを調べるサイト

企業の口コミを調べるならこのあたりのサイトを利用すると早いです。

ゲーム業界の求人情報や転職活動の相談ができる転職エージェント

求人を探したり転職活動の相談をするなら、このあたりのゲーム業界に強い転職エージェントですね。

※2024年3月11日時点の情報です。

どこも簡単に無料で登録できるし、気軽に相談できるから、たくさん利用して情報収集していきましょう!

ガメ

ガメも転職エージェントの担当者さんにたくさん相談したよ!

事前に就業時間や労働環境などの情報をしっかり集めて、自分が納得いく会社を見つけるよう準備してくださいね。

>>ゲーム業界に強い転職エージェントを上手く活用する方法を、こちらの記事でくわしく説明しています。

転職エージェントを使いたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次